筋トレ

筋トレをすると体重が増えてしまう…その理由とは何でしょうか?

投稿日:2017年10月7日 更新日:

こんにちはダイエットコンサルタント@環 大介です。

筋トレをすると体重が増えます。でも心配する必要はありません。
今回は筋トレを始めたときの体重増加の理由について説明します。

私が紹介する方法は、

  1. 食事順
  2. 糖質制限
  3. 筋トレ

ですが、食事順は「体重を落とす」ことを目的とし、糖質制限と筋トレは「体脂肪を落とす/ボディメイキングをする」ことを目的としています。

そしてこの食事順・糖質制限の後に筋トレを始めると、体重が増えると思います。特に筋肉の付きやすい筋トレ初心者は増え方が早いです。

目的が体重を落とすことではないため、このあたりから体脂肪率の変化を見るようにするとわかりやすいでしょう。

なぜ筋トレで体重が増加するのか?

筋トレで体重が増加する理由も多くの原因が挙げられます。私も食事法から筋トレを始めるようになってから体重が5kg弱増加しています。

筋トレを始めた際に体重増加をしても、それは必ずしも悪い反応ではありません。自分でいい増加か悪い増加かを見極めていきましょう。

ではその理由は何でしょうか。
筋肉が増加している

まず始めは筋肉が増加しているためです。

筋トレを始めた方は今まで運動をしてこなかった方が多いと思います。この場合いつも運動している方に比べて、筋肉がつきやすいため体重が増えていくと思います。

筋肉増加によって体重が増えても、ボディメイクの観点ではいい方向に行っていると考えてください。

脂肪が増えて体重が減った場合は、悪い方向に行っています。筋肉が減って脂肪が増えていく場合は見た目はきれいではないのに、体重が減っていくことになります。

筋肉増加はボディビルダーの世界では1年間に2kg~3kgが限界と言われているため、そこまで見える増加につながらないこともあります。

筋トレ後による炎症反応

筋トレをすると筋肉を破壊しているため、「炎症反応」が起こります。

筋肉を破壊するとその傷を修復することで、より太い筋肉を作ることになるため、正常な反応と言えます。

これを繰り返すことで、より強い負荷にも耐えれるようになりどんどん筋力が上がっていきます。

この修復のプロセスでは水分を多く必要とし、この水分が体内に蓄えられうことで体重増加として現れてくるというわけです。

この炎症反応は回復の過程で起きるものであり、一時的ですのでずっと続くわけではありません。

この回復を早く終わらせるためには、筋トレ直後のプロテインに始まり、しっかりとタンパク質脂質を摂るようにしましょう。

食生活を変えてしまっている

私が紹介している、食事順や糖質制限と言うものがありますが、筋トレを始めてしまうと、「運動しているから食事はいいよな…」って思ってしまい、炭水化物の過剰摂取や間食などを多くしてしまっていませんか?

この場合の体重増加は単純に「脂肪が増えている」ことになりますので、今までのダイエットから逆行してしまっています。

筋トレをすると体が疲れるため、より栄養を欲します。この時にこそ「プロテイン」を飲んでください。プロテインは美味しいものも多いです。イマイチなものもありますが、自分で美味しいものを探して、間食に取り入れてみてください。私が紹介しているプロテインは間違いないです。

※ちなみに筋トレ直後の若干の炭水化物摂取は、筋肉増加にいい可能性もあるため20g-50gくらい摂取して、調整してみてもいいと思います。

筋トレを始めて体重増加しても気にしない

筋トレを始めて体重増加する理由を挙げましたが、食生活の変化以外は気にしないでください。

「体重増加=脂肪増加」ではありません。

体重は脂肪以外に筋肉、骨、水分などが含まれるため、筋トレによっておこる体重増加は主に水分量増加によることが多いです。

そして筋肉をつけた際の体重増加はいいことです。

筋肉をつけると基礎代謝量がアップし、太りにくい身体を作ることになります。基礎代謝は何もしなくても消費するカロリーなため、極端な話寝ていても痩せる状態が作れます。

「筋肉量が多い身体=脂肪がつきにくい身体」となり、ボディメイクにはもってこいの運動と言えるわけです。

今回の一言

「新しいことを勉強していると、世の中は怖くありません。
何もしないでじっとしているから、怖くなるんです。」
林家 彦六(落語家)

私が生まれた年に亡くなった落語家である、林家彦六さんの一言。

私もダイエットに対して前向きに考え始め、多くの本を読んだりウェブをあさったりセミナーに参加したりなど情報収集を始めることで「不安」と言うのは減ってきました。

ある情報が入ってきたら「この方法を使えば、もっと良くなるかも?」と思うようになるからです。

逆に何も情報収集していない場合「今この方法で、良い方向に行かないけど、他に方法がない…ダメだ。」と考えてしまっていたと思います。

このため私は現在も情報収集することを欠かしません。

あなたも新しい方法を勉強し、新しい方法を実践してみましょう。


まだ慌てるような時間じゃない、今日も落ち着いて一本行きましょう。
ではまた。


何か質問があればどんな些細なことでも "コメント" もしくは "質問フォーム"から問い合わせください。



ダイエット人気ランキングはこちらです (現在10位/574中)



よろしければフォロー/友達登録お願いいたします。
Twitterアカウント:@10parsquat
Facebookアカウント:環 大介
YouTubeチャンネル:環 大介

-筋トレ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ダイエットしてから何だか不調…そんなあなたは筋トレをしなさい!

こんにちはダイエットコンサルタント@環 大介です。 昨日は筋トレしようとジムに向かったのですが(いつもは日曜ですが…家族でサンリオピューロランドに行った関係で昨日にずらしました)、ま・さ・かの休館日… …

男は背中で語れ!ラットプルダウンで逆三角形の背中のシルエットを作る

こんにちはダイエットコンサルタント@環 大介です。 筋トレの中でも背中を大きくし身体のシルエットを逆三角形に見せてくれる「ラットプルダウン」について説明していきます。 ラットプルダウンとは 逆三角形の …

筋トレは限界を超えることが重要!重量はこのように設定してください

こんにちはダイエットコンサルタント@環 大介です。 今回は筋トレにおける重量の設定方法について説明します。 筋トレは自分の限界を超えることが絶対条件であるため、重量設定は重要です。 筋トレを行っていく …

かっこいい身体にしたい!ダンベルショルダープレスで逆三角形にする

こんにちはダイエットコンサルタント@環 大介です。 筋トレの中でも肩を大きくし逆三角形の身体に見せることができる、「ダンベルショルダープレス」について説明していきます。 ダンベルショルダープレスとは …

ダイエットでは脚を重点的に鍛えよう。レッグプレスで基礎代謝アップ

こんにちはダイエットコンサルタント@環 大介です。 今回は脚を鍛えるためのマシン「レッグプレス」について説明していきます。 レッグプレスは大きなマシンのため、基本的にはジムでやることになります。 私は …

環 大介
 

 

 

名前:ダイエットコンサル@環 大介
(たまき だいすけ)
年齢:35歳
身長:179cm
体重:73kg(30歳頃は95kg
体脂肪率:14.5%(目標10%台)
→13.5%(2017/8/31)

物心ついたときから肥満児であり、 30歳までデブを貫き通す。多くの 書籍やネットを漁り、 自分流の食事/運動術を開発。この経験を活かしダイエットコンサルタントとして、有用な情報を皆さんに発信できればと思っています。自己紹介…

2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031