食事

油は体に良くないんじゃないの?油は太らないし健康に良いダイエット食材

投稿日:2017年12月16日 更新日:

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。

ダイエットにおいて油や脂肪の摂取についてどう考えるべきか?について説明していきます。

以前の投稿で「糖質以外の栄養素(脂質も含む)は血糖値上昇を抑える働きがある」事がわかりました。血糖値上昇を抑えるためには、タンパク質や油の摂取を増やす事も必要となります。

でも僕たちは昔から「油は太るから控えるべきだ!」と言われてましたよね?血糖値を抑えるからと言って油を摂取することに抵抗があるかもしれません。

しかし摂ってはいけないのは「悪い油」であり「良い油」は積極的に摂取するべきなのです。

植物性の油と動脈硬化の関係

オメガ6と呼ばれる一般的な植物性の油と、オメガ9と呼ばれるオリーブオイルなどについてですが、オメガ6を含むナッツを1日30g程度食べ、オメガ9であるオリーブオイルを1週間に1リットル使うようにしたグループと、逆にこれらを全て控えるようにしたグループで動脈硬化の発生率を比較したそうです。

結果は油をたくさん摂取したグループが30パーセント低いというものでした。

このため少なくとも植物性の油とオリーブオイルは積極的に摂るべきという事になりました。気をつけて欲しいのは安いサラダオイルです。サラダオイルは以前の投稿でも説明しましたが、多くの加工工程を経ています。

一般的なサラダ油の加工工程は以下です

  1. 種、実、豆類を洗う
  2. 押しつぶす、すりつぶす
  3. 溶剤に浸す(炭化水素剤)
  4. 固体を除去(沸騰させる)
  5. ガム質を分離するために、水を混ぜる
  6. アルカリを加える
  7. 粒子を除去するため、高速回転する
  8. 110℃で漂白
  9. フィルターにかける
  10. 高温で蒸し脱臭する
  11. 冷ましてフィルターにかける
  12. 保存剤と泡止め剤を加える
  13. パッキング

このような工程を経ており、溶剤に浸したり漂白したり、アルカリを加えたりと多くの処理がかかっているのがわかるかと思います。

また追加で良い油はオメガ3に分類される魚の油です。魚の油もしっかり摂っているグループに対して摂らなかったグループは、多くの病気において生存率が低い事がわかっています。このため積極的に摂るべきでしょう。

僕も日々摂る様にしてますが、毎日足りているか不安なため「フィッシュオイルサプリ」で補っています。本来であればこう言った食物で取れる栄養素は食物でとった方がいいのですが、足りないと嫌なのでまさに補助ですね。

動物性油と脳卒中の関係

動物性の油については、国立がん研究センターが研究したデータと広島県と長崎県が中心に研究したデータ及び名古屋大学と文部科学省を中心に研究したデータがあります。全て独立して研究したデータです。

その結果をみると全てにおいて動物性油を取ったほうが脳卒中のリスクが下がることを示しており、動物性油を取ったほうが脳にとっては良いことがわかりました。

脂質に対する歴史

1950年代にアンセル・キースという医師が、アメリカ人に心臓病が多い理由として「油の摂取量が多いから」と指摘しました。これを受けて1977年アメリカ政府は国民に対し「油を控えるよう」という指導方針を固めました。

この様な動きから1984年タイム誌は「卵とバターを控えましょう。それによって血中コレステロールが下がり、アメリカ人は心臓病から保護されます。」と出しました。卵とバターという高コレステロールな食品を摂取しなければ血中コレステロールは下り、動脈硬化による死を予防できるということです。

アメリカ人は油の摂取量を減らし、その穴を埋めるかのごとく糖質の摂取量を増やしていき、肥満が激増したのです。

なんとあの有名なタイム誌からの情報でずっと「油は悪い」なんてことが言われていたんですね。

ですが21世紀になったころ多くのデータから、たとえ食べる油を控えたところで、血液中の脂質は良くならないし、食べるコレステロールを抑えても血液中のコレステロール値は下がらないということが明らかになってきました。そして2014年にタイム誌から自らの間違いを認める形で「意味がないから控える必要はない」ということを発表したのです。

この発表から2015年にアメリカの政府機関(日本の厚生労働省に当たるところ)が約40年ぶりに「食品摂取基準」を改訂しました。その内容は「食べるコレステロールは制限無し。油も制限無し。それらを控えても心臓病の予防にも肥満の予防にも繋がりません。」ということです。

以前の投稿でも説明しましたが、コレステロールは実際には必要な数値であり高くても問題が無いです。糖質制限をしているのに高い場合でも悪玉も含めそこまで気にしない様にしましょう。

まとめ

油と病気の関係がお分かりいただけたのではないかと思います。

油は脳にとっても重要な要素で脳の成分の実に60%と大半を占めます。油を控えることでデメリットが増えるだけなので、ダイエットだからと言って抑え過ぎるのはやめましょう。

今回の一言

「人生には二通りの生き方しかない。
一つは奇跡など何も起こらないと思って生きること。
もう一つはあらゆるものが奇跡と思って生きること。」
A・アインシュタイン

年齢を重ねてくると経験が増えてくるからかだんだん思考がドライになってきたりします。何においても「そんなの当たり前」とおもいがちですが、それはそうなんです。

だって行動を変えてないので何も新しいことは起きないんです。なので今行動を変えていき「あらゆるものごとを奇跡」にしていきましょう。

まずはダイエットです。今までやってこなかった方法であればまずやってみましょう。そして人生にハリのある毎日を送りましょう。


まだ慌てるような時間じゃない、今日も落ち着いて一本行きましょう。
ではまた。


何か質問があればどんな些細なことでも "コメント" もしくは "質問フォーム"から問い合わせください。



ダイエット人気ランキングはこちらです (現在10位/574中)



YouTubeに動画もアップしています。 よろしければチャンネル登録お願いいたします。
YouTubeチャンネル:環 大介

-食事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

野菜は最後に食べるな!最初に食べてこそ最大のダイエット効果がある。

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。 僕は30歳になってからのダイエットを始めるまでは、サラダなどの生野菜はそんなに多く摂っていませんでした。 しかしダイエット中は …

糖質制限でよく食べる肉。老化が遅れていつでも若々しくいられる理由

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。 今回は肉を摂取することで、老化を防止できることについて説明します。 先日気になる記事を見つけました。 Contents1 肉= …

あなたの体を痩せさせる!いい油(脂肪)は何だと思いますか?

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。 今回は油(脂肪)について説明していきます。 油(脂肪)はたくさん摂るようにしてください! あなたはダイエットには油を控えなくて …

多くのリスクがある食べ物を食べていませんか?トランス脂肪酸の危険

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。 今日僕は「チートデイ」の日でして、朝から豚丼を食べました。…普段食べない炭水化物中心の食事なので、なんかお腹がもたれますね。 …

やっぱりダイエットにも健康にもいいよね。納豆のすごい効果とは?

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。 今回はいろんなところで身体にいいと言われている「納豆」について説明していきます。 何となく体に良いことはわかると思いますが、実 …

環 大介
 

 

 

名前:30代サラリーマン専門ダイエットコンサル@環 大介(たまき だいすけ)
年齢:35歳
身長:179cm
体重:73kg(30歳頃は95kg
体脂肪率:14.5%(目標10%台)
→13.5%(2017/8/31)

物心ついたときから肥満児であり、 30歳までデブを貫き通す。多くの 書籍やネットを漁り、 自分流の食事/運動術を開発。この経験を活かしダイエットコンサルタントとして、有用な情報を皆さんに発信できればと思っています。自己紹介…

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30