食事

あなたの身体のことはあなた自身が一番思いやろう!あの健康法は正しい?

投稿日:

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。

最近多くの方からダイエットに関するざっくりとした質問をいただくのですが、まず勉強をしてみてください!いきなり何も読まず調べようともせずに、「とりあえず聞く」という方が多すぎます。

自分自身のダイエットに対して自分が適当に考えていたら、良い方向になんていかないですからね?

「どのダイエットが一番手っ取り早く痩せますか?」
とかいう質問はもう勉強していない証拠ですよね?

情報化社会が成熟してしまった現代では、いかようにも調べようがありますよね。インターネットなんて一番手っ取り早いですし(googleにキーワード入力すれば一発)、Amazonにいけば多くの書籍が出ています。

なのに何も自分で調べもせず上のような質問をする・・・自分自身のダイエット・健康に対してのソウル・情熱を一切感じません。そんなマインドだったらいかに正しい情報であっても、すぐやめてしまって習慣化する前にすべて終わりです。

またそういう方は自分自身が原因であるにも関わらず、間違いなく人のせいにします。

まず大事なマインドとしては、
「成功したら他人のおかげ、失敗したら自分のせい」
という考えを持ちましょう。

これはなぜか?というと、失敗したタイミングで人のせいにしてしまったらそこで思考が止まってしまい、またそのままダメ人生を歩んでしまいます。

そこで失敗したら自分のせいと考えると、思考は続きますよね?
「あの時ああしたのがいけなかったのかな?」とか
「この方法を選んだのが悪かったのかもしれないから、あの方法を試してみよう」
などなど考えるようになります。

そうしたらまだまだあなたの未来は明るいです。

しょっちゅう僕が言っているのが、
「あなたの怠慢が将来のあなたに迷惑をかけています」
ということ。

失敗してすぐやめてしまって、また怠慢な生活に戻らないようにしてください。将来あなた自身に迷惑がかかります。

さて今回は健康のためにやっているのに実は不健康だったりそうでもなかったりすることについて説明していきます。

和食中心の食事はホントに健康的か?

「肉や油の多い食事よりも、低カロリーの和食の方が絶対ヘルシーだしダイエットにも向いている!」

と思い込んでいる人もいるのではないでしょうか?

確かに油が少ないほどカロリーが低くなるのは正しいです。でも「ダイエット=カロリー」と考えてはいけないということは以前の投稿でも説明しました。

和食は甘い味付けの煮物や魚の照り焼きや西京焼きには、砂糖や酒、みりんがたっぷり使われていることが多いですよね?そうなんです、これらはとても糖質の多い料理なんです。

しかも主食はご飯とこれまた炭水化物(糖質)です。

ちなみにですがうどんで有名な香川県は糖尿病受療率が全国でトップです。

シンプルに塩・コショウで味付けしたステーキに、サラダというメニューと、野菜の煮物、煮魚、味噌汁、ご飯、という一般的な和食(定食)の糖質量を調べると、和食の方が何倍も糖質が多いのです。

また外食になると化学調味料を使っているお店の方が多いので、一概に和食の方が体にいいとは言えないのです。

カロリーを重視しすぎるあまり、「肉や油は体に悪い」という誤った認識をしている方も多いのですが、カロリーは低くても栄養がない食事はダイエットにもアンチエイジングにも逆効果です。

僕は常に言っていますが、いい油やタンパク質はどんどん積極的に摂るべきです。

当然ですが「煮る」という調理法自体はヘルシーです。「焼く」や「揚げる」に比べるとAGE(終末糖化産物)という老化物質の発生が少ないというメリットもあります。

また魚の刺身や大根おろしなど和食でよく出てくる食材は食べ方も含めて非常に素晴らしい食材です。

和食であっても、砂糖が少ない(もしくは無い)ものにする、生野菜をプラスするなど工夫をすることで理想的な食事になります。

ここで言いたいのは「和食ならば全てヘルシー」と過信しないで、食材や調味料の選び方と調理法次第ということを頭に入れておいてください。

大豆は手放しに体にいい食材なのか?

大豆はヘルシーで、9つの必須アミノ酸すべてを含む完璧なバランスの食材と言われてきました。このため一時期は大豆や大豆製食品はみんなこぞって食べようとする時期があったと思います。

しかしながらよく調べてみると、9つある必須アミノ酸のうち2つは、実はほとんどカウントできないほど含有量が少ないのです。必須アミノ酸というのは9つすべて揃わないと体に吸収されにくいため、こうなるとあまり意味を持ちません。

豆腐は肉と同等のタンパク質が摂れると考えてきたのは実は大間違いであったことがわかります。

最近のアメリカでは、食品に大豆が含まれていない「ソイフリー」の表示があるものの方が安心、という意識が高まってきています。

実は大豆は小麦粉やピーナッツ、卵、牛乳などと並んでアレルギーを引き起こしやすい食品のトップ10に挙げられているのです。

また、最近は大豆食品の摂りすぎが良く無いことも分かってきました。大豆には女性ホルモンのエストロゲンと同じような作用があるイソフラボンというポリフェノールの一種が含まれています。

大豆をあまり摂りすぎるとこれらが悪さをし、ホルモンバランスの乱れにもつながります。

極端な話だと、豆乳を健康のためとたくさん飲んでいた40代男性の胸が膨らんできたという事例もあるくらいです。

昔の日本人でさえ大豆食品を摂っていたのは1日わずか5〜6g程度ですので、豆腐一丁を毎日丸ごと食べるようなことは避けた方がいいでしょう。

また大豆には栄養素の吸収を妨げる成分「アンチニュートリエント(反栄養素)」が含まれています。これを取り除かれたものは発酵されたものです。つまり味噌、納豆などはアンチニュートリエントは残りません。このため摂るべき食材です。

豆乳も同様に身体には良くない飲み物です。

よく健康を気遣って、牛乳の代わりに豆乳を飲む方がいらっしゃいますが、上に書いたように豆乳もアンチニュートリエントが働き、栄養がうまく吸収できません。

また、飲みやすくするために人工甘味料や食塩、ビタミンなどを添加した調製豆乳など自然ではない豆乳があったり、遺伝子組み換えのされた輸入品や農薬まみれの大豆から作られたものなどさらに良くありません。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

とにかく自分の身は自分で守りましょう!

正しい方法は僕がどんどん教えます。ただあまりにも僕を含めた誰かに依存しすぎるのは考えものです。

あなた自身の手綱はあなたが握りしめてください。

大丈夫です。必ずいい方向に進んで行きますよ!


まだ慌てるような時間じゃない、今日も落ち着いて一本行きましょう。
ではまた。


何か質問があればどんな些細なことでも "コメント" もしくは "質問フォーム"から問い合わせください。



ダイエット人気ランキングはこちらです (現在10位/574中)



YouTubeに動画もアップしています。 よろしければチャンネル登録お願いいたします。
YouTubeチャンネル:環 大介

-食事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

糖質制限効果UPのためにMCTオイルを摂ろう。なぜ相性がいいのか?

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。 脂(油)は身体に良いものと悪いものがあり、良い油であればダイエット中でも毎日摂取するべきことを言ってきています。 良い油の中の …

男のダイエットに効果が最強!糖質制限がいい理由とは何か?

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。 今回は糖質制限ダイエットについてのメリットを説明していきます。 糖質制限ダイエットはストレスの少ない方法ですので、 ぜひ実践し …

ダイエット中でも油は摂るようにしよう!脂肪を摂るべきその理由

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。 前回は 糖質制限で食べていいもの悪いもの を説明していきました。 この中で「肉類/魚類は食べてください」と言いましたが、この肉 …

ヤバい!その必要栄養素。ダイエットで〇〇が無いと吸収されてないです!!

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。 ダイエットをしていても、あなたの身体にとって大事な栄養は日々摂っておきたいものですよね? しかしサプリなどで頑張って摂っていて …

カロリーなんて注目するな!あなたは食品成分表はどこを見ますか?

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。 多くの健康やダイエットに関する本を読んできて、「今までやってきたこれは間違いだった…」と分かったことがあります。それは… カロ …

環 大介
 

 

 

名前:30代サラリーマン専門ダイエットコンサル@環 大介(たまき だいすけ)
年齢:35歳
身長:179cm
体重:73kg(30歳頃は95kg
体脂肪率:14.5%(目標10%台)
→13.5%(2017/8/31)

物心ついたときから肥満児であり、 30歳までデブを貫き通す。多くの 書籍やネットを漁り、 自分流の食事/運動術を開発。この経験を活かしダイエットコンサルタントとして、有用な情報を皆さんに発信できればと思っています。自己紹介…

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031