筋トレの健康効果とは?ダイエットしてから不調なあなたは筋トレだ!

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。

昨日は筋トレしようとジムに向かったのですが(いつもは日曜ですが…家族でサンリオピューロランドに行った関係で昨日にずらしました)、ま・さ・かの休館日…げんなりして家に帰りました。今日こそは定時ダッシュで筋トレしに行きます!

さてその筋トレですがニューズウィーク日本版のオンライン記事に以下のような投稿がありました。

「筋トレは、がんによる死亡リスクを31%下げる」との研究結果

<豪シドニー大学の研究プロジェクトは、「筋力トレーニングをしている人は、そうでない人に比べて、全死因における死亡リスクが23%低く、なかでも、がんによる死亡リスクは31%低かった」との研究結果を発表した>

僕は「ダイエットの運動は筋トレだ」といつも言っていますが、実際問題ダイエットだけではなく「健康維持」にも期待できるということがわかりました。

ダイエットを始めようと思って、特に何も勉強しない状態でやる場合「ジョギング・ランニング」などの「有酸素運動」を行うことが多いと思います。僕も昔はそうでしたが、有酸素運動だけで痩せたことを実感することはなかったです。

ただ筋トレは有酸素運動に比べて習慣化している人がとても少ないです。僕の会社でも周りで筋トレしている人は少数ですし、「ジムに行っている」と言っていてもメインは走ることが多いようです。

スポンサードリンク

筋トレの健康効果

筋トレって初めてみると健康に対する多くのメリットがあります。ではどんな健康効果があるのでしょうか?

肥満予防や改善

僕はまずダイエットを始めるのであればまず「筋トレ」より「食事」の見直しを推奨しています。筋トレを習慣づけても当然食事回数のほうがはるかに多いですし、筋トレを頑張っても食事が疎かだと効果が出にくいためです。

しかしずっと「食事制限」だけを行っていると年齢を重ねるとともに「筋力低下」をし、「太りやすい身体」を作ってしまうことになります。

このため「食事制限」で体重が減ってきてBMIの標準範囲内(標準範囲の上のほうでもいい)に入ってきたら「筋トレ」を行って「痩せやすい身体」を作るといいでしょう。

「筋トレ」をすると当然筋肉がつきます。筋肉がつくと基礎代謝が上がり、何もしなくても今までのあなたよりエネルギー消費をするため、痩せやすくなります。

更に筋肉により引き締まった体になるため、より美しく痩せることができます。

食事に対して前向きになる

上で「食事」のほうがダイエットの最初は大事。とましたが、実は筋トレを始めると食事を気を付けるようになります。

残念ながら健康に対して無頓着な人、太っている人(昔の僕)は食事に対してもあまり深く考えないというか、好きなものを好きなだけ食べてしまう傾向にあります。というかほとんどそうだと思います。「野菜が嫌い」、「肉と米だけ食べていたい」、「ラーメンを毎日食べたい」など多くの欲求に対してある意味正直です。

しかし筋トレを始めて身体に変化が表れ始めると、別の欲求が出てきます。そう「この体型を維持したい」「もっと素敵な体型にしたい」という欲です。

トレーニングで得た「筋肉」をわざわざ変なものを食べて悪影響を与えたくないということは、僕も常日頃考えていて、現在の食事はダイエット初期よりも気を付けています。例えばダイエット初期(1年位)は普通にお酒も毎週1,2回飲んでいました(サラダから始まる食事順では、サラダを最初に食べるなどあるルール従えばお酒もOK)が現在はほとんど飲まなくなっています。飲み会も極力避けるようになりました。

「それで人生楽しいの?」って言ってくる人がいるかもしれませんが、僕も不思議ですが「全然前より楽しい」です。やっぱり何も目標がない状態より、何か目標があってそれに向かっているとモチベーションになるのでしょう。完全に昔より健全に人生を楽しんでいると実感しています。

こうなってくると意識しなくても、勝手に自分自身で色々調べるようになります。「この野菜はこんな成分が入っているからダイエットに効果的」とか「肉をこのタイミングで食べると筋肉になりやすい」など、本やらネットやらすぐに調べるので、あなたにも正しい情報を伝えることができるようになりました。

ストレス発散になる

筋トレってキツイイメージありますよね?確かにやってる最中は考え方次第ですがキツイです。

ですがそれ以上に筋トレによってストレス発散になるんですね。の理由としては多くありますが、特に筋トレをすると多くの脳内ホルモンが分泌されます。

例えば以下のようなホルモンです。

テストステロンの分泌

筋トレをすると「テストステロン」と言う脳内ホルモンが分泌されます。このテストステロンのために筋トレする。と言っても過言ではないくらいです。

テストステロンが分泌されると「自分最強」と思わせてくれ、会社で嫌なことがあってもとりあえず筋トレをするだけでそんな気もぶっ飛ばしてくれます。

テストステロンがしっかり分泌されている方は、不眠に悩まされることもなく、不安感やうつ状態になるのを防いでくれます

エンドルフィンの分泌

体内性のモルヒネと言われている「エンドルフィン」と言うホルモンも分泌されます。

エンドルフィンは苦痛を和らげる効果、免疫力を上げる効果に加えて、安心感を呼び起こします。このため、何かいやなことがあっても動じない体制を整えることができるというわけです。

また人間の身体はドーパミンと言う快楽ホルモンを抑制するようにできていますが、このドーパミンを抑制を外す効果もエンドルフィンにはあります。そして筋トレはこのドーパミンも分泌します。

ドーパミンの分泌

ドーパミンは「快感」を与えるホルモンと書きました。

これ以外にも「やる気」にもつながるため、仕事や勉強の効率に大きな役割を果たします。

また筋トレはジムに行く方法もありますが、自宅でもやることが可能です。僕のお勧めは「フラットベンチ」と「ダンベル」を購入してやることです。

自重でも最初は問題ないのですが、筋トレでは自分自身の限界を少しでも超えることが成果を上げる一番の方法ですが、自分の体重ではすぐに限界超えなくなってしまったり、逆に持ち上がらなくて断念してしまうケースもあります。

僕は今はジム通いなので所持していませんが、筋トレ初期の時に所持していたセットは以下です。

まとめ

いつまでも健康で若々しくいたいものですが、筋トレでそれらの悩みは解決できそうですね。

筋トレを習慣づけて、楽しく明るい毎日にしていきませんか?

スポンサードリンク

今回の一言

「心は楽しむべし、苦しむべからず
見は労すべし、休め過ぎずべからず。」
貝原益軒(江戸時代の本草学者)

上にも書いたとおり、筋トレって意外に楽しくて続きます。僕は少なくとも今まで「ランニング」も何度もチャレンジしましたが、何度も挫折してきました。

明らかに「走る」ことのほうがしんどいし楽しくありません。

そして当然筋トレ後身体は疲れます。でもその疲れも「今日もやったな」という達成感になるので、さらに続くんですね。

あなたも是非筋トレをやってみてください。


まだ慌てるような時間じゃない、今日も落ち着いて一本行きましょう。
ではまた。


何か質問があればどんな些細なことでも "コメント" もしくは "質問フォーム"から問い合わせください。



YouTubeに動画もアップしています。 よろしければチャンネル登録お願いいたします。
YouTubeチャンネル:環 大介

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:30代サラリーマン専門ダイエットコンサル@環 大介(たまき だいすけ)
年齢:35歳
身長:179cm
体重:73kg(30歳頃は95kg
体脂肪率:14.5%(目標10%台)
→13.5%(2017/8/31)

物心ついたときから肥満児であり、 30歳までデブを貫き通す。多くの 書籍やネットを漁り、 自分流の食事/運動術を開発。この経験を活かしダイエットコンサルタントとして、有用な情報を皆さんに発信できればと思っています。自己紹介…

ピックアップ記事

  1. 最近娘の伸び率がハンパじゃないです!うちの娘はピアノ教室に通っているのですが、ちょっと前(2…
  2. あなたは筋トレをやっていますか?僕は週に2回程度筋トレを欠かさずやっています。「そんなキツイ…
  3. 今回はダイエット中にもしっかり摂る必要のあるタンパク質について話をしていきます。あなたはダイエットだ…

スポンサーリンク



PAGE TOP