ダイエットで筋トレ器具を揃えたい。この2つがあれば十分です!

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。

ダイエットでの運動をするために、「筋トレ」をしようと考えているが、自重トレーニングだと少し物足りない感じがするし、どうせなら効率よく筋トレを行いたい!

・・・かといって最初の方からジムに行くのは、月会費もあるし通うのも面倒だし、何よりジムで周りの人がムキムキだったり、超健康的な人たちに囲まれてやるのは気が退ける。

というあなた!その気持ちわかります!!

僕も実際昔はそうでして、ジムには行きたいものの、一番最初は自宅で自重トレーニングから始めました。

がしかし、すぐに物足りなくなってきて自宅でやるための筋トレ器具を色々買ってしまいました・・・

その中で、結局「この2つさえあればOK」というものがわかりましたので、この記事で紹介していきます。

 

スポンサードリンク

ダンベルはダイエットでの自宅筋トレで何よりも必要な器具

まず自宅での筋トレで必要な器具は「ダンベル」です。

重量が2.5kg刻みくらいで可変にできて、1つにつき最大20kg〜30kgくらいあるものがいいでしょう。(2つで40kg〜60kgです。)

「すごく重くないか?」と感じられるかもしれません。

確かに最初の方はそんな重い重量は持ち上げられませんよ!2.5kg刻みくらいで可変にできるのであれば、最低重量は2.5kg(棒だけかな)なので、2.5kg持ち上がるのであればさらに2.5kg増やす・・・と徐々に重量を増やしてください。

ちなみにですが、僕は当初20kgx2のダンベルセットを買いました!

・・・だけど後になって30kgx2にしておけば良かったなぁ〜と後悔しました。やっぱり筋トレが習慣化すると、重さが足りなくなってくる時期があるので、重めのを持っておく方が安心ですね。

ただ20kgx2のダンベルでもその重量が余裕になるくらいだったら「ジムデビューしちゃう」と割り切って考えるのもいいかもしれません。

話は変わりますがこれ・・・送られてきた時の恐怖ったらないですよ。

僕はダンベルトレーニングを始めた当初は社員寮に住んでいたので、一時的に寮長さんが受け取ってくれるのですが・・・

「環さん!こんなに重いものあるなら事前に言っておいてよ!」と叱られてしまいました。

それはそうですよね・・・小さい箱なのにオゾマシイ重さなんですもん!

当時僕の部屋は5階だったのですが1階の寮長さんの部屋から自分の部屋に持って行くのも一苦労でした。

仮にあなたの家がマンションで、宅配ボックスがある場合は宅配ボックスに入れられてしまうと大変なことになるので、あなたがいる日時にしっかり指定して持ってきてもらうことをお勧めします。(宅急便のお兄さんには労いの言葉を忘れずに!ペットボトルのお茶とかを渡すのもいいですよ。)

話は脱線しましたが、ダンベルセットでもう一つ気をつけなくてはいけないのは、部屋を傷つけにくかったり、マンションであれば下の人に音で迷惑をかけにくくする必要があります。

このためラバー付きのダンベルを選ぶことをお勧めします。

ちなみに僕が使っていたダンベルは以下です。

→ダンベル 40KGセット(片手20kg×2個)

ただ上で書いたようにもっと重量のあるものを選べば良かったと思っているので、これもお勧め。

→ダンベル 60KG セット(片手30kg×2個)

※最後にお得なセットを紹介しますので、すぐに購入しないで最後まで見てから判断してください

 

フラットベンチもダイエットでの筋トレで必要な器具の一つ

ダンベルとセットで購入いただきたいのが「フラットベンチ」です。

「・・・フラットベンチ」って何?っていう声が出てきそうですね。

これです

見たら一発でわかりますよね?

ダンベルは言ったらちゃんと揃えてくれる人が多いのですが、このフラットベンチはなかなか買おうとしない人が多いんです。

僕の知り合いも「ダンベル」だけ買って筋トレしているようです。

だけど待ってください!フラットベンチは必ず買ってください!!

ここで数万円程度の自己投資は惜しまないようにしてください。フラットベンチをあるとないとでは筋トレ効率に雲泥の差があります。

僕が行っている筋トレ専門のジムでも、フラットベンチが10台程度置いてあります。それくらい必要なのです。

・・・じゃあなんで必要か?ということになるのですが、腹筋である「クランチ」で足を乗せるとか、ダンベルショルダープレスでも乗って使ったり、背筋を鍛える種目でも利用でき色々使うことができます。

でも何よりも一番の理由はフラットベンチが無いと、「ダンベルベンチプレス」などの大胸筋に関する種目がフラットベンチじゃないとできないからです。

 

ダンベルベンチプレスとは

ダンベルベンチプレスとは主に「大胸筋」を鍛える種目で、それ以外にも「三角筋」「上腕三頭筋」とメインの筋肉以外も鍛えることが可能な、コンパウンド種目といわれるものです。

このため高重量を扱うことができます。

某ダイエット専用パーソナルトレーニングジムでも、「スクワット」と「大胸筋」を重点的に鍛えるくらい重要です。

なぜダイエットに重要か?と言いますとスクワットで鍛える脚同様、胸は体の中で筋肉の量が大きい部位の一つなんですね。筋肉量が大きい部分を鍛えるということは、それだけ多くの部分を鍛えているので、代謝量アップしやすいのです。

つまりダイエットには必須で鍛えるべき部位ということが言えます。

またダンベルは左右それぞれの重量を扱わなくてはいけないためバーベルよりは軽い重量になってしまいますが、バランスをとるのが難しく、そのバランスをとることでほかの筋肉も鍛えられます。

そして大胸筋を鍛えると、男性の場合は胸板が厚くなっていき、女性ではバストアップにつながります。さらには、肩や腕の裏側も鍛えられるためボディメイキングには持ってこいと言えるでしょう。

 

どんなフラットベンチがいいか?

フラットベンチはどんな物でも僕はいいと思っています。

・・・贅沢を言うとインクラインなフラットベンチ(角度を変えることのできるベンチ)が良いかなーと言う感じですが、価格も上がるし安いものだと不安定だったりするようなので普通のフラットベンチでも良いでしょう。

僕が使っていたのはこれです
→フラットベンチ

一応オススメのインクラインフラットベンチも紹介します。
→インクライン フラットベンチ

 

 

スポンサードリンク

ダイエットのために筋トレで必要な器具はこの2つ

と言うことでダイエットのために筋トレで必要な器具は

「ダンベル」

「フラットベンチ」
の2つです!

こんだけあれば十分です。

ほんと最初は色々揃えたくなる気持ちもわからなくもないですが、他の余計な器具は一切いりません。邪魔になるだけで使わないので・・・

でこの2つはお得なセットで販売しているようです。

→フラットベンチ + ラバー ダンベル 40KGセット(片手20KG×2個)

ただ30kgx2のダンベルが付いたセットは無いようでした・・・

 

筋トレ器具以外のもので欲しいもの

筋トレ器具以外でも筋トレであったほうがいいものを紹介します。

 

プロテイン

プロテインはあった方がいい・・・と言うより筋トレするなら必須で持っておいてください!

筋トレするのにプロテインがないのは勿体ないです!!

タンパク質は体にためておくことができないため、定期的に摂取する必要があります。

そして筋トレ後は体がタンパク質を欲する「ゴールデンタイム」と言われているタイミングです!!

しかも最近のプロテインは美味しいので飲みやすいです。ぜひ買っておいてください。

僕がオススメのメーカーは「マイプロテイン」か「ビーレジェンド」です。味のレビューを投稿していますので、以下を確認してみてください。

→マイプロテインの味レビュー!Impact 全55種類 2018年最新!

→ビーレジェンドプロテインの評価!WPC 全14種類 2018年最新

 

タイマー

筋トレの合間のインターバル時間を正確に測るためにあったほうがいいものです。

これは家にある時計でも代用ができますし、スマホでもできますが、あったほうが楽に筋トレライフを充実化できます。

→タニタ でか見えタイマー100分

 

スピーカーとかヘッドホン

筋トレをしているときにあなた自身のテンションが上がる音楽を聞くことで、より限界を超えやすいです。

スマホからの音楽でも悪くはないですが、スピーカーとかヘッドホンを使ってより高音質に音楽を聴きながら筋トレをするといいでしょう。

こんなことができるのも自宅筋トレの特権ですよね!?

 

安い機種のスピーカーでオススメはこれです
→安くても高機能なスピーカー

高級機のスピーカーでオススメはこれです
→高くて高品質なスピーカー

 

スピーカーもそうですが特にヘッドホンは筋トレ時にコードが邪魔にならないように、ワイヤレスのものがいいと思います。

ヘッドホンのオススメはこれ
→ヘッドホンのオススメ

 

スポンサードリンク

まとめ

とにかく「自宅筋トレ」をしようとするなら僕みたいに安易に「自重トレーニング」なんてしないで、「ダンベル」と「フラットベンチ」を揃えてダンベルトレーニングをしましょう!

自宅でのダンベルトレーニングは多くのメリットがあるため最初の筋トレにオススメです!
(→自重トレーニング、自宅でのダンベルトレーニング、ジムトレーニングについての比較はこちら)

また近々自宅でのダンベルトレーニングに特化した記事を投稿したいと考えています。
(→現在投稿している筋トレメニューに関する記事はこちら)

そちらも是非参考にしてみてください。


まだ慌てるような時間じゃない、今日も落ち着いて一本行きましょう。
ではまた。


何か質問があればどんな些細なことでも "コメント" もしくは "質問フォーム"から問い合わせください。



YouTubeに動画もアップしています。 よろしければチャンネル登録お願いいたします。
YouTubeチャンネル:環 大介

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:30代サラリーマン専門ダイエットコンサル@環 大介(たまき だいすけ)
年齢:35歳
身長:179cm
体重:73kg(30歳頃は95kg
体脂肪率:14.5%(目標10%台)
→13.5%(2017/8/31)

物心ついたときから肥満児であり、 30歳までデブを貫き通す。多くの 書籍やネットを漁り、 自分流の食事/運動術を開発。この経験を活かしダイエットコンサルタントとして、有用な情報を皆さんに発信できればと思っています。自己紹介…

ピックアップ記事

  1. 今回は体脂肪を下げる効果のある食材である「ナッツ類」について説明していきます。あなたは間食に…
  2. 今回は太っているとどんなデメリットがあるか?について説明していきます。最初の印象は「外見」の…
  3. 以前「ブロッコリー」について紹介しましたが今回はその新芽である「ブロッコリースプラウト」について説明…

スポンサーリンク



PAGE TOP