ダイエットをしていて痩せない?停滞期のあなたに効くチートデイとは

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。

あなたはダイエットをしていて、停滞が続いていませんか?
この場合断っている炭水化物中心とした食事を食べる日、「チートデイ」を入れたほうがいいかもしれません。

ダイエットの停滞期

ある程度ダイエットを続けていると、停滞期なるものが訪れます。

停滞期とは、ダイエットしている状態に対して身体が飢餓状態に陥ったと勘違いをし、エネルギー消費を抑制してしまう状態です。

私たちの身体に備わっている「恒常性維持=ホメオスタシス」が働いてしまっているため、停滞期が訪れるのですが、生命の維持を行うための現象であり必要な状態です。

私たちの身体には「レプチン」というホルモンがあります。これは、脂肪の燃焼と分解を促すホルモンで、ダイエットに欠かすことのできないホルモンです。脂肪を燃やしてくれる燃料というイメージ。

ダイエットで体脂肪が減少するとレプチンも減少傾向になり、これが停滞期の原因です。

私もそうなのですが、もう体脂肪が減りにくくなっていることを感じ始めていました。

そこで「チートデイ」というダイエットテクニックを駆使して、身体のレプチンを増加させ、停滞期をぶっ壊していきましょう。

チートデイ実施の判断

チートデイは行っていい場合と悪い場合があります。悪い場合に行ってしまうと、逆に太ってしまうためチートデイは実施しないでください。

チートデイを実施してはいけない人

男性の場合体脂肪率25%より多い人はチートデイを実施しないでください。女性の場合はそれに3%加算した28%より多い人は禁止です。

なぜかと言うと体脂肪の多い人はすでに「レプチン」の分泌が多いため、チートデイを実施したところで効果がありません。

まずは「食べる順」「糖質制限」で体脂肪を落としてください!

チートデイを実施していい人

男性の場合体脂肪率25%以下の人。女性の場合は28%以下の人がチートデイを実施して効果が期待できます。

そして、当然のことながら普段からダイエットに励んでいる人です。「食べる順」「糖質制限」をしている人じゃないと効果はありません。

是非やってみましょう。

チートデイの頻度

チートデイは体脂肪率によって実施していい頻度が変わります。以下を参照して、自分の体脂肪率を確認しながらやってみてください。

  • 男性:8%~10%、女性:11%~13%
    1週間に1回の頻度で実施してください。…むしろこの体脂肪は激やせ体型だとは思いますが。
  • 男性:10%~15%、女性:13%~18%
    2週間に1回の頻度で実施してください。私はここです。
  • 男性:15%~25%、女性:18%~28%
    3週間に1回の頻度で実施してください。ここ以下に入っていない場合はチートデイは実施しないでください。

チートデイで食べるもの

普段ダイエットで食べられない、炭水化物を中心にしたものを食べましょう。なんでもいいです。

例えば

  • ラーメン
  • カレー
  • 天丼
  • かつ丼
  • 寿司
  • おにぎり
  • うどん
  • パスタ
  • パン
  • ホットケーキ
  • うな丼
  • チャーハン

等々

普段食べられないものを食べるため、楽しんで食べましょう。
多少の罪悪感はあるかと思いますが、中途半端にはやらないこと!

摂取量

量は体重(kg)×45kcalの炭水化物中心のメニュー。

私の場合は体重74kg程度なので、
74×45 = 3330kcal
を食べることができます。

例えば.

天丼みそ汁付き(てんや):852kcal

ラーメン+チャーハン定食(天下一品):1300kcal

カツカレー(ココイチ):1128kcal

これで【3280kcal】です。たくさん食べられますね。

チートデイの注意点

チートデイは注意点もあります。これを守らないと目的から逆の方向に向かってしまいますので、頭に入れてからやってみてください。

決められた頻度で行う

チートデイはあくまで減少したレプチンに刺激を与えるショック療法です。

上に書いた体脂肪に合わせた頻度で行ってください。絶対連日炭水化物中心の食事を行うことは止めるように。

中途半端にはしない

久しぶりに炭水化物を食べられると「うれしい!」という感情と同時に、「こんなに食べて大丈夫かな?」という考えが浮かびます。

しかし!中途半端に食べたらレプチンへのショック療法になりません。

思い切ってたくさん食べてください。

20時超えたら食べない

ダラダラと夜遅くまで食べないようにしてください。胃に入ったものを次の日まで引きずることがないように!

まとめ

今回は停滞期になってしまった場合の対処法として、チートデイを紹介しました。

あなたが現在ダイエットをしていて、「全然痩せない!何で?」みたいな状態になっていたらチートデイを考えてみてもいいと思います。

今回の一言

「歩け、歩け。続けることの大切さ」
伊能忠敬(江戸時代の測量家)

江戸時代に日本を歩いて測量し、地図を作った伊能忠敬の名言。

ダイエットも続けることが大事です。続けて、続けて、続けることを続けていると、ダイエットはもはやダイエットではなく、あなたの生活になっています。


まだ慌てるような時間じゃない、今日も落ち着いて一本行きましょう。
ではまた。


何か質問があればどんな些細なことでも "コメント" もしくは "質問フォーム"から問い合わせください。



ダイエット人気ランキングはこちらです (現在10位/574中)



YouTubeに動画もアップしています。 よろしければチャンネル登録お願いいたします。
YouTubeチャンネル:環 大介

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

プロフィール

名前:30代サラリーマン専門ダイエットコンサル@環 大介(たまき だいすけ)
年齢:35歳
身長:179cm
体重:73kg(30歳頃は95kg
体脂肪率:14.5%(目標10%台)
→13.5%(2017/8/31)

物心ついたときから肥満児であり、 30歳までデブを貫き通す。多くの 書籍やネットを漁り、 自分流の食事/運動術を開発。この経験を活かしダイエットコンサルタントとして、有用な情報を皆さんに発信できればと思っています。自己紹介…

ピックアップ記事

  1. 昨日は娘のABCクッキングスタジオの料理教室だったため、連れて行きました!昨日のテーマは一汁三菜。和…
  2. 突然ですが僕はとても太りやすい体質です。食べたら食べた分だけ太るので、いつもちゃんとしっかり意識して…
  3. 今回はこれから「老けないおやじ」になるためについて考察していきたいと思います。私は現在35歳で…




PAGE TOP