食事

美味しくお腹いっぱい食べて、痩せ体質になっていこう!MEC食とは何か?

投稿日:

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。

最近はプロテインネタを一気に出してきましたが、そろそろダイエットと食事や運動に関することに戻っていきたいと思います。

先日「確定申告」のため税務署に行ってきました。なんとなーくですが、お金(税金)がからんでいるからですかね?殺伐とした雰囲気がしていますし、小言の多い人もいますね。

こういったときに僕が思うのは・・・「糖質の摂りすぎじゃない?」と言うこと。毎度説明していますが、一般的な生活をしている場合僕たちは炭水化物(糖質)に囲まれた生活を送っています。そうすると怒りっぽくなったりしますし、身体に必要な栄養があまり摂れないなんてこともあります。

今回は僕たちが何を食べるべきか?について説明していきます。

僕たちのDNAが必要とするものを食べる

僕がおすすめしている糖質制限のなかで、MEC食というものがあります。MがMeet(肉)、EがEgg(卵)、CがCheese(チーズ)です。

英語でLCHPと言う言葉があるのをご存知でしょうか?

LCHPはLow Carbohydrate, High Proteinの略で、単にローカーボ(Low Carbohydrate)と呼ばれることもあります。これはその名の通り、低炭水化物(低糖質)・高タンパク質の食事のこと(Charbohydrate:炭水化物、Protein:タンパク質)。

タンパク質を多く含む食品の摂取では、脂質の摂取にもつながるので、「高タンパク質」には「高脂質」も含まれていると考えてください。

国内では現在のところ、「糖質制限」と言う呼び方が一般的で、日本糖尿病学会では公認していないものの、糖尿病治療もしくはダイエットの方法として少しずつ多くの人に認識されるようになってきました。

MEC食の話に戻りますが、MEC食は「肉・卵・チーズをたっぷり食べましょう。つまり高タンパク質・高脂質を優先的に食べましょう」と言うことで、糖質制限食の一種と考えてください。

MEC食の考え方はシンプルで単純明快で、「人体に必要とする栄養素を十分に摂取し、必要でない栄養素を取らないようにしましょう」ということ。

これは、猿から進化して人類の歴史が始まった700万年前から現在まで、僕たちのDNAに刻み込まれたデータに基づいた食事をしようということでもあります。

実践する際のベースルールは、そんなに難しいことではありません。誰でも簡単に行うことが可能で、身体やメンタルへの負担も少なく継続がしやすい内容となっています。

そのルールは

  1. 食べ物を口に入れたら箸を置き、30回よく噛んで食べる
    僕は以前の投稿で「噛む」ことの重要さを説明しましたが、噛むことで満腹中枢が刺激されますし、噛むことで分泌される唾液は代謝をアップさせる痩せ物質です。僕も今でも油断するとそうですが、太っている方は食べ物をあまり噛まない傾向にあります。ぜひよく噛むようにしてみてください。
  2. 肉・卵・チーズを食事の中心にしてたっぷり食べる
    よく噛むことを守りながら食べるのであれば、お腹いっぱいまで食べて問題ありません。

毎日の基準量としては

  1. 肉:200g
  2. 卵:3個
  3. チーズ:120g

です。足りなければ増やしても問題ありません。

なぜ肉・卵・チーズなのかは今後の投稿に載せますが、MEC食の基本的ルールはこれです。面倒なカロリー計算とかは必要ありませんし、ダイエット始めからの運動も不要です。そして種類さえ選んでくれれば、多少のアルコールも問題ありません。

食事の摂り方にもワンポイントあります

  • 食事の際にはまず肉・卵・チーズから食べ、付け合わせ程度の少量の野菜(推奨は葉野菜)をプラスする。
  • 1日3食にこだわらず、空腹を感じたときに食べる

このMEC食は方法がとてもシンプルで面倒じゃなく、慣れてしまえば無理なく継続しやすいです。僕と同様大半の方が、過去に何度もダイエットに失敗してリバウンドした経験を持っているので、MEC食がいかに楽に痩せられるかを実感できると思います。

MEC食があなたの体質を変える

MEC食に始まる糖質制限を続けていくと、嬉しい効果が実感として現れます。いつも僕たちに誘惑の声を送ってきたあの、炭水化物や糖質が以前ほど欲しいと感じなくなってくるのです。

こうなったら痩せ体質の始まりです。だいたい2〜3週間で慣れてきます。

小さく切って少しずつ口に入れ、30回よく噛み、液状になってから飲み込むということを続けてください。食事時間は大体20分以上かけるといいと思います。

これだけで、肥満あるいは過体重の状態にあった方の多くが、苦もなく自然にダイエットを成功させます。高血圧・高血糖・脂質異常症・肝機能低下などの症状のある方の場合は、数ヶ月後にはそれぞれの数値が基準値に近づいていきます。

肥満の方は必ずと言っていいほど何らかの生活習慣病に疾患しています。体重も病気も肉・卵・チーズを食べているうちに解消させることができるのです。

実践するときに、食事以外の生活面としてこれはやっておいて欲しいことがあります。それは、

毎日体重を測るということ

体重を毎日測ると痩せている自分が嬉しくなって、「今日もルール通りに食事をしよう」と考えるようになります。また逆に体重が増えると「今日はもう少し30回しっかり噛むようにしよう」と考えるようになります。自分の状態を常に知っておくことは重要なことです。

MEC食ダイエットの効果

次にMEC食がどのようにダイエット効果をもたらすのかを2つのポイントに絞ってご紹介していきます。

糖質の摂取量が減ることで痩せる

前置きしておきますが、MEC食では糖質を食べてはいけないというわけではありません。

肉・卵・チーズを主体に食べますが、ごはんやパンなど『糖質の多い食品』も食べて良いとされています。

ただ、上に書いたようにMEC食を実践することで徐々に糖質を含む食品を摂らなくて済むようになっていきますそして糖質を摂らないで済むなら、それに越したことはないと僕は思います。

これは、おそらく肉・卵・チーズの摂取量が定められており、これらを食べてから『物足りなければ、ごはんなどを食べていい』としている事と、一口につき30回噛んで食べることで満腹中枢を刺激することが理由と思われます。

糖質はエネルギーに変換されやすい反面、脂肪にもなりやすい栄養素ですから、糖質の摂取量が減れば効率よく減量することはできます。

さらに脂肪に変換されやすい糖質を制限する訳ですから、停滞期がきても脂肪が増える可能性が低くなります。

このため、先に肉・卵・チーズを食べた後も炭水化物(糖質)をたくさん食べたいのであれば、炭水化物(糖質)を食べるのではなく、肉・卵・チーズの量を増やす方がオススメではあります。

筋肉アップを狙い、痩せやすいカラダへ

肉・卵・チーズはどれも良質なタンパク質が豊富に含まれています。

ダイエット中はタンパク質の摂取が非常に重要になってきます。なぜなら僕たちの『筋肉』の材料となる栄養素だからです。

筋肉量がアップすると、カラダの代謝機能が上がるため、消費エネルギー量が増えて痩せやすいカラダになることができます。

注意してほしいのは『タンパク質を食べておけば自動的に筋肉ができる』と勘違いされている人がいることです。

確かにタンパク質は筋肉の材料になりますが、運動をして筋肉を使わなければ筋肉量は増えることはありません。

運動をして筋肉の破壊が起こり、それを修復する過程でタンパク質が使わて筋肉が太くなっていくのです。

したがってタンパク質+運動が必要ですが、ダイエット初期の段階ではとりあえず食事だけにフォーカスを当てて、ある程度体重が落ちてきた段階で運動を行う方がストレスなく進めることができます。

まとめ

糖質制限ダイエットの一種であるMEC食。

肉と卵とチーズをストレスなく食べて、やせ体質を掴み取りましょう!


まだ慌てるような時間じゃない、今日も落ち着いて一本行きましょう。
ではまた。


何か質問があればどんな些細なことでも "コメント" もしくは "質問フォーム"から問い合わせください。



ダイエット人気ランキングはこちらです (現在10位/574中)



YouTubeに動画もアップしています。 よろしければチャンネル登録お願いいたします。
YouTubeチャンネル:環 大介

-食事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

あなたはどれを食べる?食べたものによってカロリー消費量が変わる!?

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。 世の中には食べ物がたくさんありますよね?その食べた後、当然体の中では消化や吸収、分解などの処理を行います。つまりこのような働き …

やっぱりダイエットにも健康にもいいよね。納豆のすごい効果とは?

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。 今回はいろんなところで身体にいいと言われている「納豆」について説明していきます。 何となく体に良いことはわかると思いますが、実 …

多くのリスクがある食べ物を食べていませんか?トランス脂肪酸の危険

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。 今日僕は「チートデイ」の日でして、朝から豚丼を食べました。…普段食べない炭水化物中心の食事なので、なんかお腹がもたれますね。 …

やはりオリーブオイルはダイエットに良かった。その効果とは!?

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。 今回は油の中でもダイエットに効果的な「オリーブオイル」について説明していきます。 あなたはオリーブオイルを毎日摂っていますか? …

筋肉にいい食材って何?筋トレするならブロッコリーを食べよう

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。 ジムに行ってスーパーマッスルの人たちの会話を聞くと「ブロッコリー」という単語が出てきたり、ボディビルダーの食生活を見ても必ずと …

 

名前:30代サラリーマン専門ダイエットコンサル@環 大介(たまき だいすけ)
年齢:35歳
身長:179cm
体重:73kg(30歳頃は95kg
体脂肪率:14.5%(目標10%台)
→13.5%(2017/8/31)

物心ついたときから肥満児であり、 30歳までデブを貫き通す。多くの 書籍やネットを漁り、 自分流の食事/運動術を開発。この経験を活かしダイエットコンサルタントとして、有用な情報を皆さんに発信できればと思っています。自己紹介…

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031