食事

食事順ダイエットでキャベツを使おう!コスパ最強で効果も抜群

投稿日:2017年11月1日 更新日:

こんにちはダイエットコンサルタント@環 大介です。

「サラダに始まる食べる順」ダイエットを推奨していますが、そのサラダに入れる食材の中で1年通してコスパの高いものと言えば「キャベツ」が挙げられます。

あなたは普段から食べているかもしれませんが、この効果効能についてはご存知ですか?
今回はそのあたりについて説明していきます。

キャベツに含まれている成分

1食分(150g)の栄養成分

  • カロリー:35kcal
  • タンパク質:1.95g
  • 脂質:0.3g
  • 炭水化物:7.8g

と意外に多いのが炭水化物。他の生野菜と一緒に摂って、あまり食べすぎるのもよくはなさそうです。

キャベツの効果

肥満予防・改善

以前大根おろしの投稿で紹介しました、代謝を活発にする効果がある「イソチオシアネート」という成分が含まれています

食物繊維や乳酸菌の働きを活発にするビタミンCなどが多く含まれ、腸内フローラの働きを改善し胃腸の調子を向上させ、便秘も解消されることになります。

ここで注意してほしいのはキャベツの食物繊維は「不溶性食物繊維」であるため、水を含んで膨らむ性質があります。このため体内の水分が足りないと、逆に便が固くなってしまうため、水も多めに取っておくことが大事です。
疲労回復

キャベツには以外にもビタミンCが多く含まれます。このビタミンCが免疫力向上や疲労回復に役立ちます。

更には風邪などのウイルスと戦ってくれます。

美肌効果

上でも書きましたがビタミンCとイソチオシアネートが多く含まれるため、抗酸化作用があります。この抗酸化作用は肌の老化予防・紫外線対策に役立ってくれるため、美肌効果を期待できます。

ビタミンCは体内でコラーゲン生成を助けてくれる働きもあります。

がん予防

アメリカの国立がん研究センターが1990年に「デザイナーズフーズ・プログラム」でも発表されました。

デザイナーズフーズ・プログラムではがんの予防効果のある食品を40種類挙げ、その中でも予防効果の高い順位をつけピラミッドの図で表しています。

キャベツはこのデザイナーズフーズ・プログラムのピラミッドの中で、最も重要度の高い位置にいます。他にも最重要とされる食品は、大豆、ニンニク、ショウガなどがあります。

これはキャベツに含まれる「イソチオシアネート」が発がん性物質の活性化を抑えたり、無害化してくれるためです。

胃腸の状態を改善

上の肥満予防の項目で、食物繊維とビタミンCが胃腸の状態を整えることを説明しましたが、胃腸の状態を健康するもう一つの成分として重要なのが、キャベツに含まれる「キャベジン(別名ビタミンU)」があります。

胃腸が弱っていた場合、その修復にあたり、弱っていない場合は予防をしてくれる効果があります。

キャベツの摂り方

切り口から栄養が逃げてしまうので、千切りよりざく切りがいいです。

忙しいときはコンビニの千切りキャベツでもいいですが、恐ろしいのは日持ちさせるために漬けている「消毒液」。身体にどんな影響があるかわからないため、なるべくであれば自分で買って切ったものを食べたほうがいいと思います。

冒頭でも言っているように、私は「サラダ」を推奨しています。生で食べると多くのダイエット効果が得られますが、特に以下が考えられますし、キャベツはアクが少ないので比較的食べやすいです。

酵素

キャベツに限らず、野菜には酵素という私たちの身体にとって重要な成分があります。この酵素は48℃以上の熱で死んでしまうため、生で食べたほうが効果的と言えます。

酵素は消化と代謝に働きかける成分であり、ダイエット中に必要です。

年齢とともに減っていくため、食事で意識的に摂取していくことが重要。

噛む時間

加熱して食べるより生で食べる方が噛む回数が増えます。

噛む回数が増えると、満腹中枢が刺激されお腹いっぱいになりますし、最後に食べるであろうご飯など炭水化物による血糖値上昇を緩やかにするため、太りにくくなります。

また噛むことにより唾液が分泌されます。この唾液は大事な痩せ物質です。

上で「千切りよりざく切り」と言いましたが、ここにも理由があります。大きめに切っておくことでどうしても噛む回数が増えるため、ダイエットには効果的だと言えるでしょう。

満腹感

上にも挙げましたが、噛む回数が増えると満腹感が得られます。満腹感が得られると、最後に食べる炭水化物を少量にしてもストレスになりません。

キャベツの賞味期限

キャベツの賞味期限についても説明しておきます。

  • 冷蔵:2~4週間
  • 常温:1~2週間
  • 切った場合:2日間

冷凍してしまうとサラダには適さないため避けたほうがいいです。

切ってしまうと日持ちしないので早めに食べましょう。また切り口が黒くなるのでその部分は食べないほうがいいです。

何にしても食材は時間とともに「酸化」します。酸化すると身体によくない成分が生成されてしまうため、なるべく早く食べるに越したことはないでしょう。

まとめ

やっぱりコスパがいいキャベツ。

健康効果も高くて摂らない手はないと思います。ぜひ毎日の食事に取り入れて、健康的でスリムな体を手に入れましょう。

今回の一言

「自分自身を信じてみるだけでいい。
きっと生きる道が見えてくる。」
ゲーテ(ドイツの作家)

ダイエットをするにしても何をするにしても、「私にはできる。できないわけがない」という絶対的な自信を持ちましょう。自信がない場合、何をするにしてもいい方向には行きません。

よく「根拠がないから自信が持てない」と言いますが、自信は根拠があるからできるわけではありません。自信をもって実行して、それが実現することで初めて根拠が生まれます。

自信が先で根拠は後です。


まだ慌てるような時間じゃない、今日も落ち着いて一本行きましょう。
ではまた。


何か質問があればどんな些細なことでも "コメント" もしくは "質問フォーム"から問い合わせください。



ダイエット人気ランキングはこちらです (現在10位/574中)



よろしければフォロー/友達登録お願いいたします。
Twitterアカウント:@10parsquat
Facebookアカウント:環 大介
YouTubeチャンネル:環 大介

-食事

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

体脂肪ゲキ落ち!アボカドがなぜダイエットに効果的なのか?

こんにちはダイエットコンサルタント@環 大介です。 今回はボディメイクに効果的な食材。それは… アボカドです。 有名なトップモデル(ミランダカーなど)も毎日の食事として取り入れているくらいですので、こ …

ダイエットをしていて痩せない?停滞期のあなたに効くチートデイとは

こんにちはダイエットコンサルタント@環 大介です。 あなたはダイエットをしていて、停滞が続いていませんか? この場合断っている炭水化物中心とした食事を食べる日、「チートデイ」を入れたほうがいいかもしれ …

油は体に良くないんじゃないの?油は太らないし健康に良いダイエット食材

こんにちはダイエットコンサルタント@環 大介です。 ダイエットにおいて油や脂肪の摂取についてどう考えるべきか?について説明していきます。 以前の投稿で「糖質以外の栄養素(脂質も含む)は血糖値上昇を抑え …

サラダに入れてみよう。ルッコラのダイエット効果はご存知?

こんにちはダイエットコンサルタント@環 大介です。 以前食事順を意識したダイエット法のなかで、サラダを最初に食べるということを説明しました。そのサラダの食材でお勧めする一つとして、「ルッコラ」がありま …

ダイエットでカロリーを考えるな!白米だけより白米+肉が痩せる

こんにちはダイエットコンサルタント@環 大介です。 前回までは日本人の糖質に対する耐性の低さから、摂るべき食事、カロリー制限について説明していきました。 今回は太る原因となる血糖値についての考え方と、 …

環 大介
 

 

 

名前:ダイエットコンサル@環 大介
(たまき だいすけ)
年齢:35歳
身長:179cm
体重:73kg(30歳頃は95kg
体脂肪率:14.5%(目標10%台)
→13.5%(2017/8/31)

物心ついたときから肥満児であり、 30歳までデブを貫き通す。多くの 書籍やネットを漁り、 自分流の食事/運動術を開発。この経験を活かしダイエットコンサルタントとして、有用な情報を皆さんに発信できればと思っています。自己紹介…

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031