食事

ビジネスマンなら食事を軽視するな!ビジネススキルでもある食事法とは?

投稿日:

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。

このブログを見ているあなたは僕と同様にビジネスパーソンだと思います。そして、ダイエットにチャレンジしているか、もしくはしたいのではないでしょうか?

正しい食事法は「ビジネススキル」になります。そしてその食事法の大切さについて今回は説明していきます。

食事法はビジネススキルだ!

高度経済成長期から一昔前まで、日本のビジネスパーソンは長時間、がむしゃらに働き続けることが正とされていました。

経済が右肩上がりで消費意欲も旺盛、働けば働くほど成果につながっていた時代の話です。リゲインの宣伝で「24時間働けますか?」と言うキャッチコピーにも皆違和感なく、多くの人が栄養ドリンクを飲みながら早朝から深夜まで働き続けていました。

気力、体力が続かなくなったら「気合」「根性」で乗り切る。そのワークスタイルが成果に繋がっていたのです。

しかし現代社会でこのやり方は通用しません。

効率や生産性が重要視されてきて、残業はしない方向になってきています。

「働き方改革」や「働きがい」、「ワークライフバランス」さらには「イクメン」などなど言葉がクローズアップされ、決められた時間内に成果をあげなければいけません。

そのために必要なのはなんでしょうか?「気合」?「根性」?そんなものではありません。

僕も会社に行くといまだに、朝早く来て夜遅く帰る奴がいます。しかもそいつが一人でそれをやっているならまだいいのですが、それを周りに押し付ける始末・・・まさにブラック個人です。

短時間で成果を上げるための集中力、効率的に物事を判断するための思考力、それらを維持するための疲労回復や睡眠法や、潰されないためのメンタルケア。こう言った事が最近では重要とされてきています。

残業が続いて疲れているから集中力が続かず仕事の効率が落ちていく。それによってまた残業が増えていく。そうすると、より効率が下がる。このような負のスパイラルにはまっている人は、すぐにそこから抜け出す必要があります。

このようなことから、集中力、思考力、疲労回復、睡眠、メンタルケアをし、よりハイパフォーマンスにすることは、現代の厳しいビジネスシーンを生き抜くための「ビジネススキル」ということになります。

これらのスキルを身につけるためにはどうしたらいいでしょうか?

集中力アップセミナーに参加する?疲労回復のためマッサージに通いつめる?これらも否定するわけではありませんが、最も効率がいいのは食事を見直すことです。

なぜかというと、身体や脳などあなたを構成するすべての要素はあなた自身が口に入れたもの。つまり食べたものから作られているから。

このため、食べ物を変えることは自分自身を変えて行き、仕事の成果をあげることもできますし、人生をよりよくすることもできます。

ビジネスにおけるパフォーマンスは食事から

あなたが日々食べているものというのは、あなたの仕事の成果と密接に関わっています。

例えば集中力。集中力のあるなしは、その人自身の資質によるものではありません。実は、血糖値に大きく影響されます。

よく集中力が切れたからということで、飴とかチョコレートとかの甘いものを口にする人がいます。その人の口癖は「ブドウ糖は脳のエネルギーだから・・・」と言うのです。人によってはご丁寧に市販されている「ブドウ糖」そのものを食べている人だっています。

この行為は血糖値の乱高下を招き、あなたから集中力を奪っていきます。逆に言うと、血糖値を急激に上げない食事法を身につければ、集中力を持続させることができます。

また、脳という観点から考えると、思考力や判断力も食事と深い関係があります。3大栄養素の一つでもある「脂質」には、脳の働きを補助する効果が確認されています。

脂質は悪いものというイメージを持っている方も多いかもしれませんが、脂質といっても多くの種類があるのです。

当然体にべらぼうに悪い摂取するべきではない脂質も存在しますが、きちんとした知識を身につけて自分で選べるようになれば、思考力や判断力を上げる大きな武器となります。

さらに、疲労回復には欠かせない「いい睡眠」も食事による影響が大きいです。睡眠と食事との間にはあまりつながりがなさそうに思えますが、大きな関係があるのです。

睡眠の質を高めるための方法として、毎朝「体内時計」をリセットすることが挙げられ、そのためには朝食を工夫する必要があります(これについては別の投稿で紹介します)。

また継続して成果を上げ続けるために必要な要素として「メンタルケア」があげられます。仕事の成果はその時抱えているストレスや精神状態で大きく変わるからです。

そしてメンタルも食事と関係しています。

例えば、気持ちの落ち込みをなくすためには、ビタミンDという栄養素が必要です。ビタミンDは食事で取らなくても日光に当たることで体内で作り出すことが可能ですが、曇りや雨の日が続くと、食べ物から吸収する必要があります。これをしないと、精神状態が天気に左右されるようになり「雨の日はやる気ない!」というムラが出てしまいます。

実際のところ、冬場の日照量が極端に少ない緯度の高い国では、気持ちが落ち込みやすい人が多いそうです。

また、腸内細菌もメンタルに関わりがあります。

腸内の状態が乱れてくると、ストレスや不安に対する耐性が落ち、仕事のパフォーマンスにも影響を与えます。これも食事によって正常にすることができるのです。

食事を見直そう

「バランスの良い食事をとりましょう」と言われることは多いのではないでしょうか?

しかしそのように心掛けて食事をしているつもりでも、現代人が過剰摂取してしまいがちなものがあるんです。

それは「糖質」です。知らず知らずに糖を摂取してしまう食品が多くなったので、自ら意識しなくても実は過剰な量を摂取しているのが現状です。

糖の過剰な摂取は仕事のパフォーマンス低下につながります。

脳内で分泌される神経伝達物質にはセロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンなどがあります。私たちが安定した精神状態を保つためには、これらの脳内物質がバランスよく分泌されている必要がありますが、過剰な糖の摂取はそれを邪魔します。

糖を摂取すると血糖値を下げるため、大量のインスリンが分泌されます。そのインスリンが自律神経を刺激し、「やる気・元気」のもとになるドーパミンの分泌量が低下。「なんとなく気分が晴れない」「やる気が出ない」などの「うつ」症状につながることさえあります。しかもその大量のインスリンはあなたのその脂肪を作るホルモンでもあるのです。

「糖質」の過剰な摂取が健康の問題だけではなく、メンタルに大きな影響を及ぼします。

たとえば昼食に糖質を多く含む炭水化物系の料理をたくさん食べると、午後の仕事のパフォーマンスに影響を及ぼすこともあります。ランチの後に眠くなるのは、この糖質を食べたせいだったんですね。

そして仕事がうまくいかないからと、夜に居酒屋で大量のビールを飲んだらどうなるでしょうか。ビールにも多くの「糖」が含まれていますから、負のスパイラルです。

過去、昭和の時代では、家事は機械化されておらず手作業、仕事と言えば「歩く」などいつも全身を使う労働が多く、人間の体はエネルギーをたくさん必要としました。

しかし現代は、電車、バス、自動車、の交通の発達で歩く量の減少、そしてパソコンに向かう作業や話すことが中心。「コメ」や「麺類」、「パン」などの炭水化物という「主食」の必要性は下がっているのです。「日本人にはコメ」という信仰も今の時代では思い込みに過ぎません。

3大栄養素と言われてきた炭水化物、タンパク質、脂質も、それぞれの役割を見ると、アミノ酸に分解され体のあらゆる部分を作るタンパク質、体を形成する60兆個の細胞の、細胞膜の主成分となる脂質も欠かせません。

しかし、糖質は体内でブドウ糖に分解され、エネルギーになるだけです。ただ、それだけなのです。つまり栄養はほとんどないと考えていただいて問題ありません。

車に例えればガソリンです。車に乗って移動する必要がないのに、現代人の私たちはガソリンを補給し過ぎなうえに、仕事のパフォーマンスを低下させ、メンタルにも大きな影響を及ぼしかねない厄介者ということになります。

優秀なビジネスマンの中には「糖質制限」「減糖」を意識して実践している人も少なくありません。

まずは「減糖」を意識することが、糖が及ぼすスパイラルから脱却し、仕事で最高のパフォーマンスを発揮するための最短距離です。

まとめ

食事が僕たちビジネスパーソンにとってとても重要、1番重要であると言っても過言ではありません!

日々の食事を見直し、会社でも一目おかれる存在になりましょう。


まだ慌てるような時間じゃない、今日も落ち着いて一本行きましょう。
ではまた。


何か質問があればどんな些細なことでも "コメント" もしくは "質問フォーム"から問い合わせください。



ダイエット人気ランキングはこちらです (現在10位/574中)



YouTubeに動画もアップしています。 よろしければチャンネル登録お願いいたします。
YouTubeチャンネル:環 大介

-食事

執筆者:


  1. […] ていた場合、なんらかの対策を行う必要があります。まず見直すべきは「食事」から。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ダイエット中でも老けたくない!アスタキサンチンのすごい若返り効果

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。 最近テレビなどで「アスタキサンチン」という単語を耳にすることがありました。この「アスタキサンチン」あなたを若々しくしてくれる効 …

ダイエッターに朗報です!外食でも糖質制限がしやすくなりました

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。 最近糖質制限食が少しずつ認められていることの表れとして、 外食業界が糖質制限メニューを出すようになってきました。 とてもうれし …

油は体に良くないんじゃないの?油は太らないし健康に良いダイエット食材

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。 ダイエットにおいて油や脂肪の摂取についてどう考えるべきか?について説明していきます。 以前の投稿で「糖質以外の栄養素(脂質も含 …

糖質制限効果UPのためにMCTオイルを摂ろう。なぜ相性がいいのか?

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。 脂(油)は身体に良いものと悪いものがあり、良い油であればダイエット中でも毎日摂取するべきことを言ってきています。 良い油の中の …

ダイエットでカロリーは見るな!糖質制限は科学的根拠のある方法です

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。 僕は糖質制限を勧めていて「糖質は悪」「糖質は摂るんじゃねぇっつってんだろ!」と何度も主張してきました。今回は実際に研究されてい …

環 大介
 

 

 

名前:30代サラリーマン専門ダイエットコンサル@環 大介(たまき だいすけ)
年齢:35歳
身長:179cm
体重:73kg(30歳頃は95kg
体脂肪率:14.5%(目標10%台)
→13.5%(2017/8/31)

物心ついたときから肥満児であり、 30歳までデブを貫き通す。多くの 書籍やネットを漁り、 自分流の食事/運動術を開発。この経験を活かしダイエットコンサルタントとして、有用な情報を皆さんに発信できればと思っています。自己紹介…

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031