運動

太る体質になっていく!?有酸素運動はダイエットに最適ではない理由。

投稿日:

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。

あなたはダイエットをしようと考えた時、まずジョギングなどの有酸素運動をすることが多くなかったでしょうか。

有酸素運動をダイエットとして取り入れても、最初のうちは体重が減ったかもしれませんが途中から減らなくなったり、むしろ増えていってしまったりしてませんでしたか?

実は有酸素運動をダイエットに取り入れても、逆に体に良くないことが多いことがわかりました。今回はダイエットで有酸素運動をするべきではない理由について説明していきます。

どんどん老化が進んでいく!?実際はやるべきではない有酸素運動

ぽっこりお腹の解消をはじめ「ダイエット」を目的にする方々の間では、なぜか「有酸素運動が最も効果的」という信仰めいたものが根強く残っているようです。

僕も高校の時に読んだ雑誌「Tarzan」のジョギング特集の中で、「ジョギングしているのに太っている人なんていない」って言い切られたのを読んでから、学生時代は「ダイエット=有酸素運動」と考えていました。

この考えも100%間違いということではありませんが、別の一面から見てみるとあまりお勧めできる方法とは言えないです。

脂肪を燃焼させるためには代謝機能の向上が大事であり、このためにしっかり筋肉をつける必要があります。なぜかというと筋肉量が増えると基礎代謝が高まるからです。

この考え方を忘れないようにしてください。つまり重要なのは「筋肉を大きくすること」です。筋肉をつけると「運動していない時間も脂肪を燃焼しやすい体」になれます。一方有酸素運動では「運動をしている最中」しか脂肪は燃焼しません。

また、有酸素運動で重要なのは、運動と食事のバランスです。有酸素運動は確かにエネルギーを大量に消費します。しかしその分つい食事量が多くなってしまうことも事実。ダイエットしているのになかなか体重が落ちない原因のほとんどは、この運動と食事のアンバランスさにあるのです。

さらに有酸素運動で酸素をたくさん吸ってしまうと、体内の活性酸素が増え、このために身体が酸化していきます。体内で酸化が進んでいくと老化を促進してしまうのです。ダイエットとか健康のためにやっている有酸素運動で老化なんてしなくないのではないでしょうか?

またさらに有酸素運動には知られていないデメリットがあります。

有酸素運動だけを毎日何時間も続けると、UCP3という「痩せ遺伝子」が減っていくことが科学的に証明されています。

また、筋肉を削りエネルギーに変えるホルモン「コルチゾール」が出てしまう危険性もあるのです。脂肪を燃やしてくれる焼却炉が筋肉であるから、運動してカロリーを消費しようにも消費できなくなってしまうと言うことになります。

有酸素運動は、やればやるほど筋肉が落ちていくんです。マラソン選手を見たらわかると思いますが、筋肉も脂肪も余分なものをすべて排除した身体が一番適しています。いわゆる省エネな身体で、少ないエネルギーで長い距離を走ることができるんですね。いわゆるこれが老化していっていると言うことです。

つまり有酸素運動だけをずっとやっていると、あの身体に近づいていきます。そして有酸素運動をやめてしまったときには完全に省エネで、脂肪が付きやすい身体になっていると言うことです。

基本的にスポーツジムでは、月額もしくは回数ごとに高い料金を支払って利用することが多いですよね。こうなると「せっかく高いお金を払っているんだから」と長時間ずっと利用する人が多いですが、これも実はダイエットには逆効果となる。

長時間やればやるほど痩せるというのも間違いで都市伝説です。

長時間の有酸素運動では、身体が危険を感じてかえって脂肪を蓄えようとするんです。

長くても30分くらいでいい。これ以上やったら筋肉を分解して脂肪も使わないし、本来の人間が持っている、自分の命を守るために、脂肪を蓄えようとする作用が働いてしまうのです。

有酸素運動にこだわって「毎日ランニングを1時間」するより、「週に2,3日くらいスクワットを10分」した方がよっぽど効果的です!スクワットは筋トレの王様。効果も非常に高いので是非ダイエットに取り入れてみてください。

お腹をへこませるのに腹筋をしすぎるな!

「へこんだお腹」とか「腹筋を鍛える」などという言葉から、みなさんが思い浮かべるのはかっこいいカラダの代名詞。いわゆる「6パック」、6つに割れた腹筋のイメージだと思います。ではブラッドピットやEXILEのメンバーみたいに、「バッキバキに割れた腹筋」を手に入れるにはどうするのがいいのでしょうか?

「バッキバキに割れた腹筋にするんだから、ひたすら腹筋を繰り返せばいいんでしょ?」

残念。不正解です。
・・・とはいう僕も学生時代はひたすら腹筋してた時もありました。家でもできますしね。でもあなたも「そういえば結構腹筋を頑張ったことがあるけど、結局、お腹はへこまなかった・・・」と言うことを考えていませんか?

お腹をへこませるのには効果的なトレーニングはまずこの3つをやりましょう!
それはスクワットベンチプレスデッドリフトです。筋トレの世界ではBIG3と言われ、これさえやっておけば大丈夫とされています。

「お腹周りとこの3つの運動って全然関係ないじゃん!」
と思っていませんか。確かに鍛えられる箇所は、

  • スクワット:脚(太もも)、臀部(お尻)
  • ベンチプレス:胸と腕
  • デッドリフト:背中と脚

腹筋とは一見関係がなさそうです。しかし、いくつか大きな共通点があります。それは、どれも「大きな筋肉」だと言うこと。改めて、ブラッドピットやEXILEのメンバーの体を観察してみてください。太もも、お尻、胸、腕、背中、といった部位に大きな筋肉がついていることがわかると思います。

ではこのような大きに筋肉を鍛える意味はなんでしょうか?実は大きな筋肉は大きな力を出すことができ、その分大きなエネルギーが必要になります。つまり、大きな筋肉は「消費するエネルギーが多い」のです。

つまり大きな筋肉を鍛えることで、消費するエネルギー量は多くなり、その結果脂肪もどんどん燃焼していくと言うこと。そして脂肪さえ落としてしまえばその下に隠れていた腹筋が少しずつ姿を見せ始めるのです。

このため腹筋ばかりを繰り返しやり続けるのはやめましょう。どんな人も腹筋は脂肪の裏ですでに割れています。このため脂肪がなくなったら6パックになるわけです。

そして腹筋はとても薄い、小さな筋肉です。こればかりをやったところで脂肪は燃焼されません。

ただし全くやらないよりかは、筋トレの最後の仕上げに少し取り入れるのであれば効果はあります。なぜかと言うと腹筋をすることによって、脳に「ここに腹筋があるから、脂肪はいらないよ」と言う信号を送ることになるからです。

なぜお腹周りに脂肪がたまるかと言うと、お腹には内臓があります。そしてその内臓を守るためには腹筋だけでは物足りないと脳が考えてしまうんですね。そのため内臓を守るために脂肪の防壁を作り出すのです。

僕たちサラリーマンは日々時間がないと思うので、まず上に書いたBIG3を取り入れてみて、時間があれば少しの腹筋も最後にやってみましょう。

まとめ

今回はダイエットでまず最初に思い浮かべがちな有酸素運動をするべきではない理由について説明していきました。

ダイエットで運動するなら有酸素運動より筋トレです。ぜひ週に2,3日程度、ジムか自宅(ダンベル)でトレーニングをしてみてください。

この際大きな筋肉から鍛えていくことも大事です。上に書いたようにBIG3をまずやってみましょう!


まだ慌てるような時間じゃない、今日も落ち着いて一本行きましょう。
ではまた。


何か質問があればどんな些細なことでも "コメント" もしくは "質問フォーム"から問い合わせください。



ダイエット人気ランキングはこちらです (現在10位/574中)



YouTubeに動画もアップしています。 よろしければチャンネル登録お願いいたします。
YouTubeチャンネル:環 大介

-運動

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ダイエットで有酸素運動のみは行うな!筋トレも取り入れた運動を行え!

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。 僕は有酸素運動はあまりオススメしていません。その理由としては、有酸素運動ばかりを行なって無酸素運動である筋トレを行なわないと、 …

ダイエットは選別が重要。あなたの貴重な時間を浪費しない

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。 先日あるまとめ記事のコラムで、 「深呼吸でお腹がへこむ」 というものを見ました。 私はこういった主張に疑問があります。 深呼吸 …

ダイエットは運動よりもまず食事を見直そう。食事が9割を占める

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。 最近娘(4歳)が妖怪ウォッチをAmazonプライムビデオで見るようになりました。 エンディングテーマが最近変わって、音楽も耳に …

ダイエットでジョギングはするな!有酸素運動より無酸素運動が良い理由

こんにちは30代サラリーマン専門ダイエットコンサルタント@環 大介です。 ダイエットを始めようとすると「まず走る」ということを考えがちです。僕も学生の時は一念発起して走ることをしていたのですが、いつも …

環 大介
 

 

 

名前:30代サラリーマン専門ダイエットコンサル@環 大介(たまき だいすけ)
年齢:35歳
身長:179cm
体重:73kg(30歳頃は95kg
体脂肪率:14.5%(目標10%台)
→13.5%(2017/8/31)

物心ついたときから肥満児であり、 30歳までデブを貫き通す。多くの 書籍やネットを漁り、 自分流の食事/運動術を開発。この経験を活かしダイエットコンサルタントとして、有用な情報を皆さんに発信できればと思っています。自己紹介…

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031