梅干しの効果は?ダイエットだけでなく多くの健康効果がある!

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。

今回はあの酸っぱい「梅干し」について説明していきます。

普段から食べていますか?私は嫌いではないですがあの酸っぱさに身構えながら毎日1粒以上は食べるようにしています。

昔は日の丸弁当と言われお弁当のご飯の真ん中に置かれた梅干し。梅干しの殺菌効果が高いために使われていたということで理にかなっています。

この梅干し。多くの健康効果があります。ではその効果とは何でしょうか?

スポンサードリンク

梅干しの効果

梅干しはあの酸っぱさの中に多くの効果が秘められています。その効果について説明していきます。

脂肪燃焼効果

梅干しに含まれる「バニリン」という成分に脂肪燃焼効果があります。

和歌山県紀南地域に住む200人程度を対象にした免疫調査結果では、梅干しを毎日食べている人は食べていない人に対してBMI値が低かったそうです。

培養した脂肪細胞に梅干しを与えると、脂肪細胞に刺激を与えることがわかり、その成分が「バニリン」なのです。

身体を酸性から戻す

基本的に私たちが普段食べているもののほとんどは酸性です。肉・魚・卵・ご飯・パン・乳製品・アルコール・加工食品全般等々…。

私達はほとんどを酸性食品を摂っているため、身体が酸性に傾きがちです。

身体が酸性に傾くと多くのデメリットがあります。

例えば酸性に傾くと、身体はバランスをとるためにアルカリ性のものを急いで取ろうとします。そんな時にアルカリ性ミネラルである骨のカルシウムを使ってしまうのです。骨からカルシウムをもらって血液に流せばバランスをとることができます。しかし骨が溶け出している分スカスカになる…という現象が起きることがあるのです。

他にも身体が酸性に傾くとがん細胞を作り出しやすかったりとか、疲れやすくなったりとか多くの弊害があります。

アンチエイジング効果

梅干しを口に入れると酸っぱくて唾液が出ますよね?この唾液には「パロチン」という若返りホルモンが含まれている。このパロチンは活性酸素を抑え体内の細胞を活性化することで老化を防いでくれます。

他にも梅干しには、「鉄分の吸収を促進する」、「便秘を解消する」、「腸内環境を整える」などの作用があるため、アンチエイジングに間違いなくいい食材といえます。

疲労回復効果

梅干しの疲労回復効果は何となくあなたもご存知ではないでしょうか?

夏場は特に汗がたくさん出るため、塩分が欠乏しがちです。こんな時に梅干しで塩分を一緒に摂ることが理想的です。

そしてこの疲労回復に効果があるのが「クエン酸」ですね。

私達は身体を動かすと筋肉から糖分を消費します。この糖分を消費する際に分泌されるのが疲労物質の「乳酸」です。梅干しのクエン酸はこの乳酸の分泌を抑制するため、疲労回復につながります。

5年位前まで私は夏フェスによく行っていたのですが、夏フェスでは炎天下にさらされます。初年度行ったときは少し具合が悪くなってしまいました。しかし、次年度からクーラーボックスに梅干しを入れておき都度口に入れると…具合が悪くならなかったんですね。これは疲労回復効果能あるクエン酸と汗の塩分を梅干しで補ったからだと思っています。

血液サラサラ

健康には血流がいいことは必要条件です。

梅には「梅ポリフェノール」なるものが含まれています。これは血流をよくするのに加えて、血管の老朽化を防いでくれる働きがあるんです。

血液サラサラになって、動脈硬化などの多くの病気予防や、細胞の新陳代謝促進によるアンチエイジング効果なども期待できます。

免疫力向上

「梅ポリフェノール」には免疫細胞を活性化する効果もあります。

ある研究結果では、梅からインフルエンザウイルスの増殖を抑制する効果を発揮しました。クエン酸も免疫力強化に期待できます。

二日酔い予防

梅干しには肝臓の機能を高めて、解毒作用を高めてくれる効果があります。このためアルコールなどの分解機能も向上するため、二日酔い予防になる。

また胃腸の粘液の分泌を促進してくれるため、お酒を飲む前に摂るとアルコールの刺激を緩和し、二日酔いになってしまった後摂ると、荒れた胃腸の粘膜の修復されるため回復が早まります。

梅干しはちゃんとしたものを選ぼう

市販の梅干しには実に多くの添加物を使っているものが多くあります。特に塩分を抑えているものには注意が必要です。

梅干しの塩分ってそもそもなんであるかご存知ですか?それは梅の保存をきかせるためです。では「減塩」梅干しは塩分を抑えた分に何を加えて保存をきかせているのでしょう?…当然保存料などの添加物ですよね。

まずスーパーなどで買う場合は「原材料」を確認してみましょう。全く添加物がない昔ながらの梅干しがベストではありますが、さすがに置いていない可能性もあります。でも添加物項目数がなるべく少ないものを選ぶようにするといいでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

日本人の食卓にいつもある梅干し。その健康効果は計り知れないほど多くありました。

なるべく昔ながらの添加物の少ないものを毎日摂取するようにし、健康的な身体を作っていきましょう。

ちなみに大きさにもよりますが1日1個-3個程度を摂るといいと思います。

今回の一言

「なせば成る、なさねば成らぬ何事も、成さぬは人の為さぬなりけり」
上杉鷹山(江戸時代の大名)

私がこの言葉を初めて知ったのは小学校1年生くらいの時に、映画「バックトゥザフューチャー」でマーフィーが「何事も為せば成る」言った時からです。

でもこの言葉は事実だと思います。今と同じことをしていたら今と同じままなので「なさねば成りません」。

とにかく現状に不満であれば、何か行動を起こしてみてください。あなたの未来が開けてきますよ。


まだ慌てるような時間じゃない、今日も落ち着いて一本行きましょう。
ではまた。


何か質問があればどんな些細なことでも "コメント" もしくは "質問フォーム"から問い合わせください。



YouTubeに動画もアップしています。 よろしければチャンネル登録お願いいたします。
YouTubeチャンネル:環 大介

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:30代サラリーマン専門ダイエットコンサル@環 大介(たまき だいすけ)
年齢:35歳
身長:179cm
体重:73kg(30歳頃は95kg
体脂肪率:14.5%(目標10%台)
→13.5%(2017/8/31)

物心ついたときから肥満児であり、 30歳までデブを貫き通す。多くの 書籍やネットを漁り、 自分流の食事/運動術を開発。この経験を活かしダイエットコンサルタントとして、有用な情報を皆さんに発信できればと思っています。自己紹介…

ピックアップ記事

  1. ダイエットを継続して進めていって効果が見えてくると、モチベーションが上がってさらに効果のある(ありそ…
  2. あなたはMEC食というものをご存知でしょうか?糖質制限ダイエットをしていると必ずと言っていいほどこの…
  3. 今回はダイエット時に摂っておきたい「マルチビタミン」と「ミネラル」について説明します。ダイエット…

スポンサーリンク



PAGE TOP