トランス脂肪酸の食品は数多くある!ダイエットとパフォーマンスの敵

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。

最近娘が「プリキュア」にハマっています・・・いやぁお父さんとしてはなかなかキチーすね。ディズニープリンセスになれてきたと思ったらこれですよ!

流石に抵抗がハンパない!!

少しだけわかっているのは、「プリキュア」は毎年変わるらしく去年は「キラキラ☆プリキュアアラモード」今は「HUGっとプリキュア」らしいです・・・いやキチーーー!

そしてやっぱりそのキャラクターが描いてあるパッケージのものを買ってもらいたがるんですよね。

最近何気なく見たプリキュアのパッケージのふりかけですが、原材料名がヤバイです。

なんだこれ?やっぱり食品系の企業は僕たちの健康なんて考えてくれないんですね・・・。特に気になるのは、トランス脂肪酸であるマーガリン、ショートニングです。どの味にも全て入っていますね。

おぉーーこわっ!!

娘には申し訳ないですが、今回限りでプリキュアふりかけはおしまいになりそうです。

多少高くてもいいからオーガニックで身体に良くて、そして子供が喜ぶパッケージのふりかけが欲しいですね。

残念ながら健康にいいふりかけのパッケージはシブすぎる!!

このように世の中の食品の中にはあなたの体を蝕む多くのものがあります。そしてそれらを食べてしまうとあなたの体中のいたるところで炎症が起きるのです。その中でも一番影響が起こるのは「脳」です。

今回は脳の健康を害する食品について説明していきます。

スポンサードリンク

あなたの脳に「炎症」を起こすもの

現代人は、ベーコンに卵、ミルクと砂糖入りのコーヒーといった、ボリュームの多い朝食が大好きです。夕食もボリュームの多い食べ物を食べますが、僕たちが普段口にしている食べ物によって、僕たちの知らないところで小さな「炎症」を起こしています。

小さな「炎症」だとはいえ、これは決して些細な問題ではありません。炎症は脳疾患と関連している。脳の健康を保つには、炎症への対処が不可欠です。

まずは僕たちが日常的に選択している食品が、脳の健康にどのような悪影響を及ぼすかを紹介します。

トランス脂肪酸は摂らないようにする

人間の脳の6割は脂肪でできています。

脳細胞を健全な状態に保つには、良質の資質をたくさん脳に与える必要があります。

だけどもだけども多くの人は、脳や体に炎症を引き起こし、害をもたらすトランス脂肪酸(加工食品、調理済み食品、ファストフード、焼き菓子、外食料理などに多い)を日常的に口にしています。

ショートニングやマーガリンなどを材料にした食品(クッキー、パイ、パン)にも、トランス脂肪酸が多く含まれています。

健康的な材料が使われているクッキーやパンなどもありますが、それらは一部で、入手も難しいです(高いです)。オーガニックなプリキュアふりかけなんて絶対ないでしょうね。

トランス脂肪酸は脳を健康に保つために必要な血液脳関門を傷つけるので、有害物質が脳に入り込む原因となるのです。

脳や血液脳関門に問題を引きをこすものは他にもあります。

最近では、僕たちが生きていく上で必要な「必須脂肪酸」と呼ばれる不飽和脂肪酸であるオメガ3脂肪酸とオメガ6脂肪酸に注目が集まっています。これら2つの脂肪酸をバランスよく摂ることが理想的ですが、実際にはオメガ6脂肪酸を過剰に摂取している人がほとんどです。

現代人の多くは、オメガ3脂肪酸の20〜40倍のオメガ6脂肪酸を摂取しています。

オメガ6脂肪酸は適量であれば健康にいい(害にならない)が、オメガ6を過剰にとってバランスが崩れると体の中で炎症が起こります。

このため、炎症を起こさないオメガ3脂肪酸を積極的に摂取すべきですが、なかなかこんな食生活を実践している人は少ないのです。

オメガ3脂肪酸を摂ろう

現代人の食事では、必須脂肪酸であるオメガ3脂肪酸がごくわずかしか含まれていません。

オメガ3脂肪酸は、脳を炎症から守り、脳細胞の健康を保ち、脳細胞間で速やかに情報伝達するために必要です。

しかし現代人の一般的な食事では、オメガ6脂肪酸や最悪油のトランス脂肪酸が多く含まれています。

過程やレストランでよく使われているとうもろこし油、紅花油、ひまわり油、そして植物油(揚げ物や各種調味料に使われている)にはすべて、オメガ6脂肪酸が含まれている。

このような食品が大量に消費されていることが、僕たちが口にするオメガ6脂肪酸とオメガ3脂肪酸のバランスが崩れる原因でもあります。

オメガ3脂肪酸が含まれている食品には、亜麻仁油やチアシードオイル、オリーブオイル、くるみ油の他にもほうれん草やケールなどの濃いみどり色の野菜や植物、サケ、イワシ、サバ、アンチョビなどの魚などに含まれます。

必須脂肪酸の比率がオメガ6に偏って、健康的な資質が脳に行き渡らないこと以外にも、脳内で炎症が起こりやすくなる原因があるのです。

それは、僕たちが口にする食用油の質です。

油は種類ごとにそれぞれ発煙点(煙が立ち始める温度)が違います。発煙点以上の温度で熱すると、油の質が大幅に損なわれてしまいます。

このため、発煙点がとても低い亜麻仁油などは、加熱には適していないのです。

オリーブオイルは約160度で、マカデミアナッツオイルは約210度で発煙点に達します。

しかし一般的に市販されている食用油は、製造段階ですでに高温加熱されています。このように高温処理された油は、脳の健康を損ない、炎症を引き起こす原因になりえます。

例外はエクストラバージンという言葉がついた油です。エクストラバージンオリーブオイルが代表的ですね。少数ではありますが最近は、30度以上の熱を加えず加工した「コールドプレス製法」のバージンオイルを冷やした状態で販売しているスーパーもあります(健康食品店など)。

フライドポテトやオニオンリング、ポテトチップス、ナチョスなどの揚げ物が炎症を引き起こしやすいことは、あらためて説明するまでもありませんね。

あなたも揚げ物が健康に良くないものであることを知っていると思います。油が高温で加熱され、繰り返し使われ、揚げ物として使われることで脳や体に炎症が起こっているのです。

発煙点以上の温度で加熱したり、何度も繰り返し使ったりすることで炎症を起こす油となります。

油はそのまま脂肪になるのか?

脂っこいものはダイエットの敵と、揚げ物や調理の油を控える人は少なくないようです。

高カロリーな油は、そのまますべて脂肪になりそうなイメージがあるかもしれませんが、そうではありません。

どんな食材も、体内でいったん消化・分解されます。油脂=脂質は、十二指腸で乳化され、すい臓の消化酵素によって脂肪酸とグリセロールなどに分解された後、まずは身体をつくる材料として使われます。

脂質はエネルギー源になるだけでなく、身体を構成するうえで必要不可欠なものなのです。

このため良質な油に限っては積極的に摂る必要があります。

スポンサードリンク

油不足になると体に良くありません

脂質は、糖質やタンパク質に続く三大栄養素のひとつ。脂質には多くの働きがあり、私たちの健康にとって重要な栄養素です。

例えば、脂質はホルモンの材料となるため、不足するとその分泌に影響を与えます。また、血管をはじめとした体内の細胞膜をつくるのも脂質の役割。材料が足りなくなれば血管がもろくなるほか、新陳代謝の低下にもつながるといわれています。

そして、脂質は、脂溶性ビタミンを運ぶという役割ももっています。脂溶性ビタミンとは、ビタミンA、Dなどの、油に溶ける栄養素のこと。油と一緒に取ることで、吸収率が上がります。健康的にダイエットを成功させるためには、いろんな栄養を取りたいところですが、何も考えずに油を減らすと思わぬ不調を招いてしまう可能性があり、注意が必要です。

まとめ

悪い油の代表選手として「トランス脂肪酸」というものがあることを説明しました。そして、そのトランス脂肪酸はマーガリンやショートニングに多く含まれるのです。

基本的にスーパーで売られている加工食品はどんなものであれ、マーガリンやショートニングが使われていると思ってください。なぜなら安いので、企業として利潤を追求するために便利な油なんです。

そして欧米では規制されている「トランス脂肪酸」ですが、日本ではいまだに規制されていません。・・・おそらく利権が絡んでいるんじゃないか?と僕は思っていますが、そんなこと言っても入っているもの入っているので、とにかく自分の身は自分で守る必要があるということです。


まだ慌てるような時間じゃない、今日も落ち着いて一本行きましょう。
ではまた。


何か質問があればどんな些細なことでも "コメント" もしくは "質問フォーム"から問い合わせください。



YouTubeに動画もアップしています。 よろしければチャンネル登録お願いいたします。
YouTubeチャンネル:環 大介

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2018年 6月 28日

プロフィール

名前:30代サラリーマン専門ダイエットコンサル@環 大介(たまき だいすけ)
年齢:35歳
身長:179cm
体重:73kg(30歳頃は95kg
体脂肪率:14.5%(目標10%台)
→13.5%(2017/8/31)

物心ついたときから肥満児であり、 30歳までデブを貫き通す。多くの 書籍やネットを漁り、 自分流の食事/運動術を開発。この経験を活かしダイエットコンサルタントとして、有用な情報を皆さんに発信できればと思っています。自己紹介…

ピックアップ記事

  1. ヤバイ・・・まだ腰が痛い・・・。今日ジムに行こうと思っていたけどどうしたものか・・・。まぁ腰…
  2. 僕は最近毎朝朝食に「カレー」を食べています。もちろん「ご飯」は無いですよ!糖質があるので・・…
  3. このブログを見ているということは、あなたは健康で「行動ができる人」のはずです。・・・でもなぜ…

スポンサーリンク



PAGE TOP