考え方

ダイエットを行うときも自信が必要です!完全なる自信の持ち方とは?

投稿日:

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。

今回は前回話した「完全なる自信」の持ち方・作り方について説明していきます。

前回、ダイエットを含めてどんな物事も成功するためにはマインドが重要で、実に80%以上がマインドによるものということを記載しました。

そしてその考え方で「根拠のない完全なる自信を持つ」ということが一番重要であるという事も前回紹介済みです。

でもなかなか完全なる自信を持つことができないという方が多くいます。じゃあどうすれば完全なる自信を持つことができるのか?について説明していきます。

物事の受け取り方を変える

自信の持ち方については数個あげますが、一番重要なのはここの部分です。

世の中で起こっていること全て「受け取り方」にすぎません。この受け取り方を変えることによって、完全なる自信を持つことが可能です。

いつ・どこで・誰が・何をしたという「起こった出来事」は誰にも変えることはできません。

しかしこの起こった出来事に対して「どう受け取るか?」についてはあなた自身で自由自在に変えることが可能です。

仮にあなたがバンドをやっていて、最初にライブに出るにあたって、ものすごく練習してきた。自分としてやってきたつもりだとします。

例えばバンド練習をライブに向けて毎日2時間やってきたとして、ライブ当日になりました。自分の番に近づくにつれ
「何でもっと練習してこなかったのだろう?2時間しかやってこなかった・・・」
ここでキーワードとなるのは「しか」です。
これに対して、
「2時間も練習してきた。だから大丈夫だ。」
に変えるとどうでしょう?一気にポジティブになりますよね?

この「しか」を「も」に変えただけです。

2時間練習してきた事実というのは誰にも変えられません。起こった出来事は誰にも変えられないのです。

なのでこの「受け取り方」を変えることが重要となります。

他の例であげると「失恋」とすると、
「その人がいなくなったせいでツラい」
と考える事もできますが、
「その人がいなくなったおかげで、もっといい人に出会えるチャンス」
と考える事も可能です。

自分自身の中の受け取り変えたを変えていきましょう。ここでネガティブな方向に捉えることに何のメリットもありません。例えば居なくなった恋人が「居なくなったせいで辛い・・・」と考え続ければ返ってくるなら考えればいいでしょう。でも返ってきません。

どうすればいいか?次に進んで行かないといけません。

なので起こった出来事を全てポジティブな方向で「受け取る」。これに限ります。自分自身でいいように受け取ればいいだけです。

自己肯定感を向上させる

自信がない人は自己を客観視できるために、自分の至らない点を逃さず察知し、それを責め、自己評価を下げる傾向にあるため、自己肯定感はどんどん下がっていきます。

自己肯定感を高めることは時間がかかると思うかも知れませんが、これは「思考の癖」に過ぎません。貧乏ゆすりと同じで、意識して修正すれば簡単に直ります。

実際に癖は2、3ヶ月で変えることができることが近年の研究で分かっています。

そこで今から、自己否定の癖から、自己肯定の癖に切り替える方法を紹介していきます。

自分を責めてしまう癖に気づく

特にこれは日本人に多くありがちと思います。一種の美学と思っている方もいるのかもしれませんが、良くない考え方の一つです。

癖とは「無意識にしてしまうこと」ですので、癖を直すにはその癖起こっているのを意識することから始まります。癖に気づき、観察することが始まりです。

まず、自己否定をしている自分に気づいたら、あらかじめ決めておいた「特定のアクション」をしましょう。膝をポンと叩く、手を握るなど、顔を撫でるなど何でも構いません。

自己否定の癖と特定のアクションをヒモ付けることで、癖を意識する力が身につきやすくなります。

次に「自己否定することにメリットはあるの?」と自問自答してください。

自信がない人は、自己否定を必要以上にする傾向にあります。ここを冷静に見れるようになれば、過度な自己否定に何の意味もないことに気づくはずです。

これによって「癖を直したい」というモチベーションが高まり、自己否定の習慣を最短で手放すことができます。

自分自身を褒める

この世の全ての出来事は「光と影」の両面を備えています。例えば、スマホやパソコンの発明によっていつでもどこでも誰とでもコミュニケーションが取れるようになりましたが、実際に麺と向かった場合のコミュニケーション能力が低下していっているようにです。

失敗という現象についても、光と影のどちらにフォーカスするかで解釈は180度変わります。例えば「失敗=絶望」と「失敗=成功の過程」では、解釈が真逆です。

なお、自己否定が強い人は「前者の解釈」を選ぶ癖があります。

自問自答して自己否定に何のメリットもないことに気づいたはずと思います。悪い癖だと意識できるようになれば、あとは「自己肯定感が高まる癖」に変えるだけです。

エジソンも
「私は失敗したことがない。ただ、1万通りの、うまく行かない方法を見つけただけだ。」
という名言を残しているくらいで、このポジティブな解釈をしていきましょう。

あなたが何かに失敗したとしても、その中には「小さな成功」が無数に転がっているはずです。小さな成功に焦点を合わせれば見つかります。その小さな成功をノートに書いてみてください。

小さな成功にフォーカスすることで、自分が大量の成功をしていたことに気づくでしょう。「私はこんなに成功していたのか」と思えれば自分を褒めたくなり、自信を持つことに抵抗がなくなるはずです。

ちなみに、根拠のない自信家は、自分の好きなところばかりにフォーカスし「俺ってスゲエ」となっています。自己否定にせよ自己肯定にせよ、所詮は「焦点の違い」に過ぎないのです

自分で自分を褒めたい……という名言を残したオリンピック選手がいましたが、自分で自分を褒めてあげることはとても大切です。

毎日、寝る前に、ひとつでもふたつでも、その日にした自分の行動をほめればいいのです。スマホのメモアプリに毎日記録していくのもいいと思います。

他人を批判しない

自信がない人は、他人を批判することを好む傾向にあります。これは、自信のない人に欠乏している「自己肯定感」が満たせるためです。

他人を批判したり見下すことは、自分の存在価値が確認できる「手っ取り早い方法」なのです。また、安全な場所からできるため自信がない人にとっては「好都合なお遊び」なのです。

しかし、他人を批判する行為には「強烈な副作用」があります。それは、自分が批判されることを極度に恐れるようになってしまうことです

他人を批判しない人は、自分が批判されても気になりません。なぜなら、彼らの頭の中には「批判」という言葉がないからです。概念がないので批判されてもピンと来ないのです

しかし批判する人は、頭の中に「批判」が渦巻いています。その結果、自分に対するどんな些細な批判にも過敏になり、自信を失っていくという負のスパイラルに陥っているわけです。

さらに他人を批判する人は、自分自身がそれに当てはまると強い罪悪感を持ち、自己批判をします。これによって自信はますます失われます。

他人の批判は、短期的には自己肯定感を満たしますが、長期的には自己否定が強化されることを知ってください。

他人の評価を気にしない

他人の評価とは、あなたが「他人の欲望」に合致したときに得られるものです。言い換えれば「他人にとって都合の良いあなたになること」が、他人から評価を得る方法なのです

ただ良く考えてみてください・・・あなたは他人にとって都合の良い存在になるために生きてきているのでしょうか?100%の人が「NO」のはずです。ところが、ほとんどの人は他人の評価を得ようと必死です。

僕たちは生まれてこの方、両親や学校の先生から「しつけ」をされてきました。あることをすれば褒められ、あることをすれば叱られる。このような「条件つきの評価」を受けてきました。

そのため、条件つきの評価を受けてきた人ほど、他者の評価を気にする癖を持っています。例えば、教育ママに育てられ、成績で褒められたり叱られたりした子供などがそうです。

他人の評価とは「あなたへの評価」ではなく「結果への評価」です。あなたを純粋に評価できるのは自分だけ。他人は「結果」にしか興味はないので放っておけばいいのです。

本当に大切なことは「自分だけの評価基準」を持つことです。それは、自分と他人を比べ評価することではありません。昨日までの自分と今の自分を比べて評価することです

昨日の自分よりも、今日の自分の方が頑張っているか?昨日よりも成長した自分か?このように、自己完結する評価基準で生きれば、自信はスムーズに育っていきます。

根拠のない自信を持っている人は、他人のことを屁とも思わない傾向にあります。これは、自分の評価基準を最も大切にして生きているからです。

まとめ

いかがだったでしょうか?
受け取り方を変えれば誰でも簡単に「完全なる自信」を持つことができます。

また、自己肯定感を高め、他人を批判せず、他人の評価を気にしないことで自信はどんどんついてくることになるので、何か行おうとした時はこれらを意識してみてください。


まだ慌てるような時間じゃない、今日も落ち着いて一本行きましょう。
ではまた。


何か質問があればどんな些細なことでも "コメント" もしくは "質問フォーム"から問い合わせください。



ダイエット人気ランキングはこちらです (現在10位/574中)



YouTubeに動画もアップしています。 よろしければチャンネル登録お願いいたします。
YouTubeチャンネル:環 大介

-考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

目標設定は明確に!ゴールに到達するためにはどうあればいいか?

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。 以前の記事で、目標設定について書かせていただきました。 そこでは、 目標設定を明確に具体的にすることが、 よりゴールへ達成する …

ダイエットで大事な考え方。ポジティブなイメージと発言でマインド強化!

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。 前回までで、ダイエットを含めて「結果」を変えたいと思ったら「行動」を変えなくてはいけない。「行動」を変えるためには「考え方」を …

あなたは間違った情報に踊らされているかも…ダイエットの間違い

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。 先日東洋経済オンラインで気になる記事が投稿されていましたので、 私の見解とともに紹介させていただきます。 「栄養」について知ら …

ダイエットは運動よりもまず食事を見直そう。食事が9割を占める

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。 最近娘(4歳)が妖怪ウォッチをAmazonプライムビデオで見るようになりました。 エンディングテーマが最近変わって、音楽も耳に …

周りの言葉は雑音でしかない!あなたはあなたが思うことをしよう

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。 こんにちは環 大介です。 今回はあなたのダイエット中における、周りからの意見について私の考えを話します。 周りの意見はいちいち …

環 大介
 

 

 

名前:30代サラリーマン専門ダイエットコンサル@環 大介(たまき だいすけ)
年齢:35歳
身長:179cm
体重:73kg(30歳頃は95kg
体脂肪率:14.5%(目標10%台)
→13.5%(2017/8/31)

物心ついたときから肥満児であり、 30歳までデブを貫き通す。多くの 書籍やネットを漁り、 自分流の食事/運動術を開発。この経験を活かしダイエットコンサルタントとして、有用な情報を皆さんに発信できればと思っています。自己紹介…

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031