もはやそれは肉ではない・・・添加物まみれの加工肉は今すぐやめるべし!

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。

あなたは今まで、何も考えず日々暮らしてはいませんか?

日々何も考えずご飯を食べて、菓子パンを食べて、ラーメンを食べて、夜は毎日晩酌、週末は飲み会に行き暴飲暴食。

土日は家で疲れてぼんやりと暮らしている。

このままでは、ずっと太ったままのダサい人生を歩むことになりますよ!!

・・・と自分自身もそうでした。

毎日毎日暴飲暴食。

朝ごはんは菓子パンを2、3個を牛乳で流し込む。

昼は何も考えず会社から出る弁当(ご飯大盛り)を食べて、3時には同僚からもらったお土産もつまんでいました。

夕方5時になると小腹が減るので、また菓子パンを1つ食べて、帰ったら夜10時とか11時くらい・・・ビールと一緒に高カロリーな惣菜を食べてたかな・・・。

でもそんな過去を後悔なんてしないでください!!

起きてしまった事象は仕方ありません。ウジウジ悩んでいないで、これからの明るい将来を目指して、今から行動をしましょう。

あのベストセラーになったビジネス書「嫌われる勇気」で有名になった心理学者のアルフレッド・アドラーがこんな言葉を残しています。

「過去を後悔しなくていい。
未来に怯えなくていい。
そんなところを見るのではなく、
今このときに集中しなさい。」

行動できない人はムダなことを考えがちです。

それは「昔やってしまったことの後悔」「これからどうなるかわからないことへの不安」です。

大事なのは「やる」ということを決めて、そしてやっていることに集中することです。

ダイエットもムダなことは考えずにとにかくやっていきましょう!!

今回は食べるべき食材と食べてはいけない食材について説明していきます。僕たちの周りには食べ物がたくさんありとても便利になっています。しかしその便利になった一方で僕たちの体を蝕んでいっているのです。

 

気をつけたい「加工肉」

いい形で食べれば、体内でいい働きをしてくれる「動物性油脂」。

では悪い形というのは何でしょうか?

それは・・・

高温調理されたものや、大量生産を目的に飼育された質の悪いものです。

そしてもう一つあります。それはソーセージやハムなどの加工肉です。動物性油脂がいいとはいっても、スーパーなどで売られている多くの加工肉は、本来、期待できるメリットなど全然ないものです。

まず気になるのは、やはり化学添加物の多さです。

たいていは、ミンチした肉に、カサ増しのため、化学添加物満載の調味液を追加し、さらに大量の化学調味料や保存料、発色剤などが加えられています。

試しにパッケージの原材料表示を見てみてください。

「酸化防止剤」「発色剤」「リン酸塩」「アミノ酸等」「香料」・・・欄にたくさん並んでいる添加物の数々は、ほとんどが有害物質なのです。

「減塩」っていう表記のあるものもありますよね?これは健康的に見えて、実はより化学添加物が入れられているため注意が必要です。

もともと、ソーセージやハムは、肉を塩漬けにすることで保存可能期間を伸ばすという知恵から生まれた保存食です。また、塩漬けにするからこそ、肉の旨味が滲み出て、おいしい加工肉になるのです。

なのに、減塩したらどうでしょうか?

塩の恩恵が少ない中で、より長く保存できるようにし、旨味を出すためには、塩の代わりに保存料や化学調味料を追加する必要があるのです。

このように化学物質がたくさん使われている加工肉は、当然、原材料も信用できません。化学調味料で味を作っているので、原材料の質が良かろうが悪かろうが関係ないのです。

お徳用パックで叩き売りされているようなソーセージやハムは、質の悪い肉に、大量の化学添加物を入れた有害な食べ物である危険が、極めて高いと言えるでしょう。

じゃあ加工肉の全てが危険なのか?ということですが、全てが全て危険というわけではありません。

肉類の生産者同様に、世の中には「いいものを作って提供する」という信念を持った生産者もいるのです。

飼料や生活環境からこだわって、元気に育った質のいい肉を使い、添加物などは一切使わずに加工肉を作っている。そういったメーカーは、インターネットを活用して少し検索してみるとすぐに見つかるはずなのです。

添加物の一つ一つの有毒性を知らなくても避けるのは簡単です。

要するに、自分が触れたこともないような物質が表示に並んでいる加工肉を、買わなければいいだけのことです。つまり表示が長くなって複雑になる程、不自然で有害な物質が多く添加されていると考えてください。

本来の作り方をされた加工肉の表示には、「豚肉、食塩、香辛料」くらいです。肉の種類や産地、育ち方などを記載するなどのこだわりのある生産者であれば、間違いないと言えるでしょう。

肉本来の旨みが詰まったソーセージやハムを、一度でも味わってみてください。ベーコンなら家でも作れます。

化学調味料で作られた加工肉とは、旨みが全く違うことに驚くと思います。

とはいえ、そういった化学調味料の無い正しい作り方をした加工肉を、取り寄せまでして常日頃手に入れるのは、生活習慣としてとりいれるのが難しいと思います。

このため、今まで普段スーパーに並んでいた加工肉を食べていたとしたら、それを極力減らし、加工していないそのままの肉をご自宅で調理して食べるのが一番です。

自炊はハイパフォーマンスなダイエットへの第一歩です!口に入れるものに対して簡単に手に入れようとせず、自分で買って自分で調理しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

普段便利で食べやすかった、ベーコンやハム、ソーセージなどの加工肉。

ただ一般のスーパーに並んでいるものは、たっぷりの食品添加物に侵されていることがお分りいただけたのでは無いでしょうか?

このためよっぽど好きでも無い限りは食べないようにしてください。よっぽど好きでも食べる量は減らしましょう!

 


まだ慌てるような時間じゃない、今日も落ち着いて一本行きましょう。
ではまた。


何か質問があればどんな些細なことでも "コメント" もしくは "質問フォーム"から問い合わせください。



ダイエット人気ランキングはこちらです (現在10位/574中)



YouTubeに動画もアップしています。 よろしければチャンネル登録お願いいたします。
YouTubeチャンネル:環 大介

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:30代サラリーマン専門ダイエットコンサル@環 大介(たまき だいすけ)
年齢:35歳
身長:179cm
体重:73kg(30歳頃は95kg
体脂肪率:14.5%(目標10%台)
→13.5%(2017/8/31)

物心ついたときから肥満児であり、 30歳までデブを貫き通す。多くの 書籍やネットを漁り、 自分流の食事/運動術を開発。この経験を活かしダイエットコンサルタントとして、有用な情報を皆さんに発信できればと思っています。自己紹介…

ピックアップ記事

  1. さて最近メール問い合わせで「マイプロテインのサンプルでまだ発売していないものをレビューしてほしい!」…
  2. 今回はビーレジェンドプロテインの一杯飲んどコーラ風味をレビューしていきます。私はこのビーレジェン…
  3. 僕はいつも糖質は悪であり、糖質制限が正しいダイエット法の一つとして説明してきました。しかし一…




PAGE TOP