考え方 重要項目

あなたは間違った情報に踊らされているかも…ダイエットの間違い

投稿日:2017年9月8日 更新日:

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。

先日東洋経済オンラインで気になる記事が投稿されていましたので、
私の見解とともに紹介させていただきます。

【栄養士の誤解1】脳はブドウ糖しか使えない
これは科学的に間違いです。世界中の医学・生理学の常識ではこうです。「脳はブドウ糖だけでなく、ケトン体もエネルギーとして使える」

糖質制限食を進める人といつもぶつかっている論議ですが、脳はブドウ糖だけではなく「ケトン体」でも働きます。
ケトン体とは食べ物から摂取した糖の代わりに、脂肪が分解されてできる物質です。脂肪がエネルギーとして使われるため、効率よく体脂肪が減少します。

またブドウ糖ががん細胞を育てるため、糖質制限をするとがんの予防にもなります。
そもそも私は糖質制限をずっとやっていますが、頭がまわらないなんてことはありません。
(やり始めの糖からケトン体にエネルギーが変わるタイミングでは多少あります。)

【栄養士の誤解2】脂肪は悪玉であり避けるべきである
近年になって科学的な研究が進められた結果、食事の脂質を生活習慣病に結び付けるのは誤りだったと証明されています。

私の愛読書である「シリコンバレー式自分を変える最強の食事」でも記載されていますが、脂質(油)を摂ることで身体が不調になることはありません。ここで摂るべきなのは良質な脂質です。良質な脂質については以前投稿しましたのでご参照ください
体の不調をきたすのは現代の日本人が異常に摂取している糖質です。糖質はほぼ0もしくは、夜に少量とる程度で問題ないです。

【栄養士の誤解3】卵は1日1個までにし、多く食べてはいけない
「食事でコレステロールをたくさん取っても、血液のなかのコレステロールが増えるわけではない」最近の研究で、このように明らかにされたからです。
そこで、2015年2月にアメリカでは栄養療法の指針が改訂され、食事のコレステロールについては気にしなくてもよいことになりました。

上記に伴い厚生労働省も卵の摂取上限を撤廃しています。私は1日3-7個を食べているため、卵がすぐ無くなります。
卵はコストパフォーマンスのいい最強食材です。

【栄養士の誤解4】糖質は人間にとって必須栄養素である
糖質は人体にとって必須栄養素ではありません。
「食事で摂取すべき糖質の必要最小量はゼロ」
世界中の栄養学者にとってこれが常識であり、糖質が減ると病気になるという心配はまったくありません。

これも私が上記で説明した通りで、糖質は摂取量0でも問題ないです。(いくら0にしようとも少量はとることになります)

【栄養士の誤解5】糖質だけ減らしてもあまり意味がない
血糖値を直接に上げるのは糖質だけです。タンパク質や脂質を食べても直接、血糖値は上がりません。

血糖値を上げるのは糖質です。つまり糖質が私たちを太らせる原因になるのです。

【栄養士の誤解6】タンパク質をとりすぎると腎臓に悪影響がある
糖質制限食は糖質を減らす分、脂質とともにタンパク質の摂取が増えますが、この常識のため、糖質制限は腎臓に悪いとする医師や栄養士がいました。

というのも、タンパク質のとりすぎが腎機能の悪化につながるという、確かな医学研究がないからです。そのため、この常識も変わりつつあります。

まず、厚生労働省は腎機能の正常な人について、タンパク質をとる量の上限を設けることをやめました。2015年度版の「日本人の食事摂取基準」(厚生労働省)では、タンパク質の過剰摂取による健康障害には十分な根拠はないとしたのです。

私は毎日2杯プロテインを飲んで3年以上経っていますが、腎臓が異常になったことはありません。…といいますか世の中のボディビルダーはこれ以上に飲んでいると思いますが、ボディビルダーが腎機能に異常があると聞いたこともありません。

【栄養士の誤解7】日本の栄養学は科学的に正しい
日本の栄養学には、多々、問題があります。非常に多くの間違った古い常識を信じているのが現状ですが、そのために、「正しくない食事」が広められてしまいます

私は30代になって「本気でダイエットをしよう!」と思ったとき、多くの本を読み/セミナーに行き/医師と相談し/インターネット検索もしました。
世の中の情報は多すぎてしまい、選択に混乱すると思います。同じ目標の内容でも方法は「右に行け!」と言ってるものもあれば「左に行け!」と言っているものもあります。
私がこのブログで説明していることは、多くの情報を調べて/試して良かったもののみを記載しているつもりです。ただこの方法は、世間一般では「異常なダイエット法」としてとらえられることが多いようです。
よく「そんな方法身体にいいんですか?」とか言われます・・・しかしそれを言っている人は何も調べていない実践していない人です。

あなたもこのブログだけではなく多くの情報を取り入れ、自分に合いそうなものを選んでみてはいかがでしょうか。

今後お勧めの本も紹介できればと思いますが、今回は上でも取り上げた本を以下にリンクします。

今回は長文であったのにもかかわらず、最後までご拝読いただきありがとうございました。


まだ慌てるような時間じゃない、今日も落ち着いて一本行きましょう。
ではまた。


何か質問があればどんな些細なことでも "コメント" もしくは "質問フォーム"から問い合わせください。



ダイエット人気ランキングはこちらです (現在10位/574中)



YouTubeに動画もアップしています。 よろしければチャンネル登録お願いいたします。
YouTubeチャンネル:環 大介

-考え方, 重要項目

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ダイエットでお腹の脂肪が落ちない…皮下脂肪を落とすには正しい方法で

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。 今回は皮下脂肪の落とし方について説明して行きたいと思います。 お腹周りにたっぷりついた脂肪・・・ 何とか解消したいと思っている …

脳や身体に「いい情報」を与えていこう!日々の食べ物であなたはできている。

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。 あなたは「食べ物」ってなんだと思いますか? 僕は食べ物は「情報」と考えています。その食べたものの情報によって、あなたの身体が作 …

目標設定は明確に!ゴールに到達するためにはどうあればいいか?

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。 以前の記事で、目標設定について書かせていただきました。 そこでは、 目標設定を明確に具体的にすることが、 よりゴールへ達成する …

世の中のダイエットには多くの間違いがある!?男はしっかり栄養をとれ!

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。 世の中にあるダイエットには間違いが多くあります。 特に「〇〇だけ食べるダイエット」とか、単純に「食事制限ダイエット」、「カロリ …

ダイエットでも一番重要なのはマインドだ!成功率を圧倒的に上げよう。

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。 今回はダイエットでも重要な成功するためのマインドについて考えていきたいと思います。どんな物事も成功するためにはマインドが重要で …

環 大介
 

 

 

名前:30代サラリーマン専門ダイエットコンサル@環 大介(たまき だいすけ)
年齢:35歳
身長:179cm
体重:73kg(30歳頃は95kg
体脂肪率:14.5%(目標10%台)
→13.5%(2017/8/31)

物心ついたときから肥満児であり、 30歳までデブを貫き通す。多くの 書籍やネットを漁り、 自分流の食事/運動術を開発。この経験を活かしダイエットコンサルタントとして、有用な情報を皆さんに発信できればと思っています。自己紹介…

2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30