最強のサプリ!僕たちが口に入れるものの中で最もこだわるべきは〇〇!?

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。

ダイエットをしていようがしていなかろうが、僕たちが多かれ少なかれ日々口に入れているものがあります。それが何かわかりますか?

それは「水」です。もしかしたらコーヒーやお茶とかばかりで、水をあまり飲んでいないと言う人もいるかもしれませんが、そうはいっても少しは飲んでいるのではないでしょうか?(さすがにこのブログを定期的に読んでいる方で、今だに毎日炭酸ジュースなどを飲んでいるなんてことはありえないと思いますが・・・)

僕はだいたいコーヒーなどは含めず、1日3リットル〜4リットルの水を飲むようにしています。

水は最強のサプリです!

今回は水があなたの体に対してどんな効果をもたらすのか説明していきます。

水の効果効能

ここでは水を飲むことによって得られる、効果・効能について紹介していきます。

エネルギーアップ効果

血液の粘着度を下げ、サラサラにすることで血流を促進します。これにより酸素や栄養がスムーズに全身に運ばれて、体内の化学反応も活発化。その結果、代謝がアップし、体脂肪の燃焼につながります。脳の回転もアップします。

リラックス効果

1日を通してゆっくりこまめに飲むことで、中枢神経が和らぎ、リラックス効果が高まります。

その結果、質の高い睡眠につながり、ぐっすり眠ることができるようになるでしょう。質の高い睡眠によって、精神の安定も得られます。

デトックス効果

利尿作用や発汗作用を促進し、体液の循環を良くすることで、老廃物や毒素を体外に排出する効果が高まります。

排便のリズムも安定し、便秘の解消にも役立つのです。

水を飲むことによって、トイレに行く回数が必然的に高まりますが、定期的な排尿は健康な体づくりに効果があります。

ここで便秘の定義ってご存知でしょうか?日本内科学会では「3日以上排便がない状態」としていますが、若干おかしいようにも感じます。やはり1日にだいたい1〜2回が自然でしょう。

もし詰まり気味だと感じるならば、余計に水を飲むようにしましょう。(食物繊維の摂取や、いい油の摂取も重要です。)

自然治癒力がアップ

生命活動に必要な水分が、常に体内にある状態を保つことで、新陳代謝のリズムが改善され、体を本来あるべき状態に改善する効果が得られます。

この結果から、病気や怪我などの回復も早くなります。

水の飲み方

飲み方のポイントとしては、お茶やコーヒーではなく、純粋に水を飲むこと。理想的な飲み方はコップ1杯程度(200ml)をめどに、1日を通じて少しずつ飲むことをお勧めします。

そして飲む量は例えば、体重が60kg〜70kgの成人男性の場合、1日に必要とされる総摂取量は3リットル程度です。(体重 x 40〜50ml)

このため、1日に15回程度コップ一杯の水を飲むようにしてみましょう。

こまめに飲んだほうがいい理由としては、1度に大量の水分を摂取しても、身体の受容量には限界があるからです。体内の水分は一定量以上になると排出されてしまいます。

またあまり一気に飲むと「水毒」という東洋医学では知られている言葉もあります。逆に水を飲むことによって体調に不調をきたすことがあるのです。

そしてそれは一気にたくさん飲むと現れやすいんだそうです。

水を一気に飲み過ぎず、こまめに飲んで自分の身体とも相談してみてください。

「3リットルを1日に飲むなんて・・・」と思った方もいるかもしれません。だけど、普段から目の前に水を用意しておいてください。意外にも結構な頻度で水を飲むことができます。

基本的には水道水ではなく、「ミネラルウォーター」を購入して飲んでください。水道水には身体に有害な塩素が含まれているためです。

人によっては食器を洗うときも浄水器を通した水で洗い、身体を洗う時もシャワーヘッドに浄水器をつけているのだそうです。

水ダイエットとは?

水の飲み方をしっかりすることでダイエット効果も得られます。さすがにこれだけで痩せようとするのはあまりよろしくはないと思いますが、一つの方法として習慣に取り入れるのはいいでしょう。

では水ダイエットの方法はなんでしょうか?

食事前にコップ1〜2杯飲む

水ダイエットをするうえで、水を飲むタイミングは非常に重要です。

特に食事前のタイミングというのは、食事での摂取カロリーを減らす効果もあるという研究結果もあり、ダイエットに最適なタイミングと言えるのです。

このタイミングで水を飲むと、食事から摂取するカロリーを75~90カロリーも減らせるのだとか。

さらに僕がオススメしている「サラダから始まる食事順ダイエット」などで、サラダをたくさん食べる場合は水分が必要です。

なぜかというとサラダに含まれる野菜はほとんどが、「不溶性食物繊維」です。不溶性食物繊維は、水を吸って膨らむ性質があるため、お腹の中で満腹感が得られると同時に、水分がある事でデトックスにつながります。逆に十分に水をとっていないと、排出のために摂ったサラダが便秘を招いてしまうことにあるのです。

食事中に水をたくさん飲んでしまうと、食べたものを消化する効果が弱まってしまうため良くありません。

水ダイエットをする際は意識して、1日3食の食事前に水を2杯飲むようにしましょう。

水は好きなものでいい(水道水以外)

細かいことを気にする方なら、水ダイエットの時に飲む水は何がいいか、気になってるのではないでしょうか。

水にも軟水や硬水、炭酸水やミネラルウォーターや水道水など、色んな種類の水があります。

ですが、結論から言ってしまうと、水ダイエットで飲む水は水道水を除いてはなんでも効果があります。

硬水が効果がある、炭酸水が痩せやすいなど、噂レベルでは色々とありますが、どの水も成分や価格・味などの面で一長一短です。

そうであれば、毎日大量の水を飲まなければならないので、自分が一番飲みやすい水を選ぶのが一番です。

色々な水を試してみて、一番自分に合うと思った水で水ダイエットを続けてみてください。

ちなみに僕は「シュワシュワ感」が欲しいため、炭酸水を朝このブログを書きながら飲んでいます!

常温の水を時間をかけてのむ(一気飲みはしない)

夏場などは冷たく冷えた水を一気に飲みたいと思うことはありませんか?

ですが水ダイエットで痩せようと思うのであれば、冷やした水ではなく、常温のぬるいくらいの水を飲むようにしましょう。

冷たい水を一気に飲んでしまうと、内臓など身体の中を冷やしてしまい、代謝を悪くしてしまったり、体調を壊してしまう原因にもなります。

逆に水を沸騰させた白湯として飲むと、血液の流れも良くなり内臓も暖められるので、脂肪燃焼の促進や基礎代謝の向上など、ダイエットにもメリットがあります。

ただしあまり暑い日に熱すぎるものを飲むのも「熱中症」という観点からは考えものです。自分の身体と相談して、あまりに熱い日は白湯よりも常温くらいがちょうどいいでしょう。

また、水を喉が渇いた時にがぶ飲みするのではなく、気づいたタイミングでこまめに飲むほうが、身体に対して良い影響をもたらしてくれます。

ペットボトルの水を持ち歩いて、こまめに水分補給をするようにすると良いでしょう。

アルコールやカフェイン、砂糖の入った飲み物は注意

ダイエット中とはいえ、飲み会などの付き合いもあるでしょうし、そんな中でお酒やコーヒーを飲んだりすることもあるでしょう。

ですが、これらを飲んだ時には必ず「水を飲んでリセットする」という意識をしてください。

アルコールやカフェインなどは、飲むとその排出のために、多くの体中の水分を失うことになります。

すると身体が水分不足の状態になってしまうので、なるべく早めに水を飲んで水分補給をするようにしましょう。

また甘いものは、当然ながら砂糖を多く含んでいるので、基本的には摂取は控えてください。ダイエットの敵です。

仮に甘いものを飲んでしまった場合は、水を飲んで薄めるという意識で、リセットをこころがけてください。

まとめ

僕たちの身近にある「水」について説明していきました。

意外に意識をしないと、僕たちの水の飲む量は少ないことが多いです。まずは意識的に1日に適切な量の水をこまめに取ることを心がけましょう。


まだ慌てるような時間じゃない、今日も落ち着いて一本行きましょう。
ではまた。


何か質問があればどんな些細なことでも "コメント" もしくは "質問フォーム"から問い合わせください。



ダイエット人気ランキングはこちらです (現在10位/574中)



YouTubeに動画もアップしています。 よろしければチャンネル登録お願いいたします。
YouTubeチャンネル:環 大介

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

名前:30代サラリーマン専門ダイエットコンサル@環 大介(たまき だいすけ)
年齢:35歳
身長:179cm
体重:73kg(30歳頃は95kg
体脂肪率:14.5%(目標10%台)
→13.5%(2017/8/31)

物心ついたときから肥満児であり、 30歳までデブを貫き通す。多くの 書籍やネットを漁り、 自分流の食事/運動術を開発。この経験を活かしダイエットコンサルタントとして、有用な情報を皆さんに発信できればと思っています。自己紹介…

ピックアップ記事

  1. ダイエットでカロリーを減らすことは、結局のところ継続できずに辞めてしまうことが多い方法です。…
  2. あなたは会社などで何を飲んでいますか?飲み物も意識して飲むことで、ダイエットの効果を期待できます…
  3. 僕は前の投稿で筋トレをやるなら長々とやらないことが大事で、一瞬でも「限界を超えること」に最も意識する…




PAGE TOP