習慣

そんな睡眠のとり方じゃ太ってしまいますよ!睡眠にとって悪い習慣4選

投稿日:

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。

突然ですがあなたはよく眠れていますか?

僕のブログの投稿を見ている方は、ダイエットしようと思っている方が多いと思うので、もしかしたら少し太っているかもしれません。

太っているとどうしても無呼吸症候群になりやすいため、よく眠れていない方がほとんどかもしれませんが、それ以外にも知らず知らずのうちにやってしまっている睡眠を阻害する習慣があるのです。

睡眠が十分に取れないと、「太りやすい身体」になっていってしまうため、その睡眠を阻害する習慣から離れなければいけません。

今回はついやってしまう睡眠を阻害する習慣について説明していきます。

睡眠不足を訴えるビジネスパーソン

「よく眠れない」とか「眠ったけど、眠りが浅い」など不眠に悩むビジネスパーソンが増えてきています。

そしてそんなビジネスパーソンから言われるのが、
「だからなんとなく疲れがとれないんです」
ということ。

疲れからの回復を目指す、つまり疲労状態から急回復できない大きな理由として睡眠が関与していることは大いにあります。

どうして不調に悩む人がこれほどまで増えてしまっているのでしょう?

日本国民を対象に行われた疫学調査によれば、成人の20%程度が不眠を訴え、15%程度の人が日中の眠気に悩み、5%以上の人が寝酒や睡眠薬を常用しているとの結果が出ています。

2007年に厚生労働省が行った調査(国民健康・栄養調査結果)でも、国民の5人に1人が「睡眠で休養が取れていない」「なんらかの不眠がある」という報告をしています。

実はこの不眠症、小児期や青年期に起こることは稀で、20〜30台から徐々に始まるものです。そのあと、中年以降で急激に増加し、40〜50代でピークを示すのです。

この背景には人口の高齢化、ライフスタイルの多様化などが関連していると言われていて、とりわけビジネスパーソンにとって着目していきたいのが、生活リズムの乱れやストレスなどが主な原因と考えられていることです。

仕事の量や責任が増えてきて重くのしかかることにより深刻になってくる不眠の悩みは、ビジネスマンにとって最も対処しなければならないものです。

仕事のストレスで眠れなくなり、疲れが取れない。そのことがまたストレスになってますます眠れなくなる。という悪循環に陥ってしまいます。これが原因で仕事上での大きなミスを招いてしまうリスクもあります。

あなたにとって必要な睡眠時間とは?

睡眠についてよく聞かれるのが「何時間くらい眠ればいいか?」という質問です。

この場合一般的にベストは「7時間」です。それより短くても長くても「7時間」に比べると、太りやすい傾向にあるからです。

しかし実際には答えはその人その人によります。

7時間寝たら「寝すぎ感」があるのであれば6時間にしてみるのもいいですし、7時間寝ても足りないのであれば8時間にするなど延ばす必要があります。

人によって必要な睡眠時間は違ってくるのです。

不眠になってしまう4つの悪習慣

不眠で悩むビジネスパーソンではいくつかの共通点があります。それは以下の4つです。

  1. 仕事ばかりで運動なんてしない
  2. 時間がなくて寝る前に夕食をどか食いする
  3. コーヒーを時間構わず飲む
  4. ベッドに行く前にタバコを一服

以下でそれぞれ詳しく見ていきます。

仕事ばかりで運動なんてしない

仕事ばかりで運動する時間を確保できていないビジネスパーソンも多いことでしょう。

僕の同僚もそうでした。その方もやはり太っている方なのですが、
「環さん僕もジムに連れて行ってください!」
と言われたので、快諾しました。ただ当日になって、
「すいません。仕事が忙しくて行けそうにありません・・・」
と言ったっきり、もう行くという話は無くなってしまいました。その方はいつも忙しそうにしていて、仕事優先と言った感じです。

そうやってずっと会社の奴隷(もしくは先輩、上司の奴隷)みたいに働いていて、果たしていいのでしょうか?僕はいつも言っていますが、あなたの人生はあなただけのものです。

そのあなたの人生にとってとても大事である、あなた自身の体をないがしろにしていいわけがありません。

もう決めてください。
決めることは一つだけです
「健康やダイエットのための時間は何よりも優先する」
と言うこと。ちゃんと自炊しましょう。ジムにも定期的に通いましょう。

話を戻しますが、日中の運動は心地よい体の疲労を生み、夜の眠気を誘います。実はこれだけで睡眠不足が改善されるケースも意外と少なくないのです。

普段運動する習慣がない人は、まずエレベータやエスカレータを使わずに階段を使うなどの、日常の適度な運動から始めて見るだけでも効果が期待できます。

時間がなくて寝る前に夕食をどか食いする

食事の取り方も、睡眠の質と大きな関係があります。

夕食の時間もしっかり考えず仕事をし、深夜近くに帰宅してすぐに夕食をとり食べ終わったらベッドに直行・・・。

わかります。わかりますよ。僕も昔はそうでした周りが残業しているから自分も会社に12時ごろまで残り、帰ってきて食事を摂って眠る。やっていました。

上にも書きましたが本当にそれでいいんでしょうか?

周りに流されすぎて、「自分の心の声に耳を傾けることを諦めて」しまっていませんか?

こう言った声に真剣に向き合って、これからしっかり考え直すべきと僕は思います。

また話が脱線してしまいましたが、これは眠れない人の典型的な生活スタイルです。

良い眠りのためには、胃の中はいっぱいではいけませんし、空っぽでもいけません。

お腹いっぱいだと消化活動のために就寝後も胃が働き続け、興奮状態となりなかなか寝付けないのです。

特に、タンパク質や脂肪を多く含んだ揚げ物や炒め物を消化するには4時間程度かかります。寝る前にこうした重い食事をしてしまうと、胃の中で食べたものを消化している最中に眠りにつくことになるのです。

当然ぐっすりと眠るなんてできません。「朝起きたらなんとなく胃がもたれている」なんて事ありませんか?原因はこれです。

目安としては、夕食は眠りに入る3時間前までにすませるようにしてください。

コーヒーを時間構わず飲む

コーヒーの成分についてはあなたもご存知のことと思いますから言わずもがなですが、コーヒーに含まれるカフェインは覚醒作用があるので頭がスッキリして、眠たく無くなります。

コーヒーを飲む場合は、睡眠4時間前までを原則としてください。

時間をちゃんと見てコーヒーを飲むことは、あなたの体に多くのメリットがあります。コーヒーが不得意でない場合は、ぜひ毎日飲むようにしましょう。

ベッドに行く前にタバコを一服

タバコに含まれるニコチンにも覚醒作用があります。タバコを吸うと頭がスッキリという感覚です(僕は生まれてからずっと非喫煙者なのでそのすっきり感はわかりませんが)。

ニコチンの体内での半減期は約2時間ですので、喫煙者は少なくともベッドに入る2時間前からは禁煙するように。

喫煙者の睡眠を調査した研究では、喫煙者は浅い眠りの人が多く、質の良い眠りがなかなか得られないという結果も出ています。

さらに喫煙者は非喫煙者に比べ、睡眠時無呼吸症候群になる確率が2.5倍程度も高くなります。

まとめ

今回はダイエットに直接的な関係はありませんが、「太りやすい体」になってしまう可能性のある睡眠不足について説明しました。

上にも書きましたが、「仕事」というワードを言い訳にして、自分のこと・自分が本当にしたいと考えていることを後回しにするのは絶対やめてください。

明日いきなりあなたが「余命宣告」されたらどうでしょう?絶対それまでの自分自身の行動に対して後悔しますよ?

とにかく自分自身の人生は自分自身の手でしっかり舵を取ってください!周りに流されるなんてことがないようにしましょう。


まだ慌てるような時間じゃない、今日も落ち着いて一本行きましょう。
ではまた。


何か質問があればどんな些細なことでも "コメント" もしくは "質問フォーム"から問い合わせください。



ダイエット人気ランキングはこちらです (現在10位/574中)



YouTubeに動画もアップしています。 よろしければチャンネル登録お願いいたします。
YouTubeチャンネル:環 大介

-習慣

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ダイエットをすると便秘になる!・・・正しい方法で腸内環境もよくしよう!

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。 おとといは出張だったので毎週水曜に行っているジムには昨日(木曜に)行きました!! いつも思うのですが、なんででしょうね?スクワ …

ダイエットには噛むことが大事。痩せる習慣を手に入れましょう!

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。 STEP1,2と食事方法よる ダイエット法について説明いたしました。 ここで大事な噛むということについて説明していきます。 太 …

ダイエットでも利用できます!オートファジー(自食作用)とは?

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。 今回はオートファジーを活用する方法について書いていきます。 「オートファジー」ご存知でしょうか? 去年東京工業大学教授の大隅良 …

ダイエットはまず「習慣化」。しっかり効果を理解した上で実践すること!

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。 さぁ今日これから・・・これからですよ! 始まりますよ!あの日が!! そうです「チートデイ」がはじまるんですよ!!! チートデイ …

サラリーマンは「痩せる」だけを目標にしてはダメ!パフォーマンスも大事

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。 あなたはダイエットをするとき何を考えますか? おそらくこう考えていませんか?「なんとしても体重を減らしたい」とか「とにかく多少 …

環 大介
 

 

 

名前:30代サラリーマン専門ダイエットコンサル@環 大介(たまき だいすけ)
年齢:35歳
身長:179cm
体重:73kg(30歳頃は95kg
体脂肪率:14.5%(目標10%台)
→13.5%(2017/8/31)

物心ついたときから肥満児であり、 30歳までデブを貫き通す。多くの 書籍やネットを漁り、 自分流の食事/運動術を開発。この経験を活かしダイエットコンサルタントとして、有用な情報を皆さんに発信できればと思っています。自己紹介…

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031