ダイエット中絶対にこれだけはするな!!間違った考え方とは何か?

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。

昨日は妻の妊婦健診の付き添いをするため会社を休みました。

実は5月に2人目が生まれるんですけども、なんだか胎盤が低いらしく、出血が多くなる可能性があるから大きな病院で産まなきゃいけなくなってしまいまして、当初の近くの病院ではなく大きい病院になったみたいなんですよね。

不安そうだったので、僕も付いていくことにしました。(仕事サボる口実か!?)

こういったことは男は本当に文字通り付いていくだけって感じですね、話もよくわからないし先生と妻で二人でずっと話してて、蚊帳の外的な感じでした・・・。不甲斐ないっす。

さて今回のお話ですが、ダイエットをしている時に絶対してはいけないことについて、説明していきます。あなたはこのようなダイエットをしてしまってはいないでしょうか?気をつけてください。

甘党で食事をお菓子で済ませている

お菓子などの甘いものやスナック類というのは、糖質と悪い油(脂質)の塊です。

昼食の代わりにケーキを食べたり、スイーツ食べ放題を楽しんだ後に、「今夜の夕食を抜けば、大丈夫!」と言っていたりしませんか?それは最もダメなパターンです。

炭水化物など、糖質の多い食べ物の取りすぎや間違った順番での食べ方が太る原因になる、とお話ししてきましたが、ここで糖質について、少しおさらいしていきましょう。

ご飯、パン、麺類などの主食に含まれる炭水化物は、消化吸収される糖質と吸収されない食物繊維に分けられます。つまり、炭水化物から食物繊維を除いた、デンプンやオリゴ糖などが糖質ということになります。

その糖質の中で、最も甘味が強いのが「糖類」です。ブドウ糖や果糖などの単糖類、砂糖や乳糖などの二糖類。健康に良さそうなイメージの黒砂糖やはちみつ、メープルシロップなども糖類の仲間。糖質の中で最も吸収が良く、エネルギー源になりやすく、太るリスクは高いです。

また面倒なことに、甘いものというのは依存症・中毒になりやすいということです。スイーツを食べる習慣のない人は全く食べなくても平気ですが、好きな人は毎日、いつ何時でも甘いものを欲するのです。

これは、砂糖に依存性・中毒性があるから。糖質を摂るとアルコールなどど同じように、ドーパミンやセロトニンといった脳内物質が分泌され、落ち込んでいたのがいい気分になったり、イライラが収まったりします。そして次第に食べないと不安になったり、元気が出ないという事態になってしまうのです。

ということで、砂糖は麻薬と同じです。取らないと不安になり、だんだんと量が増えてしまい、食べた後は脂肪に変化するのです。

ちなみに甘くなくても、ポテトチップスなどのスナック類やフライドポテトなども同じことです。糖質が高い上に、悪い油(トランス脂肪酸)がたっぷり含まれているので最悪です。

お腹が空き続けるというのは、食事の時「どか食い」を招いたり、身体が食事の時に不必要にエネルギーを吸収しようとしてしまうため、少し小腹が空いた時の間食は、ナッツやプロテインを摂るようにしましょう。

甘いものはなぜ欲しくなるのか?

少し脱線しますが、甘いものというのはなぜ欲しくなると思いますか?

甘いものが欲しくなるのは、よく「心の空腹」のせいだと言われているんです。

イライラやストレスが募ったり、なんとなく気分が沈んだりした日には、無性に甘いものが欲しくなりますよね。(最近妊婦の妻が、イライラしたらクッキーを食べています・・・)

甘いもの=糖分には脳をリラックスさせる作用があり、精神の安定を促します。つまり、緊張感やストレスを和らげるために、無意識のうちに甘い食べ物を摂る方が多いのです。

イライラやストレスは、タンパク質やミネラルの不足によって起こりやすくなります。

日常的に「ドカ食いでストレスを解消」している方は、気分が落ち込む → 甘いものを食べる → 代謝に必要なタンパク質やミネラルが不足 →太る(ストレスが溜まる)→ 気分が落ち込む… という悪循環に陥ってしまいます。

「心の空腹」と上手に付き合うためにも、栄養バランスの改善が必要なのです。

もしくは、「食べること以外」でストレスを解消し、「心の安定」を図ることで「適度な食欲」を促進しましょう。

肉を食べて甘いものから脱する!

意外に思われるかもしれませんが、甘いものの代わりに食べるなら「肉」が最適なんです。

お肉に含まれる「チロシン」というアミノ酸には、ストレスを緩和し、ドカ食い=心の空腹を抑制する作用があります。

脂肪の少ない赤身の肉は、良質なタンパク質を豊富に含有し、脂肪を燃焼する作用も期待できます。

チロシンは魚や卵にも含まれていますが、ごく少量。効率よく摂るなら赤身の肉を選びましょう。

糖分や脂肪を控えつつ、お肉や野菜をしっかり食べて、トータルで栄養のバランスを回復します。

それでもどうしてもたまに甘い物を摂りたい!と思っている場合、僕はある決まった時だけ甘いものをOKとしています。

1つ目はチートデイの日です。人間はずっと糖質制限をしていると、脂肪を燃やそうとする力が弱まるため、何日かに1日糖質OKの日を設けて、体にショックを与える方法があります。この日は甘いものもなんでもOKです。

2つ目が筋トレの直後です。基本的に糖質を摂ると体は体脂肪を溜め込み太ります。しかし筋トレの直後は、糖質が筋肉のエネルギーとなり、筋肉になりやすいので食べても問題ないのです。ただこの時は大量に食べるのはNGです。糖質30g程度にするといいでしょう。

飲み会ではおつまみを取らず、その後のラーメンのみ

お酒を飲んだ後の〆のラーメンは、効率よく太る最悪のメニューです。

お酒の席ではほとんどおつまみに手をつけないで、お酒ばかり飲む人が意外にも多くいます。確かに、お酒のおつまみは高カロリー、高脂質、糖質も多いというのがほとんどです。フライドポテト、オニオンリング、たこ焼きやお好み焼き、春巻き、ギョーザ、などなど、糖質を油を一緒に摂ることになるおつまみは、控えたほうがいいでしょう。

しかし、何も食べずにシメにラーメンのみというのは最も行けないパターンです。特にビールをガッツリ飲み、その後は日本酒を飲んで、そしてラーメン・焼きそば・牛丼などなどお腹にたまるメニューでシメる。というのは最悪の食べ方です。

ビールや日本酒は糖質が高く、たとえ何も食べていなくても太りやすいですし、さらに最後に炭水化物を食べると、空腹時に糖質を摂ると血糖値が急上昇する耐え、インスリンが大量分泌され、普段より、もっと太りやすくなるという怖い事態になります。

ビールは特に「飲むパン」と思ってください。それくらい糖質が高い飲み物です。

さらに、インスリンが急にたくさん出るような状態が続くと、すい臓に負担がかかり、糖尿病のリスクが高まるのも問題です。

何も食べずに、ちびちびお酒を飲むということが、太りにくそうな飲み方のように思えますが、最も太るパターンということになります。

居酒屋のおつまみをよく見れば、太る危険の少ないものも多いので、むしろ、しっかり正しいおつまみを選択してきちんと食べながら飲むほうが懸命です。

枝豆や冷奴、焼き鳥(塩)などは脂質や糖質も少ない上に、ダイエット時に最も大事な栄養素タンパク質もしっかりとれます。また、サラダやお新香、野菜スティックなどの生野菜は最初に撮りたいメニューです。

お酒は糖質の高いビールや日本酒よりも、焼酎やウイスキー、ブランデーなどの蒸留酒を飲むようにしてください。糖質を含まないので、太りにくいお酒です。

ちなみに僕は飲み会の時は決まって「ハイボール」です。ウイスキーのハイボールもいいですが、最近ハマっているのはいも焼酎のハイボール。とても美味しいです。

まとめ

ダイエットをし始めた時、あなたは上のようなことをしてしまってはいませんか?

正しいダイエットというのは、カロリー収支ではなく栄養バランスであるため、カロリーだけを見てダイエットをするという考えは改めるべきです。

そしてやはり肉を摂ることがダイエットでも有効。栄養バランスのある食事をして健康的に痩せましょう。


まだ慌てるような時間じゃない、今日も落ち着いて一本行きましょう。
ではまた。


何か質問があればどんな些細なことでも "コメント" もしくは "質問フォーム"から問い合わせください。



ダイエット人気ランキングはこちらです (現在10位/574中)



YouTubeに動画もアップしています。 よろしければチャンネル登録お願いいたします。
YouTubeチャンネル:環 大介

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:30代サラリーマン専門ダイエットコンサル@環 大介(たまき だいすけ)
年齢:35歳
身長:179cm
体重:73kg(30歳頃は95kg
体脂肪率:14.5%(目標10%台)
→13.5%(2017/8/31)

物心ついたときから肥満児であり、 30歳までデブを貫き通す。多くの 書籍やネットを漁り、 自分流の食事/運動術を開発。この経験を活かしダイエットコンサルタントとして、有用な情報を皆さんに発信できればと思っています。自己紹介…

ピックアップ記事

  1. 最近の僕たちの周りには本当に身体に悪い、あなたを肥満へ不健康へ導いてくれる食品が多く存在します。…
  2. 新潟知事が買春で辞任しましたね。この事件ですが、当然新潟知事がやったことが悪いことは事実です。…
  3. 僕の娘は「妖怪ウォッチ」を好きでみているのですが、最近今までの「妖怪ウォッチ」から「妖怪ウォッチ シ…




PAGE TOP