食事

炭水化物(糖質)を控えなくてはいけないその理由とは

投稿日:2017年9月23日 更新日:

こんにちはダイエットコンサルタント@環 大介です。

先日のビジネスジャーナルに、気になる記事が投稿されていました。
紹介とともに私の見解を説明いたします。

記事題名:

炭水化物の摂取量が増えると死亡率も上がる?日本糖尿病学会推奨の食事に矛盾

炭水化物(糖質)の摂取過多が、2型糖尿病をはじめとするさまざまな病気の原因であり、糖質摂取を控えるべきということを、ここでは書いてきました。

しかし、エビデンスがないというのが、これまで糖質制限に反対する人々の言い分でした。特に「信頼性の高い前向きコホート臨床研究がない」「欧米人を対象にしたデータしかないから日本人ではわからない」との主張をよく見聞きします。

ところが、8月29日に「ランセット」誌のオンライン版に「炭水化物の摂取増加で死亡リスク上昇」という大規模研究結果が掲載されました。

かねてより私も炭水化物(糖質)悪だと説明し、糖質制限を推奨してきましたが、いまだに上記の「日本人には炭水化物が必要」のようなことを多く聞きます。

しかし「ランセット」誌オンライン版で研究結果が示されたことで、糖質制限も少しずつ広がっていけばいいと思います。ランセット誌とは週刊で発行される医学誌であり、世界五大医学雑誌の一つです。

 

先進国から途上国まで18カ国で「糖質」について調査

欧米の先進国のみで行われた過去の研究とは異なり、さまざまな経済発展程度の国々で幅広く調査を行ったのが最大の特徴です。

その調査結論は、次の通り

①炭水化物の摂取量が多いほど全死亡リスクは増加し(60%を超える群では高かった)、逆に脂質の摂取量が増えると全死亡率が低下する相関が見られた。

②脂質は総脂質および種類別のいずれも摂取量が多いほど全死亡リスクは低下した。

③飽和脂肪酸の摂取量が多いほど脳卒中のリスクが低下し、心筋梗塞または冠動脈疾患との関連性は認められなかった。

私が過去の投稿で主張していたことと合致してます。やはり炭水化物は制限し、脂質の摂取量を増やすことで健康的な身体を得られるということです。

脂質についても飽和脂肪酸の摂取量が多いほうがいいとのことで、バターなどに始まる飽和脂肪酸が良質な脂質であるためと考えられます。
ここで間違ってもサラダオイルに手を出さないでください!サラダオイルは加工工程が多く、毒性の強い化学溶剤をたくさん使って処理をしています。全く健康にはならない食材です。

 

炭水化物摂取は60%を超えない、飽和脂肪酸摂取は10%を超えるべき

このデータから導き出される結論は、「炭水化物摂取は60%以下にするべきであり、飽和脂肪酸は10%以上摂取するべきである」ということです。

日本糖尿病学会が推薦し続けている「炭水化物摂取量は必ず60%摂取し、脂質摂取量を減らしてカロリー制限すべきである」という食事指導に真っ向から反対するものです。

また上記の炭水化物の摂取量に「60%」と言う数値がありますが、60%までならとってもいいというわけではありません!むしろ0-20%以下くらいに抑えるべきと私は考えます。
残念ながらこの調査では、2003年から2013年にかけて普通に生活している人たちを対象に行っているので、20%以下に糖質を抑えている人がほとんどいなかったそうです。

卵の摂取量も撤廃されてきて、今までの常識がいかに間違いだらけだったかと言うのがわかってきました。

特に日本は他の先進国に比べて、「健康」とか「栄養」に関する新しい情報が入るスピードが遅いらしいです。
このため常にアンテナを張って新しい情報をインプットしていかないと、間違った情報のまま行動することになっていしまいそうです。

このブログでは私が毎日調べている新しい情報を、あなたにお届けできればと考えています。よろしければご参考にしてください。

まだ慌てるような時間じゃない、今日も落ち着いて一本行きましょう。
ではまた。

 


関連リンク:

身体にいい油(脂肪)は何だと思いますか?

25kg、減る!

かっこいい身体にするにはどうすればいいか?

ダイエットは食事9割

SUPER OMEGA3(フィッシュオイル)


何か質問があればどんな些細なことでも
“コメント” もしくは “質問フォーム“から問い合わせください。


ダイエット人気ランキングはこちらです


よろしければフォロー/友達登録お願いいたします。
Twitterアカウント:@10parsquat

Facebookアカウント:環 大介

 

-食事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

糖質制限がいい理由

こんにちはダイエットコンサルタント@環 大介です。 今回は糖質制限ダイエットについてのメリットを説明していきます。 糖質制限ダイエットはストレスの少ない方法ですので、 ぜひ実践してみてください。 糖質 …

なぜパンを食べてはいけないのか?

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― 今だけ【無料】で確実に痩せることのできる情報が記載されている冊子(PDF) 「30代からのハイパフォーマンス食事・運動術 …

分量はこれ(食事順 3)

こんにちはダイエットコンサルタント@環 大介です。 ダイエット中の食事は内容よりも順番に意識する で、”食事順”は “サラダ”→”サラダ以外 …

なぜ糖質制限は辛くないのか(糖質制限 2)

こんにちはダイエットコンサルタント@環 大介です。 前回はSTEP2として、 糖質制限 について説明しました。 実はこの糖質制限、通常の生活から入ると、 最初の導入時期は若干ストレスがあります。 なぜ …

食品成分表はどこを見ますか?

こんにちはダイエットコンサルタント@環 大介です。 多くの健康やダイエットに関する本を読んできて、「今までやってきたこれは間違いだった…」と分かったことがあります。それは… カロリーは見なくていい と …

環 大介
 

 

 

名前:ダイエットコンサル@環 大介
(たまき だいすけ)
年齢:35歳
身長:179cm
体重:73kg(30歳頃は95kg
体脂肪率:14.5%(目標10%台)
→13.5%(2017/8/31)

物心ついたときから肥満児であり、 30歳までデブを貫き通す。多くの 書籍やネットを漁り、 自分流の食事/運動術を開発。この経験を活かしダイエットコンサルタントとして、有用な情報を皆さんに発信できればと思っています。自己紹介…

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930