飲み物

コーヒーの健康効果とは!?

投稿日:2017年10月12日 更新日:

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

今だけ【無料】で確実に痩せることのできる情報が記載されている冊子(PDF)
「30代からのハイパフォーマンス食事・運動術_基礎知識&食事順編」
を配布中

【無料冊子を受け取る】

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

こんにちはダイエットコンサルタント@環 大介です。

今回はコーヒーの健康効果について説明していきます。
私は毎朝2杯のバターコーヒーを飲んでいますが、バターコーヒーに限らずコーヒーは身体にいい飲み物の一つです。

コーヒーはずっと「身体にいい」と「身体に悪い」という議論が続けられていた飲み物の一つです。

私はコーヒーは好きなほうなので、定期的に飲んでいましたが、最近実際に「身体にいい」という研究結果が多く出てきたため、毎日飲むようにしています。

コーヒーはカフェインなどが多く含まれているため、耐性ができていない方は倦怠感や頭痛等気分が悪くなってしまうこともあります。耐性ができていない方は、少しずつ飲むようにするか薄めて飲むようにしましょう。

ダイエット効果

カフェインには脂肪燃焼効果があります。多くの脂肪燃焼効果をうたっているサプリメントの多くはカフェインを配合していることでも、効果の証明になるかと思います。

さらにコーヒーに含まれるクロロゲン酸というポリフェノールが脂肪分解を促進してくれるため、相乗効果でダイエットに効果的です。

筋トレや有酸素運動の30分前頃に1杯程度飲むと、脂肪燃焼効果特にいいでしょう。飲んでから30分後~3時間後が脂肪燃焼効果が最適化されます。

1日2~3杯程度飲むと、飲まない人に比べて脂肪燃焼が2倍も違うため、飲める限りなるべく毎日飲むようにしてください。

 

死亡リスクの低下

コーヒーを飲むと死亡リスクが低下することが、多くの研究結果で明らかにされています。

以下引用です。(コーヒーは健康にいい。16年間、調べてわかったこと

1つ目の研究では、研究者は、アフリカ系アメリカ人、日系アメリカ人、ハワイ先住民、ラテン系、白人を含む、複数の人種にまたがる18万5000人のデータを16年間に渡って調査した。研究者は、コーヒーの消費パターン、個々人の健康データ(たとえば喫煙するか、あるいは持病があるか等)を質問によって調べた。

研究は、コーヒーの消費が多いほどハワイ先住民を除く、全人種で死亡リスクの低減につながると結論づけた。ハワイ先住民には目立った差はなかった。1日に2〜4杯のコーヒーを飲んでいた人は、飲まなかった人にくらべて、心臓病、脳卒中、がんなどの病気で死亡するリスクが18%低かったという。

もう1つの研究は、1つ目の研究とは無関係で、ヨーロッパ10カ国の52万人を16年に渡って調べたもの。研究者は、コーヒーの消費が死亡リスク、とくに消化器系と循環器系の病気による死亡リスクを低下させたことを発見した。この効果はすべての国で見られ、場所による差異はなかった。

ここまで大規模な2種類の研究から出た結果であれば、信頼できると思いませんか?少なくとも私は、今後コーヒーは積極的に摂っていこうと思っています。

ただここで必ず砂糖は入れないでください!糖質は悪です。

ブラックで飲むか、グラスフェッドのバターやギー、MCTオイルやココナッツオイル、ココナッツミルクであれば入れても問題ありません。

 

アンチエイジング効果

コーヒーポリフェノールであるクロロゲン酸は肌のシミを防止する効果があります。

これは老化の原因である酸化物質をクロロゲン酸が取り除く働きをしてくれるからです。シミの原因であるメラニン色素の活性化を抑止します。

この抗酸化物質は野菜や果物にも含まれていますが、コーヒーに最も多く含まれています。

重要なのはペーパーフィルターではなく、フレンチプレスやメタルフィルターなどで抽出することです。なぜならペーパーフィルターだと抗酸化物質が豊富に含まれる「コーヒーオイル」を取り除いてしまいます。

メタルフィルターだとそのコーヒーオイルも飲むことができるため、抗酸化物質を最も多く摂ることができるわけです。

 

脳が覚醒する

コーヒーにはリラックス効果もありますが、皆さんご存知の覚醒効果もあります。

これはコーヒーに含まれるカフェインが、脳を興奮させ眠気を抑えてくれます。

仕事など作業の前にはコーヒーを摂って、効率化を計りましょう。

 

今回の一言

「力不足だからこれはできないと思ってはいけない。
真心がその不足を補ってくれる。」
上杉鷹山(江戸時代の大名)

ダイエットを再度始めようと思ったあなたは、昔の挫折してきた記憶を思い出して、「できないのではないか?」と不安に思ってしまうかもしれません。

でも「必ず成功させる!」と言う真心が、あなたを本当に成功に導いてくれます。

 

まだ慌てるような時間じゃない、今日も落ち着いて一本行きましょう。
ではまた。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

今だけ【無料】で確実に痩せることのできる情報が記載されている冊子(PDF)
「30代からのハイパフォーマンス食事・運動術_基礎知識&食事順編」
を配布中

【無料冊子を受け取る】

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


何か質問があればどんな些細なことでも
“コメント” もしくは “質問フォーム“から問い合わせください。


 

ダイエット人気ランキングはこちらです

 


よろしければフォロー/友達登録お願いいたします。
Twitterアカウント:@10parsquat

Facebookアカウント:環 大介

 

-飲み物

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

アルコール摂取を控えるべき理由

こんにちはダイエットコンサルタント@環 大介です。 今回はダイエット中のアルコールについて説明していきます。 ダイエット中のアルコールはなるべく摂取しないようにしましょう。 でも楽しみの一つでもあると …

水はこのように飲みましょう

こんにちはダイエットコンサルタント@環 大介です。 今回はダイエットで気になる水の飲み方などについてご紹介していきます。 ダイエットをしていたり健康に気を使い始めたら、口に入るもの全てに気を配るように …

炭酸水のすごい効果とは

今だけ【無料】で確実に痩せることのできる情報が記載されている冊子(PDF) 「30代からのハイパフォーマンス食事・運動術_基礎知識&食事順編」 を配布中 【無料冊子を受け取る】 こんにちはダイ …

朝一番に飲む最適なドリンクとは何か?

こんにちはダイエットコンサルタント@環 大介です。 本日は多くの健康志向な方々がやっている、 朝一番に飲む最強のドリンクについて説明していきます。 朝は起き抜けに白湯を1,2杯飲みましょう。 私はこれ …

ダイエットに最強の朝食

こんにちはダイエットコンサルタント@環 大介です。 今回は私が毎朝朝食の代わりとして飲んでいる、 完全無欠コーヒーというものを紹介していきます。 完全無欠コーヒーは「シリコンバレー式 自分を変える最強 …

環 大介
 

 

 

名前:ダイエットコンサル@環 大介
(たまき だいすけ)
年齢:35歳
身長:179cm
体重:73kg(30歳頃は95kg
体脂肪率:14.5%(目標10%台)
→13.5%(2017/8/31)

物心ついたときから肥満児であり、 30歳までデブを貫き通す。多くの 書籍やネットを漁り、 自分流の食事/運動術を開発。この経験を活かしダイエットコンサルタントとして、有用な情報を皆さんに発信できればと思っています。自己紹介…

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930