食事見直ししかダイエットや健康の道はない!〇〇からいい栄養を摂る

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。

あなたは絶対失敗しない方法があるとしたら、その方法を知りたいですか?

絶対失敗しない方法というのはこの世にあります。でもほとんどの人がその道を歩んでないんです。

絶対失敗しない方法・・・わかりますか?

それは成功するまで、やり方変えてチャレンジし続けることです!!

リチャード・ニクソンという第37代アメリカ合衆国大統領を務めた方が、こんなことを言っていました。

「人間は、
負けたら終わりではない。
諦めたら終わりなのだ。」

あなたにはお子さんはいらっしゃいますか?

仮にお子さんがいて、
「勉強したのにテストで点取れなかった」
と言ってきたとしましょう。

その時、あなたは
「何回参考書読んだんだ?」
と聞くと、
「1回」
と言われたらどうですか?

「それはお前1回だけじゃ点取れるわけないだろ!」
ってなりますよね?

大人になると、
ほとんどの人がその道を歩んでいないクセに、
自分の子供には
「勉強は何度もしなさい」
とか言っちゃってるのです。

とにかくあなたにとってどうしても欲しいものがあるのだとしたら、それを得るまでは諦めずに行動していきましょう!

さて今回は腸内を喜ばせて、腸内細菌を活性化することであなたの体を健康的にしていくことについて説明していきます。

 

腸の健康には善玉菌

若さと元気の源である腸の健康を保つには、善玉菌の助けが欠かせません。

また体の免疫力を支える「腸管粘膜免疫」を活発にするにも、やはり善玉菌を増やし、悪玉菌を減らすことが重要です。

善玉菌の代表選手といえば、ビフィズス菌。ヨーグルトや健康飲料で「ビフィズス菌入り」を売り文句にしている製品は、たくさんあります。しかしビフィズス菌は本来、人間の腸の中に存在するものです。

腸内にあるビフィズス菌をはじめとした善玉菌(特に腸球菌)の最大の恩恵は、病原菌による腸管感染や食中毒から、体を守ってくれることです。腸内で腐敗菌の増殖を抑え、腸内環境をきれいに整えてくれる効果があります。

またビフィズス菌が作る酢酸、乳酸は腸のぜん動運動を促して、便秘を防ぎます。

発がん物質を分解、吸着して排泄する効果もあります。血清コレステロールを下げる、ビタミンB群を産生する、下痢の予防などの効果もあります。

さらに免疫機能を刺激し、免疫物質を活性化する効果があるので、腸の中が善玉菌優位の人は、免疫力が高くなるわけです。

逆に善玉菌が減ってしまい、クロストリジウムや大腸菌などの悪玉菌がふえると、体の免疫力は一気に下がります。また善玉菌が減ってしまうと腸内腐敗がさらに進み、すでに述べたように、大腸ガンになる危険度が高くなるのです。

最近では、ありとあらゆるガンはクロストリジウムが原因で起こるとも言われています。

 

腸を喜ばせる食品:生菜食&発酵食品

タンパク質が多く、繊維質が少ない「高タンパク低繊維食」を続けていると、タンパク質の消化不良が起こります。そしてアンモニアや硫化水素、インドール、スカトールなどの「第二級アミン」という有毒物質が発生します。

また脂肪が多く、繊維質が少ない「高脂肪低繊維食」を続けていると、胆汁酸が変換を起こし、これも有毒な「二次胆汁酸」になります。

この第二級アミンに二次胆汁酸がくっつくと、ニトロソアミンという発がん物質が発生します。そして、大腸ガンやそのほかのガンの原因になっていくのです。

食物繊維の少ない炭水化物(甘いお菓子や精製された白米、うどん、スパゲッティ、パンなど)ばかりの過食もよくありません。こういった食事を長く続けると、糖尿病になりやすくなるだけでなく、低血糖による精神不安定が多く起きたり、心臓病や高血圧、脳卒中や痛風といった疾患につながっていくからです。

善玉菌を増やすためにビフィズス菌入りのヨーグルトや健康食品を取ることも悪くはありません。しかしそれよりも、腸内に住んでいる善玉菌のエサになり、有害物質の排泄にも役立つ「繊維質」の野菜を、毎食のメニューに欠かさず十分に取るのが一番です。その時は必ず食事の最初にとるようにすること!酵素や食物繊維は最初に食べることで、その健康効果が有利に働きます。

他にも良質な生味噌やその生味噌などを野菜につけた「発酵野菜」をたっぷりとることが大変効果的です。

善玉菌を増やすと同時に、酵素も取ることが可能なのです。

僕がコンサルする方で、食事を変えたことで痩せていくと同時に、ハイパフォーマンスになり健康を取り戻したかたが多くいます。

食事や飲み物を見直し、良くすること以上に健康を保つ道はありません。

タンパク質を摂ることも大事ですが、食物繊維豊富で酵素たっぷりの生野菜、善玉菌を増やす発酵食品中心の食生活を心がけてみましょう。

 

野菜の酵素を上げる:発酵野菜

発酵野菜は野菜をみじん切りにして、味噌、黒酢、しょうゆなどに漬け込むだけの簡単な浅漬けです。

しかし生味噌のパワーで野菜の酵素力が格段にアップし、消化が良くなってしかも美味しいです。

使う野菜は多くありますが、キャベツ、ナス、タマネギの他にも、白菜、小松菜、ブロッコリー、水菜、ピーマン、大根、セロリなどなど、好みの野菜を使って作ってみるのもいいでしょう。

作る時のポイントは野菜を細かく切り刻み、ドレッシングをかけたら、よく揉むことです。

そのあと常温で放置する。重石でつけるとなおいいですが、なければ特に使わなくても問題ありません。このプロセスで、野菜に含まれる酵素のパワーが一気に上がるからです。

冷蔵庫で保存すれば、4日間くらい持ちますが、時間が経つことでビタミンCが減ってしまうので、食べる時は他の生野菜と一緒に食べるといいです。

発酵野菜レシピ

材料

キャベツ:1/4個
ナス:1個
タマネギ:1/2個
生味噌:大さじ1
黒酢:大さじ3
梅干し:2個
しょうゆ:大さじ1

作り方

  1. キャベツ、ナス、タマネギをみじん切りにする
  2. 生味噌を黒酢で溶く。梅干しを細かく刻んで醤油に入れこれもよく溶く。
  3. 1を2の調味料と混ぜてよく揉む(重石があればする)
  4. 30分〜2時間常温で放置した後、冷蔵庫で1〜16時間寝かす。(重石があれば外す)
    1〜4日寝かせてもいいです。
  5. 冷蔵庫から取り出し、適量をお皿に盛り付け、他の生野菜と一緒に食べる

まとめ

いかがでしたでしょうか?

タンパク質や脂質は重要ではありますが、これと同時に生野菜や発酵野菜などから食物繊維や酵素を十分に摂ることも大事です。

ぜひ食事の最初にサラダ(発酵野菜入りでもいい)などを食べるようにしてください。


まだ慌てるような時間じゃない、今日も落ち着いて一本行きましょう。
ではまた。


何か質問があればどんな些細なことでも "コメント" もしくは "質問フォーム"から問い合わせください。



ダイエット人気ランキングはこちらです (現在10位/574中)



YouTubeに動画もアップしています。 よろしければチャンネル登録お願いいたします。
YouTubeチャンネル:環 大介

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:30代サラリーマン専門ダイエットコンサル@環 大介(たまき だいすけ)
年齢:35歳
身長:179cm
体重:73kg(30歳頃は95kg
体脂肪率:14.5%(目標10%台)
→13.5%(2017/8/31)

物心ついたときから肥満児であり、 30歳までデブを貫き通す。多くの 書籍やネットを漁り、 自分流の食事/運動術を開発。この経験を活かしダイエットコンサルタントとして、有用な情報を皆さんに発信できればと思っています。自己紹介…

ピックアップ記事

  1. 昨日はとあるセミナーに行って来まして、そのセミナー後にあった懇親会に参加しました。日曜日の飲…
  2. あなたは何か自分のため、今後のあなた自身のために何か行動していますか?何かを得たいと思ったと…
  3. 最近マックのCMを見ていてすごく違和感を感じていました。その違和感と言うのが、CMの最後に言う「野菜…




PAGE TOP