考え方

なぜビジネスで太っていることが問題なのか

投稿日:

こんにちはダイエットコンサルタント@環 大介です。

今回は太っているとどんなデメリットがあるか?
について説明していきます。

最初の印象は「外見」のみ

残念ながら誰もが最初は「外見」で判断してしまいます。
この中で太っていると第一印象は最悪と思ったほうがいいです。

当然内面を磨くことで、自分の魅力を上げることは可能でしょう。しかし、外見のマイナスからのスタートなので、よっぽどトーク力を上げるとか、包容力を上げるとかを抜きんでないとほかの人より評価は良くはならないでしょう。

例えば友達や恋人などの深い関係であれば、あなたの内面を深く知ってくれているため、外見より内面を見て付き合っていると思います。

しかし、初対面の人に会うとき相手は外見でしかあなたの情報を得るものがないため、外見から内面を推測してしまいます。

太っている人に対してしてしまう推測として挙げられるのは

  • 自己管理ができていないんだな。仕事上もだらしないかも…
  • 外見を意識しない人なんだな。自己アピール能力が低い人なのかも…
  • 健康に気を使っていないんだな。長期的にみるとパフォーマンスを落とすかも…

と思われかねません。

健康リスクが高い

上でも言いましたが、太っていると健康リスクが高いです。もしも体調を崩してしまい、入院をしてしまうことになってしまった場合、収入を失う可能性もあるわけです。

また入院によって仕事を他の人に任さざるを得なくなり、周囲に迷惑をかけてしまうなど、パフォーマンスに影響します。

そして「太っていても健康」という情報があったりしますが、これは事実ではありません。以下引用です。

「太ってても健康」は都市伝説=英研究

 

太っていても医学的に健康でいられるという発想は都市伝説――。英バーミンガム大学の研究チームによるこうした報告が、ポルトガルで開かれている欧州肥満学会議で発表された。

太っているときの健康リスクは

心臓への負担が高い

肥満になり身体が大きくなると、その分血管が長くなります。血管が長くなると、その分身体全体に血液を送る距離が長くなるため、心臓への負担がかかるというわけです。
パーソナルトレーニングジムで最近やせた松村邦洋さんも心臓に持病を持っていました。

膝・腰への負担が高い

肥満になって体が重くなると、膝と腰への負担が高いです。歩いているだけでも膝には体重の2倍から3倍程度の負担がかかります。よく太っている人が「膝に水がたまる」という現象も、この負担による炎症の一つです。

私も太っていてダイエットをしようとした際、まずジョギングから始めてしまい、膝が痛くなってやめるということが多かったです。

ダイエットはまず食事からと言うことが、ここからもわかりますね。

睡眠が浅くなる

睡眠が浅くなり、睡眠障害に陥る可能性もあります。

また首の周りに脂肪がつくことで、「睡眠時無呼吸症候群」になってしまうことも挙げられます。

電車の運転手がこの「睡眠時無呼吸症候群」によって、自分が睡眠を十分にとれていないことを気づかず、運転中に居眠りをしてしまうケースがありましたね。

糖尿病

血糖値を下げる働きをする「インスリン」と言うホルモンがあります。肥満になって内臓脂肪が増えると、このインスリンの働きを阻害する物質が分泌されてしまうため、糖尿病につながってしまいます。

営業でも弊害がある

太っているとどうしても動くことに抵抗がある場合が多いです。

営業は客先に出向いたりするなど身体を動かすことも多いため、そこで身体を軽くしておくのも重要なことです。

また昼食を多く食べすぎてしまうことにより、昼過ぎに眠くなってしまいパフォーマンス低下を常態化させてしまうリスクもあります。

正しい食事法を身に着け、常にハイパフォーマンスな状態にしておきましょう。

今回の一言

「男の一生は、美しさを作るためのものだ。俺はそう信じている」
土方歳三(新撰組組長)

新撰組組長土方歳三の一言。男としてはしびれる一言ですね。

これは恐らく外見ではなく内面としての美しさを言っているのだと思います。

このブログではダイエットやボディメイキングを主体にして紹介しているため、ずれているかと思われるかもしれませんが、外見を良くしていくと、内面も磨かれていくものです。

自分を内面・外見両方で磨いていきましょう。

 

まだ慌てるような時間じゃない、今日も落ち着いて一本行きましょう。

 


関連リンク:

25kg、減る!

どうやればダイエットは成功するか

かっこいい身体にするにはどうすればいいか?

 


何か質問があればどんな些細なことでも
“コメント” もしくは “質問フォーム“から問い合わせください。



ダイエット人気ランキングはこちらです


よろしければフォロー/友達登録お願いいたします。
Twitterアカウント:@10parsquat

Facebookアカウント:環 大介

-考え方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

あなたの貴重な時間を浪費しないようにしましょう

こんにちはダイエットコンサルタント@環 大介です。 先日あるまとめ記事のコラムで、 「深呼吸でお腹がへこむ」 というものを見ました。 私はこういった主張に疑問があります。 深呼吸くらいで痩せるなんてこ …

ダイエットをしているのに、睡眠時間を削っていませんか?

こんにちはダイエットコンサルタント@環 大介です。 ダイエットやボディメイクに欠かせないことが他にもあります。 それは睡眠をしっかりとるということです。 ダイエットでの睡眠 コロンビア大学の研究チーム …

人生において優先順位を決めよう

こんにちはダイエットコンサルタント@環 大介です。 こういった仕事をしていると、 「仕事が忙しくて食事を作っている時間がありません、筋トレしている時間がありません」 とか 「飲み会が多くてできません」 …

なぜダイエットでPDCAを使う必要があるのか?

こんにちはダイエットコンサルタント@環 大介です。 ダイエットコンサルタントをしていると、多くの不満を聞くことがあります。私もそうでしたが、このブログを見に来たあなたは多くのダイエットをして挫折してき …

ダイエットにまつわる多くの間違った情報

こんにちはダイエットコンサルタント@環 大介です。 先日東洋経済オンラインで気になる記事が投稿されていましたので、 私の見解とともに紹介させていただきます。 「栄養」について知らない「栄養士」が多すぎ …

更新情報やブログでは書ききれなかった有用な情報をお届けいたします。

環 大介
 

 

 

名前:ダイエットコンサル@環 大介
(たまき だいすけ)
年齢:35歳
身長:179cm
体重:73kg(30歳頃は95kg
体脂肪率:14.5%(目標10%台)
→13.5%(2017/8/31)

物心ついたときから肥満児であり、 30歳までデブを貫き通す。多くの 書籍やネットを漁り、 自分流の食事/運動術を開発。この経験を活かしダイエットコンサルタントとして、有用な情報を皆さんに発信できればと思っています。自己紹介…

2017年10月
« 9月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031