糖質/炭水化物

病気になってしまったその時。あなたはあなた自身を恨むことになります

投稿日:

物心ついてからずっと太っていた
30代サラリーマンが
1ヶ月5kg,最終的に25kg以上痩せた
秘密の情報を
LINE登録者に期間限定で無料でプレゼント!! ↓

今すぐ環大介のLINE@に登録
確実に痩せるための手法をすぐに手に入れる>>>
https://wp.me/P9w22H-1B


こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。

実を言うと私は30歳の頃に一度入院しています。

病名は「ベーチェット病」と言うものなのですがご存知でしょうか?完全ベーチェット病と不完全ベーチェット病の二つがあって、完全ベーチェット病は失明にまでなる病気です。

僕の場合は不幸中の幸いで不完全ベーチェット病だったので失明にまでは至りませんでしたが、毎日40度オーバーの熱に悩まされ、しかも入院して2週間くらい病気が判明しなかったため辛かったです。(さらに単身赴任直後だったので一人ぼっちなのも辛かったです・・・)

この病気は難病認定されているので、「完治」と言うものがないですし、上に書いた通り専門家じゃないとわかりにくい病気です。(僕は最初腸炎と診断されていました)

入院した当初は40度出ていたので余計なことを考える余裕は無かったのですが、少しずつ病気がわかって治ってくると病床の中で上を向きながら考えてしまいます。それは・・・

「やっぱり不摂生しすぎたな」

と言うことです。

30歳までの僕は趣味は「テレビゲーム」と「料理」で食べること、飲むことも大好きな人間でした。休日特にすることがなければ昼からお酒を飲んで、ゲームをすることが最高の贅沢と思って毎日過ごしていました。

ベーチェット病は難病です。難病というのは「原因がわかっていない病気」ですので、僕のその不摂生が直結して発症したのではないのかもしれません。でも人間というのは何か出来事に対して、理由を求めます。元気になってくると、病床という「ヒマ」でしかない環境だと、そういった理由を求めるんですよね。(あと入院費・・・保険効くのかどうか不安でした)

直接的な原因でないにせよ、不摂生がなんらかのつながりがあると思っています。そして僕は昔の僕自身を恨んで、それからの自分を正そうと考えました。(それ以外にもいろんな要素が絡んでいましたが)

そこで、今回は病気につながる「糖質」について説明していきます。

糖質とは何者か?

糖質は、タンパク質、脂質と並ぶ3大栄養素のひとつで、脳や体を動かすエネルギーになります。

砂糖や果物などの甘いものだけでなく、ご飯やパン、麺類、イモ類などの炭水化物もデンプンとして含まれています。

不足するとエネルギー不足による疲労感や集中力の低下が見られ、特にブドウ糖が必要な脳・神経で供給不足が起こると意識障害を起こすこともあります。

一方で、過剰な摂取により消費しきれなかった糖質は中性脂肪として蓄積され、肥満や生活習慣病につながります。

僕たちは糖質を摂りすぎている

糖質のとりすぎで懸念されるもののひとつが肥満です。

摂取した糖質は体内で消化されて、最終的には小腸で分解され、体に吸収されます。その後肝臓を通過し、一部は血液中に放出されて全身の細胞を動かすエネルギー源となります。残りは肝臓や筋肉にグリコーゲンとして蓄えられ、再びエネルギーとして使われますが、それ以上のもの、つまりとりすぎた糖質は、中性脂肪となり肝臓や脂肪細胞に蓄積されてしまうのです。これが過剰に蓄積されると肥満や、脂肪肝になってしまうというわけです。

また、糖質の過剰摂取は老化の原因にもなります。

血液中のブドウ糖があふれ出してタンパク質と結びつき、体温で熱されることを「糖化」と言いますが、糖化が起こると、AGE終末糖化産物という強い毒性を持つ物質が産生されます。このAGEは肌や骨の老化を引き起こすだけでなく、血管に蓄積すると、脳梗塞や心筋梗塞の一因にもなります。

糖質のとりすぎが、老化やさまざまな病気の大元の原因とつながり、決して見過ごすことのできない事態にまで悪化してく元凶となってしまうのです。

日本人の三大死因には糖質が関係!?

現在の日本人の死因は、1位がガン、2位が心臓病、3位が肺炎、4位が脳卒中となっています。肺炎のほとんどは脳卒中の後遺症で起こっているので、大きくはガン・心臓病・脳卒中の3つが、日本人の死につながる主な病気と考えられます。

2013年に日本糖尿病学会と日本ガン学会が合同委員会を作り、糖尿病とがんに関する因果関係について報告を行いました。この結果、糖尿病患者の中で様々なガンが増えているということが明らかになりました。

生活習慣病という言葉は当然聞いたことがありますよね?以前は成人病と呼ばれていた生活習慣病は、食事・運動・喫煙・飲酒といった日々の生活習慣が発症や進行に関与する病気の総称で、最近では成人しなくてもなるということで生活習慣病という名前に変わりました。

現在の社会では、生活習慣病の増加が非常に大きな問題になっています。高齢者になる程頻繁に病院に行くようになり多くの医療費がかかるようになりますが、その大半が生活習慣病によるものです。

一口に生活習慣病と言っても様々な病気がありますが、糖尿病と高血圧と脂質異常症の3つで80%を占めるとのこと。そしてこの3つの疾病は全く無関係の独立した疾病かというとそうではありません。

生活習慣の乱れからまず肥満が起きます。その次に血糖・血圧・脂質の異常が同時期くらいに起きていきます。この過程のことをメタボリックシンドロームと呼んでいて、そこからさらに行くと糖尿病、失明、透析、足の切断、脳卒中、認知症という風に進んでいきます。

現在の日本では数多くの人がメタボリックシンドロームに悩まされています。

その数血圧異常者4000万人、血糖異常者2000万人、脂質異常者1400万人です。血糖でいうとだいたい日本人の6人に1人が血糖異常者で、40歳以上だと3人に1人にもなります。

そしてこの問題は日本だけではありません。2006年国連が糖尿病撲滅に向けて決議していて、糖尿病増加の問題は世界のほぼ全て国で同じような状況にあり、国際的な課題となっているのです。

肥満になってきたら糖尿病予備軍

体の脂肪が増えるとインスリンの効き目が悪くなります。

特に内臓脂肪が増加すると、脂肪組織から分泌されるホルモン(アディポカイン)というものの影響でインスリンの効き目が悪くなります。こうなるとすい臓は血糖値を下げるために大量のインスリンを出し続けます。

そしてインスリンには、血糖値を下げる働きとともに体に脂肪をため込ませる働きがあり、大量に分泌されたインスリンでさらに太りやすくなるという悪循環が起こります。

最終的に働き過ぎたすい臓が疲れきってインスリンを少ししか作ることができなくなり、血糖値を十分に下げられず、糖尿病を発病します。

糖尿病という病気

糖尿病で本当に恐ろしいのは、糖尿病によって引き起こされる合併症です。

糖尿病には三大合併症と言われているものがあります。細小血管が痛むことによって引き起こされる、腎臓、目、神経の障害です。

腎症から人工透析、網膜から失明、神経障害から起立性低血圧や尿失禁へと進んでしまうのが、糖尿病の悪い進行です。

そしてこの三大合併症と並んでハイリスクな病気が動脈硬化です。糖尿病から動脈硬化へと進むと、冠動脈疾患となり、心臓病や脳卒中などの脳血管障害、そして足に障害が起こってきます。

まとめ

今回は糖質がもたらす病気について、糖尿病を中心に説明していきました。

今は元気で健康的な身体かもしれませんがもう30代です。いざ入院になってしまった時、僕のように自分を責めることがないよう今のうちに食生活の改善や運動習慣を取り入れるなどを行なっていきましょう。

最近聞いた名言としてこんな言葉があります。
「将来のあなたが、今のあなたの怠慢に迷惑しています。」
仮にタイムマシンで将来のあなたが今のあなたに会いにきたらなんと言うでしょうか?

一度考えてみるといいかもしれません。


まだ慌てるような時間じゃない、今日も落ち着いて一本行きましょう。
ではまた。


何か質問があればどんな些細なことでも "コメント" もしくは "質問フォーム"から問い合わせください。



ダイエット人気ランキングはこちらです (現在10位/574中)



YouTubeに動画もアップしています。 よろしければチャンネル登録お願いいたします。
YouTubeチャンネル:環 大介

-糖質/炭水化物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

特にヤバい糖質。あなたは〇〇が太りやすいことを知っていましたか?

物心ついてからずっと太っていた 30代サラリーマンが 1ヶ月5kg,最終的に25kg以上痩せた 秘密の情報を LINE登録者に期間限定で無料でプレゼント!! ↓ 今すぐ環大介のLINE@に登録 確実に …

ダイエットしているけど痩せない!糖質がもたらす中毒状態とは何か?

物心ついてからずっと太っていた 30代サラリーマンが 1ヶ月5kg,最終的に25kg以上痩せた 秘密の情報を LINE登録者に期間限定で無料でプレゼント!! ↓ 今すぐ環大介のLINE@に登録 確実に …

糖質制限のストレスがシンドイ!?糖質制限最初は〇〇に集中しよう。

物心ついてからずっと太っていた 30代サラリーマンが 1ヶ月5kg,最終的に25kg以上痩せた 秘密の情報を LINE登録者に期間限定で無料でプレゼント!! ↓ 今すぐ環大介のLINE@に登録 確実に …

環 大介
 

 

 

名前:30代サラリーマン専門ダイエットコンサル@環 大介(たまき だいすけ)
年齢:35歳
身長:179cm
体重:73kg(30歳頃は95kg
体脂肪率:14.5%(目標10%台)
→13.5%(2017/8/31)

物心ついたときから肥満児であり、 30歳までデブを貫き通す。多くの 書籍やネットを漁り、 自分流の食事/運動術を開発。この経験を活かしダイエットコンサルタントとして、有用な情報を皆さんに発信できればと思っています。自己紹介…

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728