血糖値スパイクの対策とは?血糖値を安定させ疲れにくい体にする

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。

ダイエットにおいて成功率を飛躍的にあげる確実な方法があることをご存知ですか?

それは「諦めない」ことです。

もし仮にやってみてそれが「うまくいかない方法」であったらラッキーです。それが「うまくいかない方法」であることを見つけたんですから。

やってみてうまくいかなかったら、やり方変えてもう一度繰り返せばいいだけのことなんです。

それが何か物事をチャレンジするときに、確実に成功する方法です!

あの有名発明家のトーマス・エジソンが残したこんな名言があります。

「私たちの最大の弱点は
諦めることにある。
成功するために最も確実な方法は、
つねに
もう一回だけ試してみることだ。」

そうなんですね。何か物事をやってみて「うまくいかない方法」を見つけたことは失敗ではありませんが、そこで諦めてしまうとそれで終わってしまいます。

ただ皆さん一度でもうまくいかないと、やめてしまう傾向があります。

諦めずに愚直にコツコツやることが成功へ進む道です。そしてその成功への正しい道というのは必ずあります。

あなた自身がどうしても欲しいものに対して行動をし、諦めずに徹底的にやりましょう!

さて今回はなかなか抜けない疲れを取る食事法として、「血糖値」について説明していきます。
血糖値スパイク(血糖値の急上昇や乱高下)はあなたの身体に大きな負担を与えています。その負担をどの様に軽減していけばいいのでしょうか?

 

スポンサードリンク

血糖値スパイクを発生させると体が疲れる

食べ物を食べると、血液中の糖分(ブドウ糖)の濃度=血糖値が上がります。すると膵臓からインスリンと呼ばれるホルモンが分泌され、糖質をエネルギーとして筋肉と脂肪細胞に取り込みます。

こうした仕組みがあることで、通常は食事後に一旦血糖値が上がったとしても、しばらくすると元の値に戻るのです。

血糖値そのものが上下するのは、生き物として自然なこと。だけど、上がった血糖値が急に下がると、気分が不安定になったりイライラしたりしやすくなります。

副腎からは血糖値を上げるホルモンが出ます。そのため副腎疲労があると血糖値のアップダウンが激しくなりがちな方が多いです。

炭水化物は、摂取の仕方が血糖値にそのまま反映されてしまう食べ物です。

一番血糖値が上がりやすい食べ方は、砂糖たっぷりの甘いコーヒーと一緒に、甘いチョコレートやドーナツを食べる、僕たちのイメージとして欧米人の朝食のような食べ方です。

これは僕らから見ると、血糖値を上げたくて上げたくてたまらなくなって食べている食事のように見えます。

特に朝は血糖値スパイク(急上昇)が起こりやすく、糖尿病患者にとって最も気をつけるべき時間帯であることが、近年の研究でわかってきています。

血糖値コントロールの観点から、朝食のメニュー選びはしっかりとしたものにするべきでしょう。

 

血糖値スパイクを起こしにくい食べ方とは?

白米は血糖値を上げますがとても美味しく、あなたも白米は普段から食べていることと思います。

僕自身は玄米の味にも慣れてきているので、昼と夜に茶碗半分くらいの玄米を食べるようにしていますが、現状家族は白米を食べています。

こういったときでも血糖値スパイクを防ぐ食べ方があります。

それは炭水化物を摂る前にサラダなどで食物繊維を補ったり、炒め油やドレッシングに良質の油を使ったりすることで、急激な血糖値の上昇を避けることができます。

実はうちの娘は僕の遺伝子からか、太りやすい体質にあるようです。

通常の食生活をさせていたつもりでしたか、少しずつ太ってきているのが気になり、ご飯は白米ながらも僕と同様の食事順で食べさせるようにしました。

これをしたことで娘は5歳で成長期なので身長はグングン伸びていますが、体重は落ちています。小学校入るまでには標準になることは間違いなしです。

僕たちサラリーマンはお付き合いの会食などで、「何を食べるか」を自由に決められないこともあるかと思います。

例えば白米やうどんなど、血糖値を上げやすい食材を食べる場合には、ご飯の前にお味噌汁やおかずから先に箸をつける食べ方の工夫をしてみてください。

また、血糖値の上昇を緩やかにしてくれますので、炭水化物の前にタンパク質を摂ることを、自分のルールとして習慣化するのがオススメです。

何はともあれ「カーボラスト」です!最後に炭水化物を摂りましょう。

 

スポンサードリンク

人工甘味料は実は血糖値が不安定になる

最近ではノンシュガー&ノンカロリーだけれども甘さを感じる、人工甘味料のお菓子や飲み物を増えてきました。血糖値コントロールやダイエットのためにこのようなものを選んでしまいがちなところですが、人工甘味料が含まれているものはお勧めできない食品です。

・・・とはいえ僕も30歳前の太っている間は、この人工甘味料入りのゼロカロリーコーラをよく飲んでいました。当然痩せなかったですけどね。

人工甘味料は本物の砂糖よりも甘く作られていて、その甘さに慣れてしまうと、脳がさらなる甘さを欲してもっと甘いものを求めるようになってしまいます。

また医学的な問題点として、いくら食べても血糖値は上がらないはずが、実は血糖値が不安定になる、インスリンが出てしまうことがあり得るという論文が出てきています。つまり血糖値スパイクが発生してしまう可能性があり、対策にはならないのです。

また、実際に甘いのに血糖値は上がらないことから、脳内が不安定になるのです。

人工甘味料を摂るくらいなら、砂糖を少量だけ使った煮物などを食べたほうが身体の健康の為にはいいかもしれません。

間食として甘いものを食べたくなった時には、あまりお勧めはできませんが季節の果物を選ぶようにしましょう。果物にも果糖が含まれているのですが、新鮮な果物からは豊かなビタミンやミネラル、酵素を補給することができます。

果物の中で特にお勧めなのはりんごです。皮ごと食べるようにしてくださいね。りんごを皮ごと摂ると、糖質を体外に排出してくれる効果があります。

 

血糖値が低下すると夜中に目が覚めてしまう!

夜中に怖い夢を見たような気がして目が覚め、心臓がドキドキして寝汗をかいていた、なんて経験はありますか。

連日これが続いている・・・という人ももしかしたらいるのではないですか?

これ、僕にもよくありました。僕自身超チキンな為、ホラー映画とかゲームをした後はよく夢で目が覚めたものです。

バイオハザード4を社会人に入った頃、友達のうちで見た後は大変。毎晩夜中こわーい夢を見て起きました。

この前も同じようなことがありました。それは炭水化物中心の食事をとることができるチートデイの日・・・なんか「うわっ!」って感じで飛び起きるんですよ。

実はこれは、血糖値スパイクの発生により夜中に血糖値が思い切り下がっているせいなのです。

寝る前に血糖値が上がりやすい食べ物を食べてしまうと、血糖値とインスリンの分泌は急上昇します。

その後、急激に上がった血糖値とインスリンは急下降しますが、その際に反動で下がりすぎてしまうのです。これがまさに血糖値スパイク。

健康な人であれば、副腎がセーフティーネットになり、下がりすぎた血糖値をうまく調整してくれるのですが、日々忙しく副腎が疲れているとそれもできないので、「危険だ!」と判断した脳からホルモンがドカンと分泌されてしまい、夜中に目が覚めてしまう・・・という感じです。

なので、夜の食事会では、血糖値が下がりすぎないよう、対策としてはきちんとタンパク質をとりましょう。

また夜、ダイエットや消化器系を休めようという目的で、おかゆなど消化が楽なものだけにすると血糖値が急激に下がりやすい方も時にいらっしゃいますので気をつけましょう。

 

スポンサードリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

いつもは太るとか、健康に悪いという観点から「血糖値の上がり下がりの危険性」について説明していきましたが、今回は疲れについて説明しました。

糖質をたくさん摂ると、血糖値を上げてしまい結果血糖値スパイクが発生、それが疲れにつながります。

毎日仕事でパフォーマンスを維持しなくてはいけない僕たちサラリーマン。

うまく血糖値スパイク対策をして、日々良い生活を送っていきたいものですね。

 

 


まだ慌てるような時間じゃない、今日も落ち着いて一本行きましょう。
ではまた。


何か質問があればどんな些細なことでも "コメント" もしくは "質問フォーム"から問い合わせください。



YouTubeに動画もアップしています。 よろしければチャンネル登録お願いいたします。
YouTubeチャンネル:環 大介

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:30代サラリーマン専門ダイエットコンサル@環 大介(たまき だいすけ)
年齢:35歳
身長:179cm
体重:73kg(30歳頃は95kg
体脂肪率:14.5%(目標10%台)
→13.5%(2017/8/31)

物心ついたときから肥満児であり、 30歳までデブを貫き通す。多くの 書籍やネットを漁り、 自分流の食事/運動術を開発。この経験を活かしダイエットコンサルタントとして、有用な情報を皆さんに発信できればと思っています。自己紹介…

ピックアップ記事

  1. 最近僕のブログのアクセスがこの投稿みたいなプロテインレビューでも多くなってきていますが、僕のブログは…
  2. 今回はあの酸っぱい「梅干し」について説明していきます。普段から食べていますか?私は嫌いではな…
  3. 今回はマイプロテインの「ガルシニアカフェインフリー」を紹介します。「ガルシニア」ってご存知ですか…

スポンサーリンク



PAGE TOP