食事

結局何を食べたら太らないの?コメは食べるな!いい油脂を食べよう!

投稿日:

物心ついてからずっと太っていた
30代サラリーマンが
1ヶ月5kg,最終的に25kg以上痩せた
秘密の情報を
LINE登録者に期間限定で無料でプレゼント!! ↓

今すぐ環大介のLINE@に登録
確実に痩せるための手法をすぐに手に入れる>>>
https://wp.me/P9w22H-1B


こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。

僕は以前の投稿でも「いい油は身体にいい」ということをずっと説明してきました。

そして「いい油脂をとれば」という条件付きではありますが、脂質は体内でどんどん有効活用されていきます。

つまり「どんどん燃やされる」ことで、脂質は僕たちの毎日の生命活動を維持してくれているのです。

油脂がいかに重要であるかを、もっと理解していただくために、油脂が体内でどのように利用されるか説明していきます。

エネルギー源としての脂質

身体に入った脂質のうち、エネルギーになるのは中性脂肪(トリグリセリド)です。

中性脂肪は、胃液やすい液に含まれるリパーゼという消化酵素によって、グリセロールという物質と、脂肪酸という物質に分解されます。

その後、小腸を通ってリンパ管に入るときに再び中性脂肪となり、リポタンパク(カイロミクロン)に乗せられる。

そして肝臓、脂肪、筋肉などの毛細血管を通る間に、リポタンパクリパーゼにより、再び脂肪酸とグリセロールに分解されます。

こうして分解された脂肪酸を、遊離脂肪酸と言います。

遊離脂肪酸は血中に放出され、タンパク質の一種であるアルブミンに吸着されます。

血管は体中に張り巡らされた血液の道です。その道を走るアルブミンという車に乗って、遊離脂肪酸は身体中をめぐり、エネルギーを必要としている各組織に随時取り込まれるというわけです。

このプロセスで利用されきらなかった遊離脂肪酸は、肝臓を経て再び中性脂肪となって脂肪細胞に貯蔵されます。

そして体が運動などでエネルギー不足になる度に、また遊離脂肪酸となって利用されるのです。

中性脂肪は身体のエネルギーの貯蔵庫と考えてください。

脂質は摂り過ぎれば肥満に繋がりますが、それ以上に脂質は優秀なエネルギー源であるということを覚えてください。

色々な種類の脂肪酸がエネルギーになる

体内でエネルギーとして利用されるのは、上に書いた遊離脂肪酸だけではありません。

脂質に含まれる様々な脂肪酸は、リンパ管と静脈を通って、もしくは直接肝臓に運ばれ(通る経路は、脂肪酸の分子構造によって違います)、ケトン体という物質に変換される。

このケトン体もまた、エネルギー源となります。

そして最近注目されているのが、ケトン体は脳のエネルギー源にもなるということです。

よく「脳は糖しかエネルギーにできない」と言われますが、実際には脂質も脳の重要なエネルギー源となるのです。僕も最近はほとんど糖質を食べていませんが、糖質を中心に生活していたデブのときよりも脂質やタンパク質を中心に生活している今の生活の方が頭の回転が良くなってきていると実感しています。

実際には糖しかエネルギーにできないのは赤血球だけです。それ以外の臓器や組織は全て遊離脂肪酸やケトン体でも動くようにできています。

僕たちの祖先である狩猟採集民時代に遡ると、元来飢餓に備えるように作られている僕たちの体は、多くの機能が備わっておりエネルギーを確保するようにできています。

そしてそこで重要な役割を担っているのが脂質ということです。

ご飯より肉を食べるべきその理由とは?

健康を考えるのであれば、ご飯より良質の肉を多く食べた方が全然いいです。

こう断言するのには、いくつか理由があります。

まずは体内のエネルギー源となる糖質と比べて、脂質にはどんな特長があるのでしょうか?

糖質と脂質のカロリーの違いですが、糖質は1gに対して4kcal、脂質は1gに対して9kcalです。

カロリーが多いほど「太る」というのが一般的な認識でしょうが考え方を変えるとこうなります。
脂質が持つエネルギー量は、脂質の倍以上です。つまりカロリーの高い脂質の方が、はるかに効率のいいエネルギー源と言えます。

エネルギーが必要になったとき、体は真っ先に糖質を使います。
このため「糖は体の重要なエネルギー源」と言われるようになったのですが、糖はいわば最初の起爆剤にすぎません。

エネルギーを糖質頼みにしていると、スタミナが持たないのです。

これに対して、脂質は糖質よりずっと持久力が高く、効率的なエネルギー源と言えます。

更に糖質を摂りすぎるといいことは一つもありません。

糖質を一気に摂ると血糖値が急激に上がり、すい臓からインスリンというホルモンが分泌されます。インスリンは血糖値を下げてくれますが、糖質を脂肪に変えて蓄える(!)という性質があります。

ということで糖質過多によるインスリン過剰分泌は肥満になってしまうということです。

またもっと恐ろしいことにインスリンの過剰分泌が続くと、インスリン抵抗性が強くなります。つまりインスリンが効きにくい状態に陥ってしまい、血糖値が下がりにくくなるということになります。

このように高血糖状態が続くと、糖尿病や失明、手足の壊死など様々な合併症になってしまう可能性があるということです。

また体内で余った糖質は、体内の細胞を「糖化」してしまいます。これは砂糖をフライパンで熱すると焦げ付く現象と同じなのですが、それが体内で起こっているということです。

糖質がベタベタにくっついて焦げ付いてしまった細胞は、正常に機能ができなくなります。体の全ては細胞からできているので、細胞が機能不全に陥ればあなたの体そのものが機能不全に陥ることになります。

機能不全は末期の症状ですが、僕たちの身近なもので糖質を摂りすぎたことによる糖化でわかりやすい現象が「老化」です。糖質を摂りすぎて糖化を繰り返すと、老化が促進されます。現在30代として40,50になった時に、他の人より老けていることは避けたいですよね?

糖質は手っ取り早いエネルギー源ですし、僕たちの周りには糖質(炭水化物)で溢れかえっています。また糖質には僕たちの体に依存する力もあるので、なかなか手放せないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかし糖質の摂りすぎは、あらゆる病気の元凶になる。ということも覚えておいてください。

まとめ

このように糖質・脂質の両方について説明して行きましたが、どちらがより優れたエネルギー源であるかは明解ですよね?

端的にいうと糖質の塊であるご飯よりも、脂質を多く含む肉の方が健康的というわけです。

そしてその肉ですが、良質なものを選ぶとよりいいです。どんなものが良質か?については別の投稿で説明していきます。

脂質も同様に良質なものを選びましょう!これはすでに別の投稿で説明しているためご参照ください。


まだ慌てるような時間じゃない、今日も落ち着いて一本行きましょう。
ではまた。


何か質問があればどんな些細なことでも "コメント" もしくは "質問フォーム"から問い合わせください。



ダイエット人気ランキングはこちらです (現在10位/574中)



YouTubeに動画もアップしています。 よろしければチャンネル登録お願いいたします。
YouTubeチャンネル:環 大介

-食事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ダイエット中に何を食べる?あなたの身体を健康にするネバネバ7選

物心ついてからずっと太っていた 30代サラリーマンが 1ヶ月5kg,最終的に25kg以上痩せた 秘密の情報を LINE登録者に期間限定で無料でプレゼント!! ↓ 今すぐ環大介のLINE@に登録 確実に …

食べたらいけません!マーガリンなどに含まれるトランス脂肪酸とは?

物心ついてからずっと太っていた 30代サラリーマンが 1ヶ月5kg,最終的に25kg以上痩せた 秘密の情報を LINE登録者に期間限定で無料でプレゼント!! ↓ 今すぐ環大介のLINE@に登録 確実に …

ダイエットに野菜はなぜいいの?生野菜は酵素!温野菜は食物繊維!!

物心ついてからずっと太っていた 30代サラリーマンが 1ヶ月5kg,最終的に25kg以上痩せた 秘密の情報を LINE登録者に期間限定で無料でプレゼント!! ↓ 今すぐ環大介のLINE@に登録 確実に …

お腹が空いて仕方がない。間食を摂っても痩せることができる方法とは

物心ついてからずっと太っていた 30代サラリーマンが 1ヶ月5kg,最終的に25kg以上痩せた 秘密の情報を LINE登録者に期間限定で無料でプレゼント!! ↓ 今すぐ環大介のLINE@に登録 確実に …

ダイエットに古き良き日本の食材。梅干しの6つの健康効果がすごい!

物心ついてからずっと太っていた 30代サラリーマンが 1ヶ月5kg,最終的に25kg以上痩せた 秘密の情報を LINE登録者に期間限定で無料でプレゼント!! ↓ 今すぐ環大介のLINE@に登録 確実に …

環 大介
 

 

 

名前:30代サラリーマン専門ダイエットコンサル@環 大介(たまき だいすけ)
年齢:35歳
身長:179cm
体重:73kg(30歳頃は95kg
体脂肪率:14.5%(目標10%台)
→13.5%(2017/8/31)

物心ついたときから肥満児であり、 30歳までデブを貫き通す。多くの 書籍やネットを漁り、 自分流の食事/運動術を開発。この経験を活かしダイエットコンサルタントとして、有用な情報を皆さんに発信できればと思っています。自己紹介…

2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728