30代はオヤジ世代なのか!?どうすれば若々しくいられるのか?

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。

今回はこれから「老けないおやじ」になるためについて考察していきたいと思います。
私は現在35歳でもうそろそろ「おやじ」と言われてもおかしくない年です。…というか高校性の時「30超えたらおやじ」と思っていました。

でも私より年下でも「この人40歳か?」と思ったり、年上でも「若っ!えっ!?20歳位?」と思う人もいます。この違いはどういったことから現れるのでしょうか。

朝に日光を浴びる

朝日光を浴びない人は、浴びている人に比べて老けて見えるようになります。ここで日光を浴びると言っているのは、「海へ行って日焼けしよう」と言っているわけではありません。むしろ日焼けしすぎると老けてしまうことがわかっています。

そうではなく朝起きてバルコニーに出るなり窓際に立つなりして日光を浴びる。と言うことです。太陽の光を朝浴びることでセロトニンと言うホルモンが分泌されます。このセロトニンは別名「幸せホルモン」とも呼ばれ、うつ病などメンタルの予防にも役立ちます。

私は虫が大嫌いなため、窓はほとんど空けていませんが、朝カーテンを開けて窓際で日光を浴びるようにはしています。

筋トレをする

筋トレ後は成長ホルモンが分泌されます。この成長ホルモンは別名「若返りホルモン」と呼ばれており、このホルモンが分泌されることで肌をみずみずしくしたり育毛効果もあるため、筋肉を成長させる以外にも大変効果的です。

また古い細胞を排出して新しい細胞を作ることも促進されるため、若く見られやすくなるということです。

よく笑う

サラリーマンになるとプレッシャーなどが多くなってきて、笑うことが少なくなってきます。子供が1日に笑う回数は平均300~400回に対し、大人は実に10~15回程度だそうです。これでは少なすぎるため、意識的に笑うようにしましょう。

また真逆の話になりますが、うつ病になる方法ってご存知ですか?ある心理学の先生が、「うつになったことがないのにうつの人の気持ちがわかるわけがない」ということで、うつになる方法を探したそうです。その結果、方法を発見しました。どんな人もその方法でほぼうつになるというのです。

その方法は「1日ため息を1000回つくこと」だそうです。
特にため息をつく理由がなくてもつくことで、うつになってしまうんだそうです。つまり、「行動が気持ちを作る」ことになってしまってるんですね。

何が言いたいかと言うと、ため息の反対は「笑う」ことです。「笑う」という行動をとることで、「幸せな気持ち」を作ることができます。

確かに以前松岡修造さんも、「負けて悔しくて悔しくてたまらないとき、思いっきり笑顔になる」と言っていました。実際に効果があるということです。

ファッションにも気を使うようにする

やはり年齢よりも若く見える男性と言うのは、おしゃれにも気を使っているものです。無理に高校生が来ているような服を着る必要はありませんが、年相応でも服に気を使うとだいぶ変わってきます。

私のブログを見ていただいている方は、服装も改善したい人も多いと思うため、痩せてきたらぜひファッションにも気を使ってみましょう。モチベーション向上につながります!

老けない方法は今日取り上げた以外にもいろいろあります。
ぜひ多くの効果的な方法を取り入れ、若々しくありたいですね。


まだ慌てるような時間じゃない、今日も落ち着いて一本行きましょう。
ではまた。


何か質問があればどんな些細なことでも "コメント" もしくは "質問フォーム"から問い合わせください。



ダイエット人気ランキングはこちらです (現在10位/574中)



YouTubeに動画もアップしています。 よろしければチャンネル登録お願いいたします。
YouTubeチャンネル:環 大介

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:30代サラリーマン専門ダイエットコンサル@環 大介(たまき だいすけ)
年齢:35歳
身長:179cm
体重:73kg(30歳頃は95kg
体脂肪率:14.5%(目標10%台)
→13.5%(2017/8/31)

物心ついたときから肥満児であり、 30歳までデブを貫き通す。多くの 書籍やネットを漁り、 自分流の食事/運動術を開発。この経験を活かしダイエットコンサルタントとして、有用な情報を皆さんに発信できればと思っています。自己紹介…

ピックアップ記事

  1. 今回はダイエット食材の一つでもある「大根」について説明していきます。一時期テレビでも話題に上っ…
  2. 以前も言いましたが僕はプロテインを1日に2、3回飲むのですが、やっぱりプロテインの中でも美味しいもの…
  3. 以前僕が毎朝の食事で摂っている「バターコーヒー」について説明しましたが、そのバターコーヒーの…




PAGE TOP