男のダイエットは原始的であれ!効果のあるパレオダイエットとは!?

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。

前回の投稿で、日本のザ・サラリーマンは周りの評価を気にしすぎている。

と言いました。

周りの評価を気にする人に対して、書籍「嫌われる勇気」では「承認欲求」が強い人。と定義していました。

この「承認欲求」が強い人は、実は「自己中心的」な人と言えるのです。

なぜかと言うと、
「会社に残ったら、みんながよく見てくれる・・・」
「頑張ったらいい評価をしてくれる・・・」
「周りが行く飲み会に(行きたくないけど)行ったら、皆んなと仲良くなれる・・・」

などなど、
「自分がこうしたら周りが自分をよく見てくれる。」
「自分がこうしたら、周りが自分に何か返してくれる。」
と言う自分中心で考えているということに気づいてないんですね。
知らず知らずのうちに実は自己中心的になっています。

この本では「承認欲求の撤廃」が大事と言っています。「承認欲求」から離れ、自分がしたいと思うことするべきと思う本当のことをやることで、自分も周りも幸せになれるということです。

あなたがやるべきことは仕事だけではないはずです。このブログを読んでみて本当に痩せたいと思うのであれば、まずは時間を割いてでも食事に気を使うようにしましょう!

さて今回は糖質制限ダイエットと似ているパレオ(原始人)ダイエットについて紹介していきます。

パレオダイエットとは

あなたはパレオダイエットというダイエット法を知っていますか?

ハリウッドスターたちをはじめ、オリンピックのメダリストたちも、この“パレオ(原始人)ダイエット”を実践しています。

これまでに流行ってきた、あらゆるダイエットの根本となるダイエット法ともいえる「パレオダイエット」だけれど、やり方の基本は、「人工物を摂らない」ことです。

日本では、原始人ダイエットとも呼ばれているダイエット法で、海外のセレブなどに大人気のダイエット法だと言われています。

「パレオ」とは旧石器時代を指す言葉で、まだ狩りをしたり森林から採取した果物などを食べて生活していた時代のことです。

つまりパレオダイエットとはすなわち、その旧石器時代の人たちがしていた食事をして痩せよう!と言うダイエットです。

なぜパレオダイエットで痩せるのか?

「パレオダイエット」が減量に効果的な理由のひとつには、”痩せホルモン”の存在があります。

これは、小腸の下部から分泌される「インクレチン」といわれる物質(GLP-1)のことです。インクレチンには、食後の高血糖も防ぎ、体重増加を抑制する効果があるのです。

「GLP-1」は腸を動かすと分泌されるもの。「パレオダイエット」で「GLP-1」がよく出るのはおそらく、素材をそのまま食べることと、特に食物繊維が豊富でボリュームたっぷりの食物を多く摂ることの影響と考えられています。

ここまで聞いて、パレオダイエットがしてみたいと思いませんか?

しかし、パレオダイエットと聞いても一体どんな食事をして、どんな生活をすればいいのか、また食べてはいけない食べ物がどんなものか、パッと思い浮かべることは難しいですよね。

次からパレオダイエットの食材について説明していきます。

パレオダイエットの食材

タンパク質(魚介)

タンパク質を取る場合、当然ですができれば天然物を食べる方がいいです。魚介類は体積の大きなマグロなどの魚や、養殖した魚は避けるようにしてください。

なぜかと言うと、体積の大きなマグロや養殖された魚は人間の身体に対して有毒な水銀や、カドミウムが多く含まれているからです。

また加工されている魚も避ける方がいいでしょう。

魚の鮮度は、一尾ものの魚(頭と尾がついている1匹そのままの魚)は、目が澄み、エラがあざあやかな赤色で、鱗が綺麗についているものを選ぶこと。

切り身の魚は、身にツヤと弾力があり、血合いの部分が鮮やかなものを選ぶ。血合いは、魚の背と腹の間にあるものです。

刺身のさくを買う場合は、角がピンと角ばっているものを選ぶといいでしょう。

殻付きの貝を買う時は生きているもの。あさり、カキのむき身は、身にハリ・ツヤがあり、身の大きさがそろったもの。ホタテは、貝柱に光沢がありふっくらしているものを選びましょう。

タンパク質(肉)

肉は赤身の肉、特に放牧牛・豚の肉をなるべく食べるようにします。・・・と言っても放牧された牛や豚は高価であるため、僕と同様普段食べると言うことがなかなか難しいかもしれません。原始時代は、イノシシを食べていたので、放牧豚と同じ。

霜降り肉・フォアグラや、ソーセージ・ハム・ベーコンなどの加工品はあまり食べないでください。

牛肉は、肉は鮮やかな赤色(子牛肉は薄いピンク色)で、脂身はツヤのある白いもの。完全放牧野生牛がベストです。

豚肉はみずみずしいピンク色で、脂身はツヤのある白いもの。赤身と脂身の境目がはっきりしているものを選びます。

鶏肉は、色が鮮やかで弾力とハリがあるもの。皮の部分は、紫外線による活性酸素が多く、前立腺がんのデータが出ているのでなるべく避けた方がいいです。皮の毛穴が高く盛り上がっているものが新鮮な証拠です。

食物繊維(野菜、海藻、キノコ、果物)

僕は野菜はお勧めしていますが、果物は含まれる糖質が気になるためお勧めしていません。果物の果糖は体内にとても吸収が早いです。このため血糖値が急上昇して、その後急下降します。血糖値が不安定だと人間の体は太るので食べない方がいいでしょう。

野菜は皮ごと食べるほど効果がありますので、できるだけ農薬を使っていない食材を選ぶようにしてください。

ほうれん草・ネギ・小松菜・春菊などは、葉っぱがピンとしてしっかりしたもので、先の白い部分と葉の緑の境がはっきりしているもの。

大根・人参・ピーマンは、茎の部分を確認しましょう。この部分の切り口が黒ずんでいないもの、表面の皮にハリがあるものを選ぶこと。

キャベツ・レタス・白菜は、重たく、外の葉がみずみずしくて、濃い緑色で、巻きがしっかりしているものを選びます。

根菜系はひげ根の跡がまっすぐ並んだもので、しなやかなもの。大きすぎると中身がスカスカなため、大きすぎない方がいいです。

キノコ類は軸が太くて肉厚。えのきは表面のべとつきがないものを選んでください。

脂質(ココナッツ、オイル、ナッツ、アボカド)

油と言うと大きく2種類考えられます。常温で液体の油と固体の脂。

例えば、水温10度くらいの海に住んでいる魚の油は、海中では固体ですが、僕たちの体の中では液体です。牛の脂は、人間の身体に取り込まれても固体。こうした違いが、人間への影響にも違いが出ます。

人間の体内で液体の油は、吸収されたあと、血管の掃除もしてくれます。

この油を、油脂と呼んでいます。油脂は、グリセリンと脂肪酸でできています。脂肪酸には、炭素の二重結合の数と位置で区別していて、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2種類に大別します。

飽和脂肪酸は肉類やココナッツオイルに多く含まれていて、不飽和脂肪酸は魚や植物に多く含まれます。

不飽和脂肪酸には、炭素の二重結合の周りの構造の違いにより、シス型とトランス型と言う2種類に分けられます。

トランス脂肪酸でできた食品は、マーガリン・ピーナツバター・パン・ケーキ・マフィンです。

これらはパレオダイエットには適さない食品と言われています。と言うかパレオダイエットに限らず、トランス脂肪酸は不健康の塊のようなものなので、食べないでください。

トランス脂肪酸は食品から摂る必要がなく、摂りすぎると健康への悪影響があります。

脂肪酸は、長さで分類することもできます。

ココナッツオイルは、エクストラバー人ココナッツオイルという未精製のものがベスト。

ココナッツオイルには60%程度の中鎖脂肪酸が含まれています。これは、オリーブオイルやラードなど、油脂のほとんどが長鎖脂肪酸ですが、母乳や牛乳、ココナッツオイルには中鎖脂肪酸が含まれています。

効率よくエネルギーになり、中性脂肪として蓄積されにくい特長があります。

まとめ

パレオ(原始人)ダイエットも僕がオススメしている「糖質制限ダイエット」に限りなく近いことがわかっていただけたと思います。

最近流行っている、効果が出ているダイエット方法というのは、実は「正しい糖質制限ダイエット」なのです。それが色々な名前で、微妙に形を変えてやっているのが多いです。

ぜひ正しいダイエット法を覚え、すぐに実践してみてください。

 

 


まだ慌てるような時間じゃない、今日も落ち着いて一本行きましょう。
ではまた。


何か質問があればどんな些細なことでも "コメント" もしくは "質問フォーム"から問い合わせください。



ダイエット人気ランキングはこちらです (現在10位/574中)



YouTubeに動画もアップしています。 よろしければチャンネル登録お願いいたします。
YouTubeチャンネル:環 大介

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:30代サラリーマン専門ダイエットコンサル@環 大介(たまき だいすけ)
年齢:35歳
身長:179cm
体重:73kg(30歳頃は95kg
体脂肪率:14.5%(目標10%台)
→13.5%(2017/8/31)

物心ついたときから肥満児であり、 30歳までデブを貫き通す。多くの 書籍やネットを漁り、 自分流の食事/運動術を開発。この経験を活かしダイエットコンサルタントとして、有用な情報を皆さんに発信できればと思っています。自己紹介…

ピックアップ記事

  1. 以前も言いましたが僕はプロテインを1日に2、3回飲むのですが、やっぱりプロテインの中でも美味しいもの…
  2. 以前も言いましたが僕はプロテインを1日に2、3回飲むのですが、やっぱりプロテインの中でも美味しいもの…
  3. あなたは毎日精一杯生きていますか?なんとなく生きてはいませんか?頭のどこかで「や…




PAGE TOP